アナウンサーNewsこむ

フジのイケメン渡辺和洋アナが失脚した不倫スキャンダルとは?

フジテレビのイケメンアナウンサーと言えば、代表的なのが渡辺和洋(わたなべかずひろ)アナ。

学生時代には「ジュノンボーイ」コンテストでも活躍。
好きな男性アナランキングでも上位にランクイン。
TBS安住紳一郎アナらと互角に渡り合うレベルだったのです。

しかし現在の彼からはそんな人気を感じさせることはありません。

フジのイケメンアナに一体何があったのか?

どうやら過去に不倫スキャンダルが勃発し、人気が急降下していたようです。

ということで、今回はスキャンダル中心に渡辺和洋アナの情報を整理しました。

渡辺和洋(わたなべかずひろ)プロフィール

フジテレビアナウンサー・渡辺和洋

ニックネーム
カズ
出身地
静岡県三島市
生年月日
1976年5月15日
年齢
41歳
血液型
O型
身長
175cm
最終学歴
成城大学法学部法律学科 卒業
趣味
睡眠 / ガンダム映画鑑賞 / スポーツ観戦
好きな本
破獄(吉村昭)
好きな映画
ショーシャンクの空に / 紅の豚 / もののけ姫
好きな食べ物
チャーハン / 唐揚げ / フライドポテト / カロリーゼロのコーラ / 炭酸水
好きなこと
だらだらとボーっとゆっくり時間を過ごす
苦手なもの
人ごみ / 携帯電話 / 店の店員
苦手な食べ物
えび / かに / いか / 貝 / 酒
特技
サッカー
短所
人見知り / 気が小さい / 連絡不精
モットー
謙虚 / 優しさ / 人の役に立つ
公式サイト
渡辺 和洋 | フジテレビアナウンサー公式サイト アナマガ - フジテレビ

フジテレビの渡辺和洋アナは、1976年5月15日生まれの41歳。
静岡県三島市生まれですが小学校3年までを大阪府豊中市で過ごした後に再び三島へ引っ越しています。

サッカー少年で、小学校・中学校・高校とサッカー部に所属。
中学時代が全盛と語っており、静岡選抜の候補だったことが自慢。
また、その頃に川口能活選手(元・日本代表ゴールキーパー)から1点取ったことも良い思い出になっているそうです。

日本大学三島高等学校から浪人を経て成城大学法学部法律学科に進学。

就職試験ではフジテレビやTBSを受験するも不採用。
またアルバイトをしすぎた為に大学を卒業できずに留年が確定。

翌年、再度フジテレビを受験。
見事に採用され、2001年4月にアナウンサーとして入社しています。

夢は「月面からのリポート」。

見ての通りのイケメン。
大学在学中の1996年に「第9回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞。

フジテレビ入社後も甘いマスクで、オリコンの好きな男性アナウンサーランキング上位を獲得。
TBS安住紳一郎アナや日本テレビ(当時)羽鳥慎一アナと競り合って2位を獲得するほどでしたが、後述する2008年の一連の騒動で人気急落。
現在では名前がランキングに連なることはありません。

アナウンサーとしてのスキル面に目を向けると、入社歴の浅い頃から「噛む事が多い」と指摘されています。
これは、現在も同様で「ノンストップ!」MCのバナナマン・設楽統さんも『あんな噛むアナウンサー見たことない』とネタのニュアンスではありますが言及しています。

笑顔がさわやかな渡辺アナについて「まあ、あんな噛むアナウンサー、見たことない」と話すと、とんねるずも爆笑。

同期のアナウンサー

同期で現在フジテレビにアナウンサーとして在籍しているのは、森本さやかアナのみ。

その他の方々はフリーアナウンサーや別の部署で活躍しています。

森本さやか

高島彩

福元英恵

元フジテレビアナウンサーで、結婚・出産後の育児休暇中出会った2006年に同局を退社しています。

森下知哉

2009年6月26日、報道局外信部へ異動となっています。

川原浩揮(岡田浩揮)

元アナウンサー。
2005年に報道センターへ異動。

結婚を機に苗字が変わっていますが、婿養子ではなく母方の姓に変更したようです。

仕事上は「川原」を名乗っている模様。

冨田憲子

ニッポン放送からフジテレビへ転籍した元アナウンサー。
2012年報道局へ異動しています。

現在の担当番組

渡辺和洋アナが現在担当しているのは次の番組です。

ノンストップ!

新・週刊フジテレビ批評

その他

  • サッカー中継

2007年に結婚、妻は?

渡辺和洋アナが結婚したのは2007年。
妻は大学時代から6年間交際してきた一般女性。

子供も設けており、2011年9月に長男が担当しています。

後述するように過去に不倫騒動が勃発するも離婚にまでは発展しなかったようです。

渡辺和洋を襲ったスキャンダル

渡辺和洋アナをスキャンダルが襲ったのは2008年。
2008年7月29日発売の週刊誌「週刊朝日」が、当時32歳の渡辺和洋アナの不倫騒動を報じました。

その内容によると、結婚の翌年である2008年の3月。

福岡で行われたフジテレビ主催の腕相撲イベント「GO-1グランプリ」で知り合ったコンパニオンの女性と親密な関係になったというものです。

その後、イベントの決勝大会が東京で開催。
事前にコンパニオンオーディションも行われました。

不倫関係にあった女性は、渡辺アナの誘いを受け上京。
ふたりは密会を重ねていたそうです。

問題に拍車をかけたのは、渡辺アナが声をかけて彼女を上京させたことから「会社の経費を使った不倫」ではないかという疑惑。
そして、オーディション審査員に渡辺アナが参加していたという「職権の乱用」。

「週刊朝日」発売の2008年7月29日に放送された「めざましテレビ」では、キャスターとして出演していた渡辺アナが放送終了直前に謝罪。

『お騒がせしたことを心からお詫びします』
『今後は視聴者の方の信頼にこたえられるような仕事をして参りたいと思います』

ただし具体的に不倫などの単語が用いられたわけではなく、事実関係の説明はありませんでした。
この謝罪が「スキャンダルを認めたもの」なのか、単に「騒がせたという事実を謝罪」したものなのかはハッキリしなかったため、視聴者の不満は爆発。
『甘い対応では?』など250件以上の抗議がフジテレビに寄せられることになりました。

なお、フジテレビは「彼には業務や経費に関する裁量がないので不正はありえない」というコメントを残しています。

北京五輪キャスターを務める同局きってのイケメン、渡辺和洋アナウンサー(32)の不倫交際を今週号の週刊朝日が報じている。

新婚だったということ、密室でコンパニオン女性の写真や動画を撮影するという若干の変態チックな行動が致命的だったのでしょう。

それまで男性アナウンサーとしてトップクラスの人気を誇っていた渡辺和洋アナの人気は一気に低迷していったのでした。
これがなければ、もしかしたら現在でも安住紳一郎アナ、桝太一アナ、羽鳥慎一アナらと肩を並べていたかもしれません。

欲望に負けて躓いた、そんな印象を与えます。

-フジテレビアナウンサー
-, , , , , , , , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。