アナウンサーNewsこむ

スポンサーリンク

テレビ朝日・大木優紀アナ、復帰早々に夫の会社倒産報道でどうなる!?

第二子を出産し2017年4月から復帰したテレビ朝日の大木優紀(おおきゆうき)アナ。

かつては、同期の元アナウンサー・前田有紀アナと「くりぃむナントカ」で壮絶なバトルを展開。
特にマイクパフォーマンスがウケて視聴率も好評でした。

バラエティや情報番組からニュースまでこなす大木アナ、満を持しての復帰かと思いきや、直前に夫の会社が倒産したと報じられました。

負債総額は2億以上となれば、夫婦である大木アナも今後が大変になるのは想像に難くないでしょう。

では、夫の会社倒産報道の他、大木優紀アナの気になる話題をまとめてお届けします。

スポンサーリンク

大木優紀(おおきゆうき)プロフィール

テレビ朝日アナウンサー・大木優紀

出身地
東京都中央区築地(千葉県育ち)
生年月日
1980年12月12日
年齢
36歳
血液型
A型
星座
射手座
身長
158cm
最終学歴
慶應義塾大学経済学部 卒業
資格
漢字検定 / 秘書検定
免許
普通自動車免許 / PADIスキューバダイビング免許
趣味
映画鑑賞 / ゴルフ / お買い物
特技
マッサージ / 子供と遊ぶ
スポーツ
スキー / スノーボード / ダイビング
モットー
明日は明日の風が吹く
長所
くよくよしない
短所
大雑把
公式サイト
テレビ朝日 アナウンサーズ 大木優紀
Twitter
@yuuki_ohki
Facebook
@yuuki.ohki

1980年12月12日、東京都生まれの千葉県育ち。
36歳。

姉弟は弟がふたり。

子供のころの夢は幼稚園の先生だったそうです。

東洋英和女学院の小学部、中学校・高等学校と12年間の女子高生活ののち、慶應義塾大学経済学部に進学。
2003年4月にテレビ朝日へ入社しています。

中学・高校時代には音楽部に所属しミュージカルに取り組んでいました。
ただし、ずっと照明係であったため舞台で演じた経験はかなり少ないそうです。

特技はマッサージ。
大学時代に美容院のアルバイトで身に付けたとのこと。

お笑い芸人・ビビる大木さんとは「はとこ」の関係。
父親同士が「いとこ」だということです。

同期のアナウンサー

大木優紀アナは2003年の入社組。

同期のアナウンサーで現在もテレビ朝日に在籍しているのは市川寛子アナ。

他には、前田有紀さん、川松真一朗さんらも同期でした。

市川寛子

テレビ朝日アナウンサー・市川寛子

テレビ朝日の女性アナウンサー
現在は産休中。

前田有紀

元・テレビ朝日アナウンサー前田有紀

元・テレビ朝日アナウンサー。
2013年3月にテレビ朝日を退社ロンドンへ。

現在は日本でフラワーアーティストとして活動。
2015年7月には大学の同級生と結婚しています。

川松真一朗

元・テレビ朝日アナウンサーで、現在は自民党所属の東京都議会議員。

2011年3月にテレビ朝日を退社。
墨田区長選挙を経て、一時はフリーアナウンサーとして活動。

2013年には東京都議選に出馬し当選。
2017年の都議選でも当選し2期目となっています。

担当番組

大木優紀アナの担当する番組はこちら。

新・にほん風景遺産

ナレーションを担当

放送日時

水曜 10:00 ~ 11:00

公式サイト

BS朝日 - 新・にほん風景遺産~故郷を見つめなおそう~

NEWS ACCESS

放送局

  • BS朝日
  • CSテレ朝チャンネル2

放送日時

月~金

  • 8:00~8:05
  • 10:55~11:00
  • 14:54~15:00

※金曜 8:00~8:05 / 10:55~11:00を担当

Abema News

放送メディア

AbemaTV(インターネット)

放送日時

月~金 15:00 ~ 18:00

※月曜担当

公式サイト

AbemaTV(アベマTV) | 無料で楽しめるインターネットテレビ局

過去の主な担当番組

  • 題名のない音楽会21
  • スーパーJチャンネル
  • くりぃむナントカ(2004年10月~2008年9月 / アシスタント)
  • やじうまシリーズ
    • やじうまプラス(2007年4月~2010年9月 / 土曜メインキャスター・平日サブキャスターなど)
    • やじうまサタデー(2010年4~2010年9月 / メインキャスター)
    • やじうまテレビ!(2010年10月~2011年3月 / メインキャスター)

女性アナ対決!?「大木優紀 vs 前田有紀」

大木優紀アナ、そして同期の前田有紀アナ(当時)が入社3年目に、当時放送されていたバラエティ「くりぃむナントカ」で対決するという企画が複数回に渡り放送されました。

同番組のアシスタントを務めていた大木優紀アナですが、同時期に「題名のない音楽会21」のアシスタントを務めていたことから、「題名のない音楽会」のスケジュールを優先していたために、代役として前田有紀アナが起用されるというケースが発生してました。

他番組を優先する正アシスタントと視聴者評判も上々の代理アシスタント、どちらが本当のアシスタントなのか?

というテーマが掲げられ、二人の女子アナの対決が企画されました。

テレビ朝日のバラエティを振り返っても、女子アナを全面的に押し出した企画は少なかったはず。
この「大木VS前田」という女子アナ対決は同局でも異例と言えるでしょう。

大まかな対決内容は次の通り。
なお、全てDVDに収録されています。

【第1戦】高島・中野くらい盛り上がれ!!アシスタント対決!大木 VS 前田

2006年12月4日放送。
大木優紀アナと前田有紀アナの記念すべき初対決。

5番勝負が行われ、結果は3勝2敗で辛くも前田アナの勝利。
しかし、あまりに内容がグダグダだったことから勝負は保留となりました。

Amazon - くりぃむナントカVol.2 [DVD]

「くりぃむナントカ」DVD Vol.2に収録。

【第2戦】これなら勝てる-1 グランプリ

2007年1月22日放送。
大木アナと前田アナの対決、第2弾。

お互いが「これならば勝てる」という勝負を持ち寄っての対決でした。

大木アナは「キャベツの千切り」、前田アナは「反復横跳び」での対決で、結果は1勝1敗のドローゲーム。

勝負より注目すべきは、これ以降定番となるマイクパフォーマンスと言えるでしょう。
喋り終わったらマイクをリングに叩きつけるなどプロレスのマイクパフォーマンスを模した形にはなっていますが、実態としては暴露大会といえますが、このマイクパフォーマンスは視聴者にかなりウケが良かったようです。

Amazon - くりぃむナントカVol.2 [DVD]

第1戦と同じく「くりぃむナントカ」DVD Vol.2に収録。

【第3戦】これなら勝てる-1 グランプリ

2007年2月26日放送。
第2戦と同様「これなら勝てる」勝負となりました。

大木アナは任天堂のゲーム機「Wii」ボクシングゲーム対決、前田アナは腹筋対決。

結果は前田アナの2勝でしたが、バラエティらしく泣きが入ってドローに。

Amazon - くりぃむナントカVol.3 [DVD]

「くりぃむナントカ」DVD Vol.3に収録。

【ファイナル】大木 VS 前田 アシスタント対決最終決戦

2007年3月26日放送。

大木アナと前田アナのアシスタント対決の最終戦。
ディファ有明での公開収録という大規模なイベントになりました。

内容は「これなら勝てる-1グランプリ」と同じく持ち込みの対決。

大木アナは椅子取りゲーム、前田アナはビーチフラッグ。
結果は1勝1敗。

結果的にこのゲームもドローとなり大木優紀アナがアシスタントの座を防衛した形で終了となりました。

Amazon - くりぃむナントカVol.3 [DVD]

第3戦に続き「くりぃむナントカ」DVD Vol.3に収録。

おもしろ「マイクパフォーマンス」ピックアップ

マイクパフォーマンスで飛び出した女子アナとは思えない(?)爆笑発言をピックアップしました。

  • 前田有紀『汚い熊のぬいぐるみが無いと眠れないくせに気持ち悪いんだよ!!!』
    ※大木アナは生まれたときから一緒の「プーちゃん」というクマのぬいぐるみを持っている模様
  • 前田有紀『休みの日になると公園でひとりで写真とってんじゃねぇ!!!』
  • 大木優紀『足の踏み場も無いくらい部屋だらしなくしてんじゃねぇ!!!』
  • 前田有紀『誕生日にいつも家で一人で過ごしてんじゃねぇ!!!』
  • 大木優紀『ニュースで傘下を’かさした’って読んでるんじゃねえ、馬鹿ッ!!!』
  • 前田有紀『高校の担任の先生に名前忘れられてんじゃねぇ!!!』
  • 前田有紀『プーちゃん臭いくせにうるさいんだよ!!!』
  • 大木優紀『お前みたいな低レベルの女に包丁握らせるのは怖いよ~』
  • 前田有紀『お前はプーちゃん千切りにしてろ!!!』
  • 大木優紀『なぁんんでプーちゃん千切りにしなきゃいけない!!!』
  • ↑これ、2回絶叫
  • 大木優紀『お前はプーちゃんくらい信頼できる熊さんがいるのか!!!』
  • 大木優紀『この番組のアシスタントは元々私でした。後から来て横取りしようとしているんじゃありません。このっ、どろぼう猫!!!』
  • 前田有紀『大して使い道無いくせに、頻繁にパーティードレス買ってんじゃねーよ!!!』
  • 大木優紀『2900円のデニム買って、オシャレぶってんじゃねーよ!!!』
  • 前田有紀『ひとりで高級イタリアン行って、シャンパン飲んでんじゃねーよ!!!』
  • 大木優紀『朝晩、すごい顔して歯間ブラシしてんじゃねーよ!!!』
  • 前田有紀『マイクパフォーマンス用に家の部屋探りに来てんじゃねーよ!!!』
  • 大木優紀『うなじの毛が濃いの気にして剃ってんじゃねぇ!』
  • 前田有紀『お前だけ、アナウンス部の出張土産無いんだよ!!!』
  • 大木優紀『たいして料理もしないくせに高い料理本ばかり買いあさってんじゃねぇよ!!!』

結婚~2児出産

大木優紀アナが結婚したのは2010年5月。
夫は6歳年上で、会社役員の一般男性(当時)と報じられました。

結婚から3年後の2013年5月に第一子となる女の子を出産。
出産の様子を『入院から丸3日かかる壮絶出産体験』『猛獣のような声が出ました』と2013年5月28日付のフェイスブックで報告しています。

2014年4月に職場復帰。
産休前と同じく「スーパーJチャンネル」の「きょうナビ」を担当していました。

2015年8月12日付のフェイスブックで第二子の妊娠を報告。
翌9月で産休に入り、同年12月26日に3158gの男の子を出産しています(2015年12月28日付のFacebookより)。

2017年4月から再度復帰。
復帰後最初の番組は、かつて担当していた「くりぃむナントカ」のAbemaTV版。

「くりぃむしちゅー」のふたりも大木アナの出演は知らされておらずサプライズ再開という演出が行われました。

5月4日にAbemaTVで放送された復活版『くりぃむナントカ』に、テレビ朝日・大木優紀アナウンサーが出演。現在2児の母である大木アナは、1年半の育児休暇を取得していたが、同番組で復帰を果たした。

そして現在は大変らしい

さてさて。
順風満帆に見える大木優紀アナの人生ですが、2017年に入り少々不穏な空気が流れてきました。

2017年6月6日発売の写真週刊誌「FLASH」が夫の会社が倒産したと報じたのです。

大木アナが復帰する2日前、A氏が経営する化粧品会社・K社が東京地裁から破産手続開始の決定を受けた

結婚当初は会社役員だったというのは過去に何度も報じられていましたが、2013年に化粧品や美容関連の開発や販売を行う会社を設立し2014年には代表取締役に就任していたのです。

設立間もない頃は年商2億を超える好調ぶりだったようですが、その後は業績が悪化。
東京地裁に破産申し立てを行い2017年4月には破産手続開始の決定が出たようです。
負債総額は2億4700万。

詳しい企業名などは掲載されていないようですが、同時期に都内で化粧品や美容関連企業の倒産を調べれば該当するケースは極めて少ないのですぐに判明します。
FLASHではイニシャルを「K社」としていました。

おそらく南青山辺りに展開していた「あの会社」でしょう。

とはいえ、確実な証拠もないので大木優紀アナの夫の会社に関する話題は、ここまでにしておきます。

2017/07/12

-テレビ朝日
-, , , , , , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。