ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

テレビ・ラジオ・ネットに出ているタレント・アナウンサー・キャスター・気象予報士・コメンテーターを見て「あれは誰?」と思ったことはありますか?そんな疑問をスッキリと解消します!

「情報ライブ ミヤネ屋」司会・女子アナ&コメンテーター出演者一覧

「情報ライブ ミヤネ屋」は、読売テレビ制作で2006年7月31日から放送開始された日本テレビ系列の全国ネットニュース・報道番組。
「激テレ★金曜日」の流れをくむ番組で同番組で司会をしていたアナウンサー・宮根誠司が引き続き担当している。

後に、現在の昼帯で放送されていた「ザ・ワイド」の後継番組とするために放送時間を変更。

放送開始当初は関西ローカルだったが、徐々に放送エリアを拡大して全国で放送されるようになった。

関東地区を例に挙げれば、視聴率は同時間帯のワイドショーを寄せ付けない数字を記録しており首位を維持していたが、近年はTBS系列「ゴゴスマ -GO GO!Smile!-」やフジテレビ系「グッディ!」に首位の座を譲るケースも見られるようになっている。

出演するキャスターやリポーターは入れ替えが比較的少なく番組出演歴の長いベテランが担当することが多い。

特に注目されるのはアシスタントの女子アナ。
歴代すべてが読売テレビの女子アナ(当時)が起用されており、一度担当すると概ね4~5年は番組を担当する。

初代は森若佐紀子アナ、2代目は川田裕美アナ。
そして現在のアシスタントは2015年3月2日より林マオ アナが担当していたが、2020年7月末をもって番組を卒業。

8月より4代目のアシスタントとして2018年入社、3年目の澤口実歩アナが就任。

ここでは現在「ミヤネ屋」に出演するキャスターやアナウンサーと歴代の出演アナウンサーを中心に一覧にまとめた。

目次

主な出演者

出演者一覧

司会

宮根誠司(みやねせいじ)

ミヤネ式らくらくボディメイク法

テイクオフ所属のフリーアナウンサーで元・ABC朝日放送の局アナだった

1963年4月27日生まれ、島根県大田市出身の57歳
関西大学経済学部 卒

1987年~2004年3月までABC朝日放送に在籍していた
知名度が高く、バラエティタレントのような雰囲気や金に汚いという何となくのイメージから良くも悪くも話題になりやすい

彼がMCを務める番組は人気を獲得しやすい傾向にあり、読売テレビ「ミヤネ屋」とフジテレビ「Mr.サンデー」は放送歴も長い代表的な番組である

「情報ライブ ミヤネ屋」は彼の冠番組であり放送開始された2006年7月31日から司会を務める
関西ローカルで放送されていた「ミヤネ屋」の前身番組である「激テレ★金曜日」にも出演していた

澤口実歩(さわぐちみほ)

読売テレビの女子アナ
2018年入社

1995年10月生まれ、岩手県出身
年齢はだいたい24歳くらい
血液型はB型
慶應義塾大学文学部人文社会学科 卒

焼き鳥を好物としており、趣味も焼鳥屋巡りだという

大学卒業後の2018年4月に読売テレビへ入社
現在の主な担当番組は「かんさい情報ネットten.」「ytvアナウンサー向上委員会 ギューン↑」などである

基本的に関西ローカルの番組を担当しているが、2019年5月3日放送の日本テレビ系列「全国好きな嫌いなアナウンサー大賞」にしたことで全国ネットにも登場している

2020年7月末に先輩の林マオ アナが「ミヤネ屋」を卒業
後任の4代目アシスタントとして2020年8月3日より新たに番組へ出演を開始

林マオ(はやしまお)

読売テレビの女子アナ
2008年入社

1984年10月4日生まれ、大阪府豊中市出身の35歳
身長166cm、血液型はA型、スリーサイズはB85-W61-H88cmくらい
大阪府立大学 卒

薙刀の経験者で特技とする

学生時代には関西圏でリポーターなどタレント活動を行っており、僅かながらドラマやCMなどにも出演歴がある

読売テレビ入社後は主にバラエティや情報番組を中心に出演
「かんさい情報ネットten.」や「大阪ほんわかテレビ」「ytvアナウンサー向上委員会 ギューン↑」といった人気番組を担当している

「情報ライブ ミヤネ屋」には入社2年目頃から不定期にコーナー出演を行っていたが、前任・川田裕美アナの卒業に伴い2015年3月2日から3代目の女性司会者としてレギュラー加入となった

2020年7月31日の放送をもって番組を卒業した

お天気コーナー

蓬莱大介(ほらいだいすけ)

気象予報士・蓬莱さんのへぇ~がいっぱい! クレヨン天気ずかん

ウェザーニューズ所属の気象予報士

1982年4月23日生まれ、兵庫県明石市出身の38歳
身長181cm、血液型はAB型
兵庫県立明石西高校 ⇒ 早稲田大学政治経済学部 卒

大学在学中はタレント・舞台俳優として活動
TOKYO MX「5時に夢中!」で企画されたイケメンユニット「夢中ボーイズ」のメンバーとして在籍、同番組のサブMCを1年間務めていた

25歳の頃に気象予報士の資格取得を目指して準備を開始
2009年に試験に合格して気象予報士として登録された

その後、読売テレビ報道局の天気予報スタッフを経てウェザーマップに所属

2011年頃から読売テレビの番組で天気コーナーを担当するようになる

現在は「かんさい情報ネットten.」「情報ライブ ミヤネ屋 」「ウェークアップ!ぷらす」に出演する

「ミヤネ屋」には2011年4月18日から気象情報を担当

月曜・火曜・水曜・金曜日の担当
木曜日のみ「かんさい情報ネットten.」ロケ収録のため出演せず、奈良岡希実子が代わりを務めている

奈良岡希実子(ならおかきみこ)

気象予報士・奈良岡希実子

セントフォース所属の気象予報士

1985年6月21日生まれ、青森県青森市出身の35歳
身長152cm、血液型はB型
東京女子大学文理学部哲学科 卒

2010年4月~2014年3月までKHB東日本放送でお天気キャスターを務め、その後2015年3月までの1年間はNHK「情報まるごと」に出演
2015年10月~2016年3月までテレビ東京「チャージ730!」を担当

2016年4月7日より日本テレビ系列の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」のお天気キャスターに就任
現在は週1回、木曜日のお天気コーナーを担当している

ミヤネ屋リポーター

中山正敏(なかやままさとし)

圭三プロダクション所属のリポーター

1967年3月25日生まれ、神奈川県出身の53歳
血液型はA型
神奈川県立田奈高校 卒

既婚者で二人の女の子の父親

大学卒業後、スーパーの店員やディズニーランドのキャストなどを経て圭三プロダクション入り
ワイドショーのリポーターやスポーツ中継、スポーツ番組のナレーション、結婚式の司会業などを行っている

2002年頃から日本テレビ「ザ・ワイド」のリポーターとして出演
これ以降、現在の「情報ライブ ミヤネ屋」に至るまで日本テレビ系列で平時昼のワイドショーに出演を行っている

藤村幸司(ふじむらこうじ)

フリーアナウンサー藤村幸司

サン放送アカデミー所属のフリーアナウンサー
元・NIB長崎国際テレビ報道部専任部長、チーフアナウンサー

1964年8月15日生まれ、兵庫県加古川市出身の56歳
血液型はA型
神戸学院大学 卒

大学卒業後にフリーアナウンサーとして主に関西エリアを中心に活動を開始

1990年~2016年11月は長崎国際テレビに局アナとして在籍
開局前に入社しており、開局後も取材・リポーター・アナウンス業と広範囲で活躍
後に同局のアナウンサー陣のまとめ役を担うこととなった

長崎国際テレビ退社後はフリーでの活動を再開
現在はサン放送アカデミー所属のアナウンサーと同時に講師として育成にも携わる

2008年3月頃から「ミヤネ屋」にリポーターとして出演している

間宮久美子(まみやくみこ)

リポーター間宮久美子

ウッドオフィス所属のリポーター

1973年1月22日生まれ、東京都出身の47歳
血液型はO型
日本大学芸術学部 卒

日本テレビのワイドショー「ザ・ワイド」に1995年からリポーターとして出演
FBS福岡放送「めんたいワイド」など主に情報番組やバラエティに出演しているが、過去には「民王」「警部補・碓氷弘一 〜殺しのエチュード〜」などテレビ朝日のドラマにも出演歴がある

「情報ライブ ミヤネ屋」には「ザ・ワイド」から引き続きリポーターとして出演を行っている

三浦隆志(みうらたかし)

読売テレビの男性アナウンサー
1991年入社

1968年6月28日生まれ、埼玉県春日部市出身の52歳
立教大学経済学部経営学科 卒
「防災士」の資格を持つ

不定期でリポーター出演する他、宮根誠司が休暇中は代理の司会も務める

また「世界電波ジャック」などコーナーナレーションを務めることもある

立田恭三(たつたきょうぞう)

読売テレビの男性アナウンサー
2009年入社

1985年5月2日生まれ、大阪府豊中市出身の35歳
関西学院大学社会学部社会学科 卒

ニックネームは「チキンタツタ」

不定期でリポーター出演する他、宮根誠司が休暇中は代理の司会も務める

東ふき(あずまふき)

メリディアンプロモーション所属のリポーター

1976年4月17日生まれ、東京都出身の44歳
法政大学文学部 卒

1999年に仙台放送へ入社
リポーター・フィールドキャスターなどを務めたのち、2010年6月からテレビ朝日へ移籍

2013年4月からフリーのリポーターとしてウッドオフィス所属
2018年9月いっぱいでウッドオフィスからメリディアンプロモーションに移籍

「ワイド!スクランブル」を降板し、2018年10月8日から「ミヤネ屋」リポーターとして出演する

NNNニュース担当(日本テレビ報道局)

郡司恭子(ぐんじきょうこ)

日本テレビの女子アナ
2013年入社

1990年6月26日生まれ、東京都港区出身の30歳
慶應義塾大学総合政策学部 卒
身長162cm、血液型はB型

中学・高校はテニス部、大学はゴルフ部というスポーツウーマン

日本テレビ入社後はニュース、情報からバラエティまで幅広く担当
特に「沸騰ワード10」「Oha!4 NEWS LIVE」など人気番組に多数起用されている

2019年9月30日より「情報ライブ ミヤネ屋」内のNNNニュースを担当
月曜日と木曜日に出演していたが2020年3月から木曜のみとなっている

笹崎里菜(ささざきりな)

日本テレビの女子アナ
2015年入社

1992年4月16日生まれ、神奈川県横浜市出身の28歳
東洋英和女学院大学国際社会学部 卒
身長160cm、血液型はB型

内定後に母親の知人が経営する銀座のクラブでホステスのアルバイトをしたことが、後に日本テレビと裁判沙汰にまで発展
当時は大きなワイドショーネタとなった女子アナである

2019年10月より「情報ライブ ミヤネ屋」内のNNNニュースを担当
火曜&水曜日に出演する

杉野真実(すぎのまみ)

日本テレビの女子アナ

1990年1月20日生まれ、東京都世田谷区出身の30歳
身長155cm、血液型はA型
聖心女子大学文学部歴史社会学科国際交流専攻 卒

かつてはバラエティ番組や情報番組が担当の中心だったが、現在はニュース報道が主体
またスポーツでは「全日本女子大学駅伝」実況を務めることがある

2019年10月より「情報ライブ ミヤネ屋」内のNNNニュースを担当
金曜日を担当していたが2020年3月より月曜と金曜の兼任となっている

コメンテーター

ミヤネ屋のコメンテーター陣は必ずしも曜日によって出演が決まっているわけでは無い

以下は出演頻度が高いコメンテーターである

野村修也(のむらしゅうや)

経営の技法 (「法務の技法」シリーズ)

法学者、中央大学法科大学院教授
森・濱田松本法律事務所客員弁護士

1962年4月12日生まれ、北海道函館市出身の58歳
中央大学法学部 卒
中央大学大学院法学研究科博士前期課程 修了、中央大学大学院法学研究科博士後期課程 中退

西南学院大学法学部専任講師や助教授、中央大学法学部教授を経て2004年から中央大学法科大学院教授に就任

読売テレビ「ミヤネ屋」「ウェークアップぷらす」「かんさい情報ネットten.」、日本テレビ「バンキシャ」、テレビ朝日「報道ステーション」「サンデーLIVE!!」など数多くのワイドショー・報道番組にコメンテーターとして出演する

Twitterアカウント

デーブ・スペクター


アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のテレビプロデューサー

身長170cm、血液型はO型
妻はエッセイストの京子・スペクター

幼少から日本語に興味を持ち、1972年には日本へ留学している
その後、アメリカでの劇団活動やメディア活動、テレビプロデューサーを経て再来日を果たす

日本では放送作家として活動し、バラエティ番組などにも出演するようになるとトーク力や「ダジャレのアメリカ人」といったステータスで注目されるようになった

1990年代以降はワイドショーなどでコメンテーターを務めることが多く、フジテレビ「とくダネ!」、TBS「サンデージャポン」、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」などワイドショー・バラエティへの出演が多数みられる

一般にはテレビタレントのイメージが強いが、スペクター・コミュニケーションズを設立しており海外の番組などを輸入し日本のメディアに提供するビジネスを行っている

優木まおみ(ゆうきまおみ)

優木まおみ smart life [DVD]

生島企画室に所属するタレント

1980年3月2日生まれ、佐賀県佐賀市出身の40歳
身長165cm、スリーサイズは80-59-88cm、血液型はB型
東京学芸大学 卒

父親は日本と中国のハーフ、母親はロシアと中国のハーフという血筋である

2002年にCMオーディションで芸能界デビュー
以降、マルチタレントとして活動している

2013年に結婚
2014年と2017年にそれぞれ女児を出産、2児の母となった

2013年5月頃から不定期でコメンテーターとして「情報ライブ ミヤネ屋」に出演している

伊藤聡子(いとうさとこ)


三桂所属のキャスター・コメンテーター

1967年7月3日生まれ、新潟県糸魚川市出身の53歳
血液型はA型
東京女子大学 卒、事業創造大学院大学 修了

大学時代からタレント活動を行っており、リポーターとしてTBS「サンデーモーニング」に出演
テレビ朝日「スーパーモーニング」では司会も務めていた

2002年にニューヨークに留学、アメリカ社会学を学ぶ

現在はワイドショーや報道番組でコメンテーターを務めることが多い
TBS「ひるおび!」、読売テレビ「ウェークアップぷらす」「情報ライブ ミヤネ屋」、メ~テレ「ドデスカ!」などにコメンテーターとして出演する

2010年に事業創造大学院大学客員教授に就任した

岩田公雄(いわたきみお)

30秒で人を動かす話し方 (PHP新書)

ジャーナリスト
元・読売テレビアナウンサー、元・讀賣テレビ放送報道局特別解説委員

1949年6月3日生まれ、北海道旭川市出身の71歳
学習院大学法学部 卒

1974年に読売テレビにアナウンサーとして入社
後に報道記者に転身し、様々な重大事件を担当している

NNNマニラ支局長や「ウェークアップ!」解説委員などを歴任
2015年3月末に読売テレビを退職し、学習院大学法学部の特別客員教授に就任した

現在も読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」や「ウェークアップぷらす」にコメンテーターとして出演している

Twitterアカウント

手嶋龍一(てしまりゅういち)

汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師 インテリジェンス畸人伝

外交ジャーナリスト、元NHK記者

1949年7月11日生まれ、北海道出身の71歳
慶應義塾大学経済学部 卒

1974年にNHK入局
室蘭や横浜、横須賀などに勤務したのち、政治部へ異動となり外務省や首相官邸、自由民主党の担当となる

ボン支局長やワシントン支局長を歴任
9.11のアメリカ同時多発テロ事件では11日間にわたる24時間生中継を担当した

2005年にNHKを退職
その後はフリーのジャーナリスト、作家、コメンテーターとして活動している

岩田公雄と同様に「ミヤネ屋」火曜日のジャーナリスト枠に出演することがある

やくみつる

勝手に大相撲審議会

漫画家

1959年3月12日生まれ、東京都世田谷区出身の61歳
早稲田大学商学部 卒

プロ野球や風刺を中心とした4コマ漫画作家であり、一般的なストーリー漫画の執筆は不可
漫画嫌いを公言している漫画家である

ワイドショーのコメンテーターを務めることが多く、また好角家のため相撲関連の話題で登場するケースも目立つ

豊富な知識からクイズ番組の常連であり、テレビ朝日「Qさま」やTBS「東大王」で活躍

「ミヤネ屋」火曜日の文化人・タレント枠に出演することがある

RIKACO

RIKACO’S ALOHA STORY―Hawaii Perfect Guide (光文社女性ブックス VOL. 139)

LDH JAPAN所属のタレント
旧芸名は「村上里佳子」

1966年3月30日生まれ、神奈川県横浜市出身の54歳
身長169cm、血液型はA型、スリーサイズは82-58-86cm

13歳でモデルデビュー、17歳ごろからはタレント活動が中心となる

バラエティ番組・情報番組を中心にテレビ出演を行い、古くは「11PM」や「浅草橋ヤング洋品店」、近年では「秘密のケンミンSHOW」「ヒルナンデス!」「情報ライブ ミヤネ屋」などに出演している

「やくみつる」同様に「ミヤネ屋」火曜日の文化人・タレント枠に出演することがある

公式サイト

橋本五郎(はしもとごろう)

総理の覚悟  政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)

読売新聞特別編集委員

1946年12月29日生まれ、秋田県山本郡琴丘町出身の73歳
慶應義塾大学法学部政治学科 卒

大学卒業後に読売新聞に入社
浜松支局・東京本社社会部・本社政治部・政治部次長・論説委員・政治部長・編集局次長などを歴任
”ナベツネ”こと渡邉恒雄と近しい人物として知られる

1999年頃からグループ傘下の日本テレビ・読売テレビで報道番組や情報番組にコメンテーターとして出演
「ウェークアップぷらす」から「シューイチ」や「スッキリ」のようなライトなイメージの番組にも登場する

赤星憲広(あかほしのりひろ)

一瞬の判断力 ~ピンチをチャンスに変える53の法則~

元・プロ野球 阪神タイガース選手で野球解説者

1976年4月10日生まれ、愛知県刈谷市出身の44歳
身長170cm

愛知県立大府高校 ⇒ 亜細亜大学 ⇒ JR東日本を経て2000年にドラフト4位で阪神タイガースに入団
2009年までプロ野球選手として活躍した

現役時代は盗塁王5回、ベストナイン2回、ゴールデングラブ6回を獲得
2000年・2003年には日本代表選手として国際試合にも出場

現役引退後は野球解説者・タレントとしてテレビに出演
スポーツ番組はもちろん、ワイドショーでもコメンテーターを務めている

岸博幸(きしひろゆき)


慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
元・経産官僚

1962年9月1日生まれ、東京都出身の58歳
一橋大学経済学部 卒

大学卒業後に通商産業省に入省
内閣官房情報通信技術(IT)担当室や経済財政政策担当大臣補佐官、金融担当大臣補佐官、竹中経済財政政策担当・郵政民営化担当大臣政務担当秘書官などを歴任した

2006年に経済産業省を退官

以降、元官僚の経済専門家としてメディアに進出
テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、フジテレビ「全力!脱力タイムズ」とバラエティ要素の強い番組からメ~テレ「ドデスカ」、読売テレビ「ミヤネ屋」など情報番組など様々なジャンルに出演する

Twitterアカウント

おおたわ史絵(おおたわふみえ)

タレント医師・おおたわ史絵

総合内科専門医

1964年10月15日生まれ、東京都葛飾区出身の55歳
東京女子医科大学 卒

総合病院を経て下町にある父親の診療所を引き継いだ開業医
その他、受刑者の診療にも取り組みプリズンドクターとしても活動している

またタレントとしてメディア出演も多く、日本テレビ「スッキリ」や読売テレビ「ミヤネ屋」、テレビ朝日「Qさま」などワイドショー・情報番組・バラエティ番組など多彩なジャンルで活躍

ガダルカナル・タカ


株式会社TAP(旧「オフィス北野」)所属のコメディアン
たけし軍団メンバー

1956年12月16日生まれ、静岡県田方郡天城湯ヶ島町(現・伊豆市)出身の63歳
身長173cm、血液型はB型
沼津学園高校 卒

本名は「井口薫仁(いぐちたかひと)」
妻はタレントの橋本志穂

たけし軍団への加入以前は、つまみ枝豆と「カージナルス」としてコントを中心とした芸風のコンビ活動を行っていた

軍団の中でもビートたけしに近い人物で、たけしの出演する番組でもMC・進行役を務め、ボケに対してツッコミを入れるなど信頼は厚い

現在は情報番組やワイドショーでコメンテーターを務めることが多く、読売テレビ「ミヤネ屋」やフジテレビ「バイキング」、静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」などに出演している

芸能リポーター

井上公造(いのうえこうぞう)

一瞬で「本音」を聞き出す技術

KOZOクリエイターズ所属の芸能リポーター

1956年12月30日生まれ、福岡県福岡市出身の63歳
西南学院大学商学部 卒

大学卒業後に小売業へ就職
その後マスコミ業界に転職、竹書房、産経新聞を経て梨元勝にスカウトされ芸能リポーターに転身

ABC「おはよう朝日です」、読売テレビ「ミヤネ屋」、ABC「キャスト」、日本テレビ「スッキリ」など数多くの情報番組でレギュラーを務める

「ミヤネ屋」には2009年3月30日から芸能リポーターとして出演

駒井千佳子(こまいちかこ)


KOZOクリエイターズ所属の芸能リポーター
元・テレビ朝日の記者

1965年9月7日生まれ、山梨県出身の55歳
フェリス女学院短期大学 卒

大学卒業後にテレビ朝日甲府支局に入社、記者・リポーターを務めていた
退社後にTBS「スーパーワイド」で芸能リポーターに転身

ジャニーズタレントの話題に精通しており、関連の話題が芸能ニュースとして取り上げられる際にメディア出演するケースも目立つ

「ミヤネ屋」には金曜を中心に必要に応じて各曜日に出演する

城下尊之(しろしたたかゆき)


芸能プロダクション「KIE」に所属する芸能リポーター
元・サンケイスポーツ記者

1956年1月23日生まれ、福岡県北九州市出身の64歳
立教大学法学部 卒

1982年に芸能リポーターへ転身

読売テレビ「ミヤネ屋」「す・またん」などに出演
日刊ゲンダイなどにコラムを連載する

「ミヤネ屋」には2007年3月から出演
当初は火曜日に出演していたが、2008年10月以降は木曜に出演することが多い

スポーツ新聞記者

阿部公輔(あべこうすけ) スポーツニッポン 東京本社編集局次長兼文化社会部長
1992年入社

社会担当時代には田中角栄を始めとする著名人の張り込み、松本サリン事件、オウム真理教事件、阪神大震災などの取材を経験

芸能担当となってからは芸能人の熱愛やスキャンダル、トラブルなどを様々なネタを取材している

大塚美奈(おおつかみな)サンケイスポーツ文化報道部 記者
久我悟(くがさとる)日刊スポーツ文化社会部 部長
高橋誠司(たかはしせいじ)スポーツ報知 デスク
竹村章(たけむらあきら)日刊スポーツ 東京本社文化社会部次長
森俊幸(もりとしゆき)スポーツニッポン 芸能デスク
山下伸基(やましたのぶもと)サンケイスポーツ デスク

ナレーション

藤田勇児(ふじたゆうじ)

ワイワイワイ所属のナレーター・声優

1965年8月16日生まれ、兵庫県出身の55歳
身長168cm、血液型はB型

「情報ライブ ミヤネ屋」「かんさい情報ネット ten!」「水野真紀の魔法のレストランR」など関西の放送局制作の番組でナレーションを務めている

松尾明子(まつおあきこ)

MC企画所属のDJ・ナレーター

大阪府出身
身長155cm
四条畷学園短期大学 卒

関西テレビ「報道ランナー」「よ~いドン!」「にじいろジーン」や読売テレビ「ミヤネ屋」「すももももももピーチCAFE」でナレーションを担当する

中矢由紀(なかやゆき)

ワイワイワイ所属のナレーター・声優

9月28日生まれ、滋賀県出身
身長156cm、血液型はB型

「情報ライブ ミヤネ屋」ナレーションの他、企業CMではシオノギ「セデス」、NEXCO西日本、あべのハルカスなど様々な広告ナレーションを務める

三嶋真路(みしましんじ)

MC企画所属のDJ・ナレーター

京都府生まれ
身長174cm

「情報ライブ ミヤネ屋」やNHK「時代劇プレマップ」などテレビナレーション、その他FM京都を始めとして関西のラジオ放送で番組を担当している

安西なをみ(あんざいなをみ)

キャラ所属のナレーター・声優

9月8日生まれ、兵庫県高砂市出身
関西大学文学部卒
身長152cm

「ミヤネ屋」「胸いっぱいサミット!」など番組ナレーションやCMナレーションを務める

鹿瀬ハジメ(しかせはじめ)

ワイワイワイ所属のナレーター・声優

9月1日生まれ、兵庫県出身
身長163cm、血液型はA型

「情報ライブ ミヤネ屋」、「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか」、「サタデープラス」、「クロースアップ現代+」などのテレビナレーション
また、「小林製薬」や「伯方の塩」「ハウステンボス」を始めとする企業CMナレーションも務めている

愛のスパルタ料理塾

林裕人(はやしひろと)

愛のスパルタ料理塾

パティシエ
大阪府洋菓子工業協同組合常務理事、大阪府洋菓子協会副会長

1954年4月1日生まれ、大阪府大阪市出身の66歳

2016年5月まではレギュラーコーナーとして放送されていた
2017年3月からコーナーが再開されているが、不定期になっている模様

アシスタント女子アナ夏休み代役の歴代一覧

毎年9月頃にはアシスタントの女子アナが夏休みとなるため、日本テレビ系列の各地方局から女子アナを召喚。
「人気女子アナ大集合ウィーク」と称したイベント期間とするのが恒例になっている。

テーマ曲

Pianophonic / Pax Japonica Groove

放送局

読売テレビ制作、日本テレビ系全国ネット

放送日時

放送期間曜日放送時間
全国ネット時代
2008年9月29日~月~金13:55~15:50
2007年10月1日~2008年9月26日月~木13:55~16:43
13:55~16:50
関西ローカル時代
2006年9月4日~2007年9月28日月~金15:50~17:50
2006年7月31日~2006年9月1日月~金15:49~17:50

公式サイト / SNS

公式サイト
情報ライブ ミヤネ屋 | 司会:宮根誠司、林マオ 読売テレビがお送りする情報番組
Twitter
@ytv_miyaneya__

人気コーナー

愛のスパルタ料理塾

パティシエ・林裕人(以前は「林繁和」名義で出演)が料理の腕がイマイチの主婦にスパルタ指導をする人気コーナー。
番組の初期から放送。

スパルタと銘打っているが、林裕人の関西的なノリもあってか「厳しい」というよりは「面白い」要素が強くなっている。

番組で紹介された料理のレシピは公式サイト上で閲覧が可能となっている。

2011年~2013年辺りに紹介されたレシピ「豆腐ハンバーグ」「チキン南蛮」「油淋鶏」などが今もランキング上位として根強い人気のようだ。

同コーナーは一度だけ書籍化されている。

視聴率

同時間帯では圧倒的に視聴率が高かったミヤネ屋。
2016年までは他局を寄せ付けない人気を数字が物語っていた。

しかし2017年に入りその状況が変化してきている。

肝心の関西地区で視聴率が低迷し、3月には4度の5%台を記録している。

関東地区は関西ほど落ち込んでおらず概ね7~8%を記録しているが、3月30日には4.7%となった。
これは、TBS「ゴゴスマ」の3.6%、フジテレビ「グッディ」の3.1%と他局との差が小さい結果となった。

また名古屋地区において、3月3日放送のゴゴスマが8.1%、ミヤネ屋の6.4%を上回る結果に。

各芸能メディアはいずれもミヤネ屋の人気低迷を示唆しており、独走態勢が崩れてきているようだ。

視聴率変動の原因としては、他局の奮闘ぶりと司会者・宮根誠司への拒否反応が強くなっているという見方が多い。

関東地区では、現在も7~8%の視聴率をキープしているものの、本拠地の関西地区では3月になって4度も5%台に降下したのだ。

週刊誌報道

2017年10月26日号「週刊文春」が、2018年3月で司会の宮根誠司が降板し同時間帯のフジテレビ番組へ移籍すると報道。
主な理由は、視聴率低迷と宮根誠司のモチベーション低下。
それらの要因で宮根誠司のキャスターとしての価値が下がる前に手を打ちたいということのようだ。

ちなみにフジテレビ・読売テレビ共に「そのような事実はない」としている。

関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の司会に就く予定であることが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

文春報道が表に出た翌日2017年10月19日放送の同番組でこの内容に触れられている。
『4月以降もやらさせていただきますので、よろしくお願いしま』
と文春報道を一蹴している。

一部ネットでは、文春報道によって打ち切りが取りやめられたとも噂されているが、さすがに日本テレビ系列で放送される番組が、たかが雑誌ひとつの記事で一夜にして状況に変化をもたらす可能性は考えにくい。
文春の取材先が「番組関係者」だったことから、かなり胡散臭い情報ソースで報じられた記事と考えるのが妥当だろう。

フリーアナウンサーの宮根誠司(54)が19日、司会を務める読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』(月~金 後1:55)に出演し、同日発売の『週刊文春』に掲載された番組降板の報道を改めて否定。

2016/12/12 更新日

-テレビ・ラジオ・インターネット番組の出演者情報, ワイドショー番組
-, , , , , , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。