アナウンサーNewsこむ

【たけたん】NHKの貴公子・武田真一アナが人気の理由とは?

2012年頃からジワリと人気が上昇し、今や紅白の司会に抜擢されるなどその動向が注目されるNHK・武田真一(たけたしんいち)アナ。

「たけだ」と発音しがちですが、「たけた」が正しいそうです。

「NHKの貴公子」「たけたん」という両極端な愛称で視聴者に親しまれており、番組を卒業するとなれば「たけたんロス」が続出するほどの支持を得ています。

一見すると真面目で他局の男性アナやフリーで活躍するアナウンサーよりも地味なイメージがあるNHKで、なぜ彼はここまでの人気を得たのでしょう?

武田真一(たけたしんいち)プロフィール

NHKアナウンサー・武田真一(たけたしんいち)

愛称
たけたん / NHKの貴公子
生年月日
1967年9月15日
年齢
50歳
出身地
熊本県
最終学歴
筑波大学 卒業
好きな食べ物
カレー / 沖縄そば
趣味・特技
ランニング / ギター
モットー
オープン・マインド!
公式サイト
武田真一 - アナウンサーを探す - NHK アナウンスルーム
ブログ
武田 真一 | ニュース7ブログ | NHK

1967年9月15日生まれ、熊本県出身。

筑波大学では社会学を専攻。
学生時代はバンドと演劇の活動に力を入れていたそうです。

大学卒業後の1990年にNHKへ入局。

本来はコピーライターを目指して広告代理店を希望していたものの第一志望の企業が不採用に。
そんな時、友達に誘われてディレクター志望でNHKの採用試験を受け、本人の自覚がないままアナウンサー適正を見出されて採用されたと言います。

真面目で落ち着き、品のあるイメージが強く、アナウンサーとしてのスキルも「さすがNHKのアナウンサー」という確かなモノを持っています。

そんな経験に裏打ちされた技術と2016年の紅白歌合戦では司会に抜擢される話題性などが相まって、NHKで最も勢いがある男性アナウンサーと言っても過言ではないでしょう。

趣味・特技は学生時代のバンド活動の名残でギター、そしてランニング。
意外なところでは、遊園地の射的にも自信があるそうです。

NHK入社後の経歴

1990年にNHKへ入局した武田真一アナ。

初任地は出身地である熊本。

言葉を伝えるということは彼が考えていたよりも遥かに難しく、クレームが来ることも。
ひたすら自問自答と企画立案・取材などを繰り返し、「伝える」というアナウンサーとしての原点を学んだそうです。

目が不自由な方からのおしかりだった。「この時間の天気予報を頼りにしているのに、今の放送はなんですか」という言葉に、うつむくしかなかった。

その後、松山放送局を経て東京アナウンス室へ。

2006年4月から本人の希望で沖縄放送局へ異動。
2008年4月から再び東京アナウンスへ異動し現在に至っています。

同期のアナウンサー

1990年にNHKへ入局した中で、現在NHK在籍が確認できるアナウンサーは次の通りです。

藤井克典(ふじい かつのり)

1967年3月1日生まれ。

初任地は松江。
その後は地方と東京アナウンス室を往復しており、現在は札幌放送局に勤務。

松江 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 松山 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 山口 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 編成局計画管理部 ⇒ 札幌

阿部渉(あべ わたる)

廣田直敬(ひろた なおたか)

1965年6月26日生まれ。

初任地は沖縄。
その後は地方と東京アナウンス室を往復し現在は東京。

沖縄 ⇒ 岐阜 ⇒ 静岡 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 名古屋 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 鹿児島 ⇒ 東京アナウンス室

和田哲(わだ さとる)

1966年7月2日生まれ。

初任地は旭川。
その後は地方とラジオセンタ勤務を経て、現在は甲府に。

ラジオセンターでは一時期ディレクター業務を行っていたそうです。

旭川 ⇒ 盛岡 ⇒ 札幌 ⇒ 秋田 ⇒ ラジオセンター ⇒ 室蘭 ⇒ ラジオセンター(ディレクター業務) ⇒ 甲府

福井裕一郎(ふくい ゆういちろう)

1967年8月30日生まれ。

初任地は長崎で、地方と東京アナウンス室を往復し現在は名古屋勤務。

長崎 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 福岡 ⇒ ラジオセンター ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 福島 ⇒ 編成局編成センター ⇒ 仙台 ⇒ 名古屋

田代純(たしろ じゅん)

1966年12月17日生まれ。

初任地は徳島で、富山・名古屋・東京・大阪を経て現在は神戸放送局。

徳島 ⇒ 富山 ⇒ 名古屋 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 大阪 ⇒ 神戸

広瀬靖浩(ひろせ やすひろ)

1967年5月2日生まれ。

初任地は高知。
その後も東京を含め各地を転々と勤務。

高知 ⇒ 宮崎 ⇒ 福岡 ⇒ 札幌 ⇒ 長崎 ⇒ 東京アナウンス室 ⇒ 新潟 ⇒ 鹿児島 ⇒ 福岡

柴田徹(しばた とおる)

1968年2月5日生まれ。

初任地は青森。
各地を転々と勤務し、現在は熊本。

青森 ⇒ 仙台 ⇒ 神戸 ⇒ 名古屋 ⇒ ラジオセンター ⇒ 山形 ⇒ 大阪 ⇒ 熊本

担当番組

武田真一アナは、基本的にニュース・報道がメインです。

過去には「正午のニュース」を始め、「イラク戦争開戦」「北朝鮮拉致被害者の帰国」「新潟県中越沖地震」「選挙開票速報」といった緊急やリアルタイム性の高い報道も担当しています。

2017年3月までは「ニュース7」を担当していますが、4月からは「クローズアップ現代+」のキャスターとして番組を担当する予定です。

「NHKニュース7」は平日を鈴木奈穂子と高井正智、土日祝日を井上あさひと井上裕貴の各アナウンサーが新たに担当し、「クローズアップ現代+」のキャスターとして武田真一アナが出演することに。「ニュースウオッチ9」には桑子真帆アナと有馬嘉男キャスターが起用された。

クローズアップ現代+

過去の担当番組

NHKニュース7

家族について

詳細については残念ながら不明ですが、1990年代に結婚していたそうです。

確実に分かっていることは次の事くらいでしょうか。

  • 二人以上の子供(息子)がいること
  • 下の子供は現在(2017年時点)中学生くらい
  • かつて沖縄放送局から東京へ異動になる際は、家族のみが1年間沖縄に残りその後東京への引っ越しとなった

詳細は分からないものの、子供と過ごす休日の様子などが過去「ニュース7」のブログに掲載されています。

興味があれば「ニュース7」武田真一アナの過去記事を除いてみては?

好きなアナウンサーランキング常連に

2016年のオリコン「第12回好きな男性アナウンサーランキング」では堂々3位に入る人気の武田真一アナ。

1位が日テレ・桝太一アナ、2位が元日テレでフリーの羽鳥慎一アナ。
上位の二人は全年齢層、性別に関係なく人気のある男性アナウンサーです。

そんな彼らに続く第3位というのは視聴者からの支持の高さを容易に想像させるものでしょう。

過去を振り返ると武田真一アナが初めて好きな男性アナランキングのトップ10に姿を見せたのは2012年の第8回。
8位にランクインして以来、毎年少しずつ順位をアップさせ、ついには2016年にトップ3へと躍り出ました。

過去のランキング結果

  • 第12回(2016)・・・3位
  • 第11回(2015)・・・4位
  • 第10回(2014)・・・5位
  • 第9回(2013)・・・6位
  • 第8回(2012)・・・8位
  • ~第7回・・・圏外

武田アナの人気の理由は?

武田アナの人気の秘密は、やはりニュースのわかりやすさ、真面目で落ち着きのある雰囲気にあるようです。

先にも記載したとおり、初任地では「言葉で伝える」ことの難しさを痛感していた彼だからこそ、伝えることの重要性を理解し、わかりやすいように伝えることに尽力するのでしょう。

かと思えば、ニュース番組中でも「壁ドン」や「コスプレ」を披露するといった、お堅いイメージだけではない点のギャップも受けているようです。

ドラキュラのコスプレをする武田真一アナ

壁ドンをする武田真一アナ

それが「たけたん」という愛称が定着した理由でもあるのでしょう。

2016年・紅白歌合戦の司会に抜擢

2016年の大晦日に行われた第67回紅白歌合戦で総合司会に抜擢されたことは大きく話題になりました。

発表前の予想では、有働由美子アナが有力視されていましたがNHKの貴公子が満を持して登板。
同年は4月14日に熊本地震が発生したことから、熊本県出身の武田真一アナが起用されたという見方もされていました。

公式な起用理由はあまり詳しく公表されていませんが、次のようなものです。

制作統括の矢島良チーフプロデューサーは武田アナの起用について「白組司会の相葉雅紀さん、紅組司会の有村架純さんのフレッシュな2人と、NHKの顔として親しまれている安定感のある武田アナの組み合わせは、ベストマッチだと思います」と期待を寄せている。

どのような理由があるにせよ、復興応援という意図も含まれているのは十分に考えますが、それ自体は有意義なことでしょう。

近年の紅白は毎年出場アーティストのインパクトが小さくなってきている点が必ず指摘され、「つまらなそう」「見る気が起きない」という意見が多く飛び交っています。

その為、紅白の演出も手を変え品を変え様々な試みが組み込まれているのですが、そのチャレンジ精神が「NHKらしさが無い」と裏目に出ているケースが多いようです。

2016年においてもそれは同様で、特に武田真一アナが出演した「ゴジラ襲来」に関わる演出は賛否両論となりました。

といっても、あのNHKの貴公子、真面目な印象の武田アナが唐突にピコ太郎のPPAPを披露するあたりは不意を突いているのでそれなりに笑える場面だとは思いますが。

紅白でPPAPを披露する武田真一アナ

何の中継かと思えば、突然にピコ太郎の「PPAP」を始める武田真一アナ。

武田真一『ゴジラマイク』

武田真一アナ『ゴジラマイク♪』

ゴジラ襲来をリポートする武田真一アナ

ゴジラ襲来をリポートする武田真一アナ。

この後は画面が切り替わって曲に入るのでした。

ちなみに2016年の紅白は紅組が勝利。

採点には審査員と会場の客、視聴者全ての投票行動が考慮されたはずなのですが、結果的にかなりのバッシングを受けることになりました。

視聴者審査では、紅組が2527724票に対して白組が4203679票。
会場審査では、紅組が870票に対して白組が1274票。

ここまでで白が圧倒的に優勢だったはずが、最終的に審査員11人の投票で紅組が逆転してしまったのです。

『視聴者の心情を無視した結果だ!』

その審査方法に非難轟轟となったのでした。

2017/11/14

-NHKアナウンサー
-, , , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。