ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

テレビ・ラジオ・ネットに出ているタレント・アナウンサー・キャスター・気象予報士・コメンテーターを見て「あれは誰?」と思ったことはありますか?そんな疑問をスッキリと解消します!

「 邦画 」 一覧

鎌倉・鉄道のイメージ

実写映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」キャスト&あらすじ・作品情報【堺雅人&高畑充希 主演】

「DESTINY 鎌倉ものがたり」は漫画家・西岸良平の原作を映像化した劇場映画。2017年12月9日公開。同じく西岸良平の原作による映画作品「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズでもメガホンをとった山崎貴が監督を務めている。主演は堺雅人と高畑充希。妖怪や魔物、幽霊などと共存する鎌倉を舞台に、主人公が怪事件を解決していくミステリーを軸とした作品である。公開初週の週末2日で23万1465人を動員、興行収入2億9720万円を記録。全国週末興行成績は初登場2位にランクインした。テレビの地上波放送は2018年12月6日に日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で初登場し11.4%を記録。2020年9月25日には2度目の地上波放送を迎えた。

桜吹雪と橋、春のイメージ

実写映画「君の膵臓をたべたい」キャスト&あらすじ・作品情報

「君の膵臓をたべたい」(通称:キミスイ)は住野よるの小説作品、及びそれを原作に映画やアニメ、コミックスなどマルチメディア展開された作品群を指す。ここでは、実写映画版「君の膵臓をたべたい」について取り上げる。実写映画版「君の膵臓をたべたい」は2017年7月28日に公開された作品。女優・浜辺美波と俳優・北村匠海によるW主演。ストーリーは基本的に原作に忠実となっているが、実写映画独自の要素として「原作(主人公たちの高校時代)から12年後の世界」が描かれている。12年後(現在)から高校時代(過去・原作のストーリー)を振り返るという2つの時間軸で映画は進行していく。実写映画版「君の膵臓をたべたい」は、「第41回日本アカデミー賞」では「優秀作品賞・優秀脚本賞・新人俳優賞・話題作品賞」などを受賞。原作同様に話題性と人気の高い映画作品である。テレビの地上波放送には、2018年8月19日にテレビ朝日の「日曜プライム」枠で初登場(視聴率は10.4%)。2020年9月4日、日本テレビの「金曜ロードSHOW!」枠で2度目の地上波放送が行われている。

LGBTのイメージ

「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」キャスト&あらすじ・作品情報

「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」は2019年に公開されたコメディ映画。テレビ朝日系列で2018年4月期に放送された連続ドラマ「おっさんずラブ」の劇場化作品にあたる。連続ドラマ最終話から1年後が描かれたアフターストーリーが展開される完結編。キャストは田中圭や林遣都、吉田鋼太郎をはじめとする連続ドラマ版からの主要キャストが続投。さらに沢村一樹や志尊淳といった劇場版の新キャストも追加されている。公開初週の土日における観客動員数は約23万9000人。2019年度の興行収入は26.5億円を記録しており、年度ランキングの邦画部門で12位となった。テレビ放送は2020年8月2日に完全ノーカットで地上波初登場されている。

弁当のイメージ

映画「今日も嫌がらせ弁当」キャスト&あらすじ・作品情報【主演・篠原涼子】

「今日も嫌がらせ弁当」は、人気ブログ「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」をまとめたKaori(ttkk)著書のエッセイ。及びそれを原作に映像化された映画作品である。ここでは映画版「今日も嫌がらせ弁当」に関する情報を掲載する。映画版「今日も嫌がらせ弁当」は2019年6月28日に劇場公開。公開初週の「国内映画ランキング」では8位にランクイン。八丈島を舞台とした母親と反抗期の娘が”母からの「嫌がらせの意味が込められたキャラ弁」”を通して徐々に絆を深めていくストーリーである。主演は女優・篠原涼子(かおり役)。主人公の次女・双葉役に芳根京子、長女・若葉役に松井玲奈、双葉の幼馴染・山下達雄役に佐藤寛太、さらにかおりのブログ読者でシングルファザー・岡野信介役に佐藤隆太がそれぞれ起用された。2020年7月21日(火曜21:00~22:48)、劇場公開からわずか1年ほどでテレビの地上波放送に初登場している。

お金・詐欺・犯罪・経済のイメージ

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」キャスト&あらすじ・作品情報

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」は2019年に公開された日本の映画作品。2018年4月期に放送されたフジテレビ連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場化第1作にあたる。テレビドラマ放映中から映画化は既に決定しており、視聴者に情報が公開されたのはドラマ第9話の終了時点であった。物語の舞台は「香港」。長澤まさみ・東出昌大・小日向文世を始めとする「コンフィデンスマン」のメインキャストはもちろん、江口洋介・小池徹平・佐藤隆太などテレビドラマでターゲットとなったゲストキャストや脇役たちも登場する。さらに、映画版では竹内結子や三浦春馬といった新キャストがダー子たちの対立軸として現れ物語を盛り上げる。興行収入29.7億円を記録。主演の長澤まさみは「第44回報知映画賞 主演女優賞」と「第62回ブルーリボン賞 主演女優賞」を受賞している。約1年後の2020年7月18日。映画第2弾「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開を記念してフジテレビ「土曜プレミアム」枠で「ロマンス編」の地上波初放送が行われている。※プリンセス編の公開日は「2020年7月23日」

始皇帝陵

実写映画「キングダム」出演キャスト&作品情報【主演:山﨑賢人】

映画「キングダム」は、原泰久の同名漫画を原作に実写化した劇場作品。2019年4月19日公開。主人公の信役に山﨑賢人、嬴政役に吉沢亮、河了貂役に橋本環奈を起用。さらに原作中で人気の高い王騎役には大沢たかおがキャスティングされた。興行収入約57億円を記録。実写化不可能と言われるほど壮大なスケールを持つ原作に対し、戦のシーンでは中国浙江省に赴き、スタッフ700人&エキストラの兵士役を1万人揃えるなど徹底した”本物の画”が追及されている。2020年「第43回日本アカデミー賞」では複数にノミネート。「優秀監督賞」「優秀音楽賞」「最優秀撮影賞」「最優秀助演男優賞」「最優秀助演女優賞」「最優秀美術賞」「優秀録音賞」「優秀編集賞」など多数を受賞しており、さらに吉沢亮は「第62回 ブルーリボン賞」の助演男優賞に選出されるなど高い評価を得た作品である。テレビ放送では2020年5月29日に日本テレビ「金曜ロードショー」が地上波初放送(本編ノーカット)を行っている。

チアダンス・チアリーディングのイメージ

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」出演キャスト&作品情報

「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」は2017年3月11日に公開された劇場作品。主演は広瀬すず。チアダンス部に所属する普通の女子高生たちが、本場・アメリカのチアダンス選手権で優勝を成し遂げるという福井県立福井商業高等学校の実話を映画化したスポーツ・サクセスストーリーである。共演には中条あやみや山崎紘菜、富田望生、福原遥といった若手女優を中心に天海祐希や”きたろう”、緋田康人らが名を連ねる。映画主題歌は歌手・大原櫻子が担当し、同時に女優として出演も行っている。同作品の公開から約1年半後の2018年7月~9月に、映画作中の時代から9年後を舞台としたテレビドラマ版がTBS系列で放送されるなど高い人気を誇る作品と言える。

恋愛・純愛のイメージ

映画「今夜、ロマンス劇場で」出演キャスト&作品情報【綾瀬はるか主演】

「今夜、ロマンス劇場で」は2018年2月10日に劇場公開された映画作品。主演は綾瀬はるか。映画館「ロマンス劇場」のモノクロ映画から飛び出したヒロイン・美雪(演:綾瀬はるか)と映画監督を目指す青年・牧野健司(演:坂口健太郎)との次元を超えた純愛ラブストーリーである。作品の評価は概ね好評となっており、特に王道の純愛映画を楽しみたいユーザーにおススメする声が多い。また映画のテーマから「ローマの休日」に似た雰囲気を感じるユーザーも見られる。興行収入は10.2億円をあげており、公開された2018年における邦画部門の興行収入ランキングで上位30位以内にランクインした。なお、同作品に出演した俳優・加藤剛は公開から約4か月後の2018年6月18日に逝去しており、同作品が遺作映画となった。

映画作品のイメージ画像

映画「時をかける少女」出演キャスト&作品情報【主演・原田知世&監督・大林宣彦】

「時をかける少女」は小説家・筒井康隆の主に10代を対象とした青春SFファンタジー作品。及び、映画やアニメなど様々なメディアに展開された一連の作品群である。この記事で取り扱うのは1983年に公開された原田知世の主演による大林宣彦監督作品の映画「時をかける少女」に関する作品情報&出演者情報となる。同作品は、映画監督・大林宣彦の代表作であり、尾道を舞台とした「転校生」「さびしんぼう」と共に「尾道三部作」に数えられる。また女優・原田知世の初主演映画にあたり、原田知世が第7回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した作品である。「探偵物語」との2本立てで公開され、配給収入28億円で1983年の年間邦画興行成績2位を記録している。

映画作品のイメージ画像

映画「帝一の國」出演キャスト&作品情報

「帝一の國」は、古屋兎丸による同名の漫画作品を原作とした劇場映画。原作は「ジャンプSQ.19」、及び「ジャンプスクエア」で連載。コミックスは全14巻、全57話。名門・海帝高校を舞台に生徒会選挙をメインとした権力闘争が繰り広げられる学園コメディアである。映画化では名立たるイケメン俳優がキャスティングされており、メインキャストの多くが「戦隊シリーズ」や「仮面ライダー シリーズ」で主演を経験している。地上波テレビ放送では2018年4月にフジテレビ系列で初登場、視聴率8.2%を記録。2020年4月6日にも再びフジテレビ系列で放送が編成されている。

映画作品のイメージ

映画「暗殺教室 / 暗殺教室〜卒業編〜」出演キャスト&作品情報

「暗殺教室」は「週刊少年ジャンプ」で2012年31号~2016年16号まで連載されていた漫画作品。その実写映画が2015年と2016年に2部作として公開された。主演はHey! Say! JUMP・山田涼介で、原作における実質的な主人公潮田渚を演じた。また、原作の主人公である「殺せんせー」の声を嵐・二宮和也が務めているが、二宮の出演については公開初日の舞台挨拶で発表されるまで情報が伏せられていた。第1作、第2作ともに興行的な成功を収めており、「暗殺教室」は27.7億円、「暗殺教室~卒業編~」は前作を上回る35.1億円を記録した。主題歌はシリーズを通して「せんせーションズ」(Hey! Say! JUMP)が担当している。

映画作品のイメージ画像

映画「ちはやふる 3部作(-上の句-|-下の句-|-結び-)」出演キャスト&作品情報

「ちはやふる」は講談社「BE・LOVE」で連載される「競技かるた」をテーマとした漫画作品。テレビアニメや実写映画化などマルチメディア展開されており、ここでは実写映画化に関する情報を取り扱う。「ちはやふる」の実写映画は2016年~2018年までに女優・広瀬すずの主演で「上の句」「下の句」「結び」の3部作として制作された。興行収入は、各作品とも12億~17億円の範囲の数値を記録している。また2018年の「結び」公開前には「下の句」と「結び」の経過期間のストーリーを描く「ちはやふる -繋ぐ-」がネット配信されている。地上波テレビではこれまでに3部作それぞれが日本テレビ「金曜ロードショー」枠にて放送が行われた。

映画作品のイメージ画像

映画「四月は君の嘘」出演キャスト&作品情報

映画「四月は君の嘘」は新川直司の同名漫画を実写映画化した作品。広瀬すずと山﨑賢人のW主演で2016年9月10日に公開。原作マンガは月刊少年マガジンで2011年5月号~2015年3月号まで連載。シリーズ累計500万部以上を売り上げ、講談社漫画賞少年部門を受賞している。2014年秋~2015年春まではテレビアニメが放送され、その後2016年に実写映画が劇場公開された。また、映画化以降も舞台やミュージカルが上演されるなどメディアミックス展開が行われている。ここでは、そんな「四月は君の嘘」の実写映画に関する情報を掲載する。

映画作品のイメージ画像

映画「翔んで埼玉」出演キャスト&作品情報

映画「翔んで埼玉」は漫画家・魔夜峰央(「パタリロ!」の作者)による原作を実写化した作品。二階堂ふみとGACKTによるW主演で2019年2月22日に公開。原作自体は1982年頃の連載作だが、埼玉県をディスる内容で東京以外の関東近県も軽んじられる衝撃的な内容が2015年頃にテレビやSNSなどで紹介されると大きな反響を呼ぶこととなった。劇場公開された本作は興行収入37.6億円を記録し、「ウディネ・ファーイースト映画祭」を始め様々な映画賞を受賞している。主演の二階堂ふみは「壇ノ浦百美」役で自身初の男役に挑戦。出演者には物語の中心となる埼玉県と千葉県の出身俳優・タレントが多数起用されている。埼玉県が迫害されるという内容ながら埼玉県内では歓迎ムードで「地域おこし」という視点からも成功している映画と言える。

ギャンブルのイメージ

映画「カイジ2 人生奪回ゲーム」出演キャスト&作品情報

「カイジ2 人生奪回ゲーム」は2011年11月5日に公開された劇場映画。漫画家・福本伸行の原作によるギャンブル漫画「カイジ」シリーズの実写映画化・第2作にあたる。キャッチコピーは「おかえり、クズの皆様。」「ダマして、奪え。俺たちの未来を取り戻せ。」ストーリーは原作における「地下チンチロ」と「パチンコ・沼」をベースに原作者の福本伸行がアレンジを加えたものが展開される。前作と同様に主人公・伊藤カイジを藤原竜也、今作の敵役・一条聖也を伊勢谷友介が演じる。さらに前作にも登場した吉高由里子演じる石田裕美が主要キャラクターとして登場し、前作の敵役だった香川照之演じる利根川幸雄がカイジと手を組むなど実力派俳優が揃って出演している。同作品は興行収入16.1億円、公開から2日間で26万429人を動員し前作と変わらぬヒットとなった。