ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

テレビ・ラジオ・ネットに出ているタレント・アナウンサー・キャスター・気象予報士・コメンテーターを見て「あれは誰?」と思ったことはありますか?そんな疑問をスッキリと解消します!

「 「魔法ワールド」シリーズ 」 一覧

ハリー・ポッター、ホグワーツ魔法魔術学校のイメージ

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」キャスト・吹き替え・あらすじ&作品情報

「ファンタスティック・ビースト シリーズ」はイギリスの大ヒット映画「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品。ここではシリーズ第2作となる「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」について掲載する。「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」はイギリス&アメリカで2018年11月16日、日本では2018年11月23日にそれぞれ公開。「ハリー・ポッター」と同じ世界観を共有する「魔法ワールド」シリーズの作品で、前作に引き継続きホグワーツ魔法魔術学校における魔法生物の教科書「幻の動物とその生息地」の著者「ニュート・スキャマンダー」を主人公にストーリーが展開される。シリーズの時代背景は「ハリー・ポッターと賢者の石」から約70年前。第1作の「アメリカ」から第2作は「ヨーロッパ」へと舞台は移動している。前作で逮捕されたゲラート・グリンデルバルドの脱走に始まり、クリーデンス・ベアボーンの出自やクイニー・ゴールドスタインの魔法社会に対する不満など様々な要素が絡み合って、次第にニュートたちは闇の魔法使いたちの戦いへと身を投じる事となる。今作からジュード・ロウが新たにキャストとして参加しており、ハリーポッター本編の重要人物であるアルバス・ダンブルドアの若き日の姿をを演じている。地上波では2020年11月13日に日本テレビ・金曜ロードSHOWで初放送を迎えている。

ハリー・ポッター、ホグワーツ魔法魔術学校のイメージ

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」キャスト・吹き替え・あらすじ&作品情報

「ファンタスティック・ビースト シリーズ」はイギリスの大ヒット映画「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ作品。ここではシリーズ第1作となる「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」について掲載する。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」はイギリス&アメリカで2016年11月18日、日本では2016年11月23日にそれぞれ公開。「ハリー・ポッター」と同じ世界観を共有する「魔法ワールド」シリーズの作品のひとつで、ハリポタ本編でホグワーツ魔法魔術学校における魔法生物の教科書「幻の動物とその生息地」の著者「ニュート・スキャマンダー」を主人公としている。舞台は「ハリー・ポッターと賢者の石」から約70年前のアメリカ。世界を旅しながら魔法生物の研究を行うニュート・スキャマンダーが、途中に立ち寄ったニューヨークで魔法生物に関する騒動を巻き起こすストーリーが展開される。地上波では2018年11月30日に日本テレビ・金曜ロードSHOWで初放送が行われた。なお、次作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は2018年11月16日(日本では2018年11月23日)に公開された。

ハリー・ポッター、ホグワーツ魔法魔術学校のイメージ

映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」キャスト・吹き替え・あらすじ&作品情報

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」はイギリスの児童文学作家「J・K・ローリング」によるファンタジー小説「ハリー・ポッター シリーズ」の第3作、及びそれを原作としたメディアミックス作品。ここでは実写映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の情報を掲載する。映画「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は2004年5月31日にイギリスで公開された映像作品。日本では 2004年6月26日に劇場公開された。前作「ハリー・ポッターと秘密の部屋」から約1年後を舞台とした続編にあたり、主人公ハリーたちはホグワーツ魔法魔術学校の3年生に進級している。今作は北海の真ん中の孤島にある魔法界の刑務所「アズカバン」に収監されていたルシウス・マルフォイの脱走事件を通して、ハリーの両親の死の真相や両親のかつての級友たちの人間関係が明らかとなっていく。今作では新たにアルフォンソ・キュアロンが監督を務めており、前2作に比べて演出面に大人向けのテイストが加味されている。メインキャストの多くは前作同様に続投、今作からの新規キャストも多数登場。ただし、第1作目からダンブルドア校長役を演じていたリチャード・ハリスが2002年10月25日に急逝したため、2代目としてマイケル・ガンボンが起用されている。過去の「ハリー・ポッター シリーズ」と同様に、地上波放送はこれまでに何度も行われており、日本テレビ「金曜ロードショー」では2020年11月6日で通算4度目となる。なお、次作は2005年11月公開の「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」である。

ハリー・ポッター、ホグワーツ魔法魔術学校のイメージ

映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」キャスト・吹き替え・あらすじ&作品情報

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」はイギリスの児童文学作家「J・K・ローリング」によるファンタジー小説「ハリー・ポッター シリーズ」の第2作、及びそれを原作としたメディアミックス作品。ここでは実写映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の情報を掲載する。映画「ハリー・ポッターと秘密の部屋」は2002年11月15日にイギリスで公開された映像作品。日本では2002年11月23日に劇場公開された。前作「ハリー・ポッターと賢者の石」から1年後を舞台とした続編にあたり、主人公ハリーたちはホグワーツ魔法魔術学校の2年生に進級している。「ホグワーツ魔法魔術学校」の敷地内で起きた「秘密の部屋」事件を解決するまでが描かれている。メインキャストの多くは前作から続投しており、さらに今作からの新規キャストも多数登場する。「ハリー・ポッターと賢者の石」と同様に、地上波放送はこれまでに何度も行われており、日本テレビ「金曜ロードショー」では2020年10月30日で通算5度目となる。なお、次作は2004年に「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」と題して公開された。

ハリー・ポッター、ホグワーツ魔法魔術学校のイメージ

映画「ハリー・ポッターと賢者の石」キャスト・吹き替え・あらすじ&作品情報

「ハリー・ポッターと賢者の石」はイギリスの児童文学作家「J・K・ローリング」によるファンタジー小説「ハリー・ポッター シリーズ」の第1作、及びそれを原作としたメディアミックス作品。ここでは実写映画「ハリー・ポッターと賢者の石」の情報を掲載する。映画「ハリー・ポッターと賢者の石」は2001年11月4日にイギリスで公開された映像作品。日本では2001年12月1日に劇場公開された。シリーズ第1作だけあって、主人公のハリー・ポッターが魔法使いとなるための導入部から描かれた作品となっている。全世界的な「ハリーポッター ブーム」を巻き起こし、日本国内でも「千と千尋の神隠し」「タイタニック」「アナと雪の女王」「君の名は。」などと肩を並べる興行収入を記録したヒット作として扱われる。事実、地上波放送はこれまでに何度も行われており、特に日本テレビ「金曜ロードショー」では2013年~2016年まで4年連続で放送を行うなど人気の高さが伺える。なお、次作は翌2002年に「ハリー・ポッターと秘密の部屋」と題して公開された。