アナウンサーNewsこむ【アレ誰?に回答】

「 お笑い特番 」 一覧

日本テレビ「ものまねグランプリ」出場タレント&MC&アナウンサー一覧

日本テレビ「ものまねグランプリ」出場タレント&MC&アナウンサー一覧

「ものまねグランプリ」は日本テレビ系列で不定期に放送されている”ものまね特番”。2009年まで放送されていた「ものまねバトル」をリニューアルした番組である。番組は「春・秋・年末」と年に3回ほど放送され、「ガチランキングスペシャル」の結果で年末の「ザ・トーナメント」への出場メンバーが決まるバトル方式の体裁をとっている。出場するのはモノマネ芸人から歌手、さらに知名度の低いタレントや”ほぼ素人に近いシンガー”まで様々だが、優勝するのはやはり”ものまね芸人”として活躍している人物となる場合が多い。番組視聴率は12~15%ほどで、年間を通して年末の「ザ・トーナメント」が高い視聴率をマークする傾向にある。この記事では、最新の「ものまねグランプリ」に出演する司会者・アシスタント、そして”ものまね出場者”の情報をまとめた。

フジテレビ系「IPPONグランプリ」大喜利出演芸人&出演者まとめ

フジテレビ「IPPONグランプリ」大喜利出演芸人&進行アナウンサー&出演者まとめ

「IPPONグランプリ」はフジテレビ制作・吉本興業が協力するバラエティ特番。2009年12月に深夜枠で第1回が放送。第4回の2011年から年2回のバラエティ特番として昇格した。現在はフジテレビ系の「土曜プレミアム」枠で放送される。番組は人気芸人を集めた大喜利大会で出演する芸人の中から最も優れた1名を決定し優勝者を選出する内容。大喜利出場者は毎回不定ではあるが、バカリズム・千原ジュニア・堀内健などがほぼ常連と言える頻度で出演している。この記事では「IPPONグランプリ」に出場する芸人や進行アナウンサー、ナレーション、そして大会チェアマンに名を連ねる松本人志といった出演者の情報をまとめた。

フジテレビ「THE MANZAI」出演MC&漫才コンビまとめ

フジテレビ「THE MANZAI」出演MC&漫才コンビ一覧

2011年から毎年1回開催されている演芸大会で2010年に開催が終了(現在は復活)したM-1グランプリの後継プロジェクトとしてスタートした。そのため2011年の第1回から2014年の第4回までは「年間最強漫才師決定トーナメント!~栄光の決勝大会」という副題の「漫才コンテスト」だった。しかしM-1グランプリが2015年に復活したことから「THE MANZAI」の在り方が微妙な状況となり、2015年からはコンテスト要素を排除した「人気漫才師がネタを披露する演芸の祭典」にリニューアルしている。M-1もTHE MANZAIもよしもとが制作に携わっている為、M-1グランプリ優勝コンビが「THE MANZAI」にも参戦することが通例となっている。なおコンテストではないため採点やランキングは行われないが、番組のエンディングでその日最も面白い漫才を披露したコンビに「たけし賞」が贈られる。この記事では「THE MANZAI」に出演するMC陣やネタを披露する漫才コンビについての情報をまとめた。

テレビ朝日系「M-1グランプリ」出場者・司会・審査員・リポーター情報まとめ

「M-1グランプリ」司会・審査員・リポーター・決勝&敗者復活の漫才コンビ一覧

「M-1グランプリ」は吉本興業が主催し、朝日放送が後援する年に1回の漫才コンテスト。敗者復活戦、及び決勝戦はテレビ朝日系列で生放送される。8月頃から1回戦が開始され、東京や大阪を中心に2回戦・3回戦・準々決勝・準決勝が11月中旬までに進行。敗者復活戦と決勝戦は同日に開催され、敗者復活枠1組を加えて決勝戦が夜に開かれる。売れない漫才コンビが優勝をキッカケにテレビ出演を始め仕事が激増、一夜にして人気コンビへと昇り詰めることが可能。これまで「アンタッチャブル」「ブラックマヨネーズ」「サンドウィッチマン」などが成功例に挙げられる。この記事では最新のM-1グランプリ2018に関する情報を掲載。
主に、決勝の司会や審査員、リポーター、敗者復活戦のMC、そして決勝戦と敗者復活戦に出場する漫才コンビの一覧&情報をまとめた。