ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

テレビ・ラジオ・ネットに出ているタレント・アナウンサー・キャスター・気象予報士・コメンテーターを見て「あれは誰?」と思ったことはありますか?そんな疑問をスッキリと解消します!

「 読売テレビニュース番組 」 一覧

読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」キャスター&アナウンサー出演者一覧

読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」キャスター&アナウンサー出演者一覧

「かんさい情報ネット ten.」(かんさいじょうほうねっと てん)は、2009年3月30日から放送が開始された平日夕方の生放送報道番組。関西エリアにて放送。2017年1月23日で放送2000回を達成した。番組名は、リモコンのチャンネル「10」と「Talk Entertainment & News」の頭文字「TEN」などから命名されている。アナウンサー歴の浅い女子アナをキャスターに起用するケースがあり、中谷しのぶアナは入社2年目、黒木千晶アナは入社1年目でそれぞれ担当している。この記事では「かんさい情報ネット ten.」に出演するキャスター・アナウンサー・リポーター・コメンテーター・気象予報士などの情報をまとめた。

wake up のイメージ

読売テレビ「ウェークアップ」キャスター・アナウンサー出演&番組情報

「ウェークアップ!」シリーズは1991年から放送が開始された読売テレビの報道番組。政治・経済・海外のニュースなど時事的な内容がメインの番組である。番組の歴史は長く、1991年1月~2005年3月までは「ウェークアップ!」、2005年4月~2021年2月まで「ウェークアップ!ぷらす」、2021年3月より「ウェークアップ」(第2期)として番組シリーズは長期継続している。キャスターは辛坊治郎、2代目キャスターは桂文珍が務め、「ウェークアップぷらす」時代に再び辛坊治郎がキャスターを務めた。女性キャスターは基本的に読売テレビのアナウンサーから起用されている。「ウェークアップ!」第1期と「ウェークアップぷらす」でキャスターを務めた辛坊治郎はセーリングによる太平洋無寄港横断の再挑戦のため2021年2月いっぱいで番組を降板。同時に「ウェークアップぷらす」としての放送も終了し、2021年3月6日からはコメンテーターとして活躍する法学者の野村修也や読売テレビ・中谷しのぶアナをメインに起用した第2期「ウェークアップ」へと移行している。

「情報ライブ ミヤネ屋」司会者&アナウンサー&コメンテーター一覧

「情報ライブ ミヤネ屋」司会・女子アナ&コメンテーター出演者一覧

「情報ライブ ミヤネ屋」は、読売テレビ制作で2006年7月31日から放送開始された日本テレビ系列の全国ネットニュース・報道番組。「激テレ★金曜日」の流れをくむ番組で同番組で司会をしていたアナウンサー・宮根誠司が引き続き担当している。後に、現在の昼帯で放送されていた「ザ・ワイド」の後継番組とするために放送時間を変更。放送開始当初は関西ローカルだったが、徐々に放送エリアを拡大して全国で放送されるようになった。関東地区を例に挙げれば、視聴率は同時間帯のワイドショーを寄せ付けない数字を記録しており首位を維持していたが、近年はTBS系列「ゴゴスマ -GO GO!Smile!-」やフジテレビ系「グッディ!」に首位の座を譲るケースも見られるようになっている。出演するキャスターやリポーターは入れ替えが比較的少なく番組出演歴の長いベテランが担当することが多い。特に注目されるのはアシスタントの女子アナ。歴代すべてが読売テレビの女子アナ(当時)が起用されており、一度担当すると概ね4~5年は番組を担当する。初代は森若佐紀子アナ、2代目は川田裕美アナ。そして現在のアシスタントは2015年3月2日より林マオ アナが担当していたが、2020年7月末をもって番組を卒業。8月より4代目のアシスタントとして2018年入社、3年目の澤口実歩アナが就任する。ここでは現在「ミヤネ屋」に出演するキャスターやアナウンサーと歴代の出演アナウンサーを中心に一覧にまとめた。