ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

「 長澤まさみ 」 一覧

船・港のイメージ

ジブリ映画「コクリコ坂から」出演声優キャスト・あらすじ&作品情報

「コクリコ坂から」は、原作・佐山哲郎&作画・高橋千鶴による漫画作品。及びそれを原作としたスタジオジブリの長編アニメーションである。ここではジブリ作品の映画「コクリコ坂から」に関して記載する。アニメ映画「コクリコ坂から」は、宮崎吾朗の監督により2011年7月16日に劇場公開された第18作目にあたる作品。宮崎吾朗にとっては「ゲド戦記」に続く監督2作目である。声の出演は、長澤まさみや岡田准一といった人気俳優が起用された。公開初日~3日間で約5億8700万円の興行収入を上げ、観客動員ランキング初登場3位を記録。2012年の「第35回日本アカデミー賞」では最優秀アニメーション作品賞を受賞している。地上波テレビでは、日本テレビの「金曜ロードSHOW」にて2013年1月11日・2016年8月12日・2020年8月21日と概ね3~4年に1度のペースで放送されている。

お金・詐欺・犯罪・経済のイメージ

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」キャスト&あらすじ・作品情報

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」は2019年に公開された日本の映画作品。2018年4月期に放送されたフジテレビ連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場化第1作にあたる。テレビドラマ放映中から映画化は既に決定しており、視聴者に情報が公開されたのはドラマ第9話の終了時点であった。物語の舞台は「香港」。長澤まさみ・東出昌大・小日向文世を始めとする「コンフィデンスマン」のメインキャストはもちろん、江口洋介・小池徹平・佐藤隆太などテレビドラマでターゲットとなったゲストキャストや脇役たちも登場する。さらに、映画版では竹内結子や三浦春馬といった新キャストがダー子たちの対立軸として現れ物語を盛り上げる。興行収入29.7億円を記録。主演の長澤まさみは「第44回報知映画賞 主演女優賞」と「第62回ブルーリボン賞 主演女優賞」を受賞している。約1年後の2020年7月18日。映画第2弾「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開を記念してフジテレビ「土曜プレミアム」枠で「ロマンス編」の地上波初放送が行われている。※プリンセス編の公開日は「2020年7月23日」

始皇帝陵

実写映画「キングダム」出演キャスト&作品情報【主演:山﨑賢人】

映画「キングダム」は、原泰久の同名漫画を原作に実写化した劇場作品。2019年4月19日公開。主人公の信役に山﨑賢人、嬴政役に吉沢亮、河了貂役に橋本環奈を起用。さらに原作中で人気の高い王騎役には大沢たかおがキャスティングされた。興行収入約57億円を記録。実写化不可能と言われるほど壮大なスケールを持つ原作に対し、戦のシーンでは中国浙江省に赴き、スタッフ700人&エキストラの兵士役を1万人揃えるなど徹底した”本物の画”が追及されている。2020年「第43回日本アカデミー賞」では複数にノミネート。「優秀監督賞」「優秀音楽賞」「最優秀撮影賞」「最優秀助演男優賞」「最優秀助演女優賞」「最優秀美術賞」「優秀録音賞」「優秀編集賞」など多数を受賞しており、さらに吉沢亮は「第62回 ブルーリボン賞」の助演男優賞に選出されるなど高い評価を得た作品である。テレビ放送では2020年5月29日に日本テレビ「金曜ロードショー」が地上波初放送(本編ノーカット)を行っている。

お金・詐欺・犯罪・経済のイメージ

フジテレビドラマ「コンフィデンスマンJP」出演キャスト&あらすじ一覧

「コンフィデンスマンJP」はフジテレビ系列のテレビドラマ作品。2018年4月9日~6月11日まで月曜の21時、通称「月9」ドラマ枠で放送。主演は女優・長澤まさみ。その他、東出昌大や小日向文世らが共演者に名を連ねている。「コンフィデンスマン」とは「詐欺師」のことを指しており、主人公たちを始めとする登場人物の多くが詐欺師や反社会・裏社会の人間となっている。ただし、主人公たちは堅気や弱者には手を出さず悪徳商法で稼ぐような人物からのみ金を巻き上げる、いわゆる義賊的な側面を持ち合わせる。全10話が放送され、平均視聴率は8.88%、最低視聴率は第2話の7.7%、最高視聴率は第9話の9.5%となった。また、レギュラー放送終了の1年後には映画公開と共にSPドラマ「運勢編」が地上波にて放送され、こちらは視聴率10.3%を記録した。