アナウンサーNewsこむ

「放送局」 一覧

放送局別の男性アナウンサー記事一覧

放送局別の男性アナウンサーに関する記事一覧

女子アナと比べると注目度が劣ってしまう「男性アナウンサー」。女子アナがアイドル的な扱いを受けやすいのは放送局共通。男性アナウンサーは各局で特色が異なります。バラエティ向きのアナウンサーが多かったり、出演するメディアによってキャラクターが異なったり。「個性」という意味では、女子アナより注目すると面白いかもしれません。

放送局別の女子アナ記事一覧

放送局別の女子アナに関する記事一覧

全国津々浦々に所属する女性のアナウンサー・女子アナ。「あの番組に出ている女子アナは誰?」「あの女子アナはどんな人?」という疑問に答えるべく更新を続けた結果、それなりの数の記事と情報が揃ってきました。そこでお目当ての女子アナを効率よく探し出すために放送局別の女子アナ一覧をご用意いたしました。ご活用ください。

日本列島

在京キー局(東京の放送局)に所属するアナウンサー一覧

在京、つまり東京に所在地を置き、東京を中心に取材・放送を行う局を指します。テレビ・ラジオの放送局は、その多くが基本的にネットワーク放送網を有しています。「系列局」とも呼び、その系列の中心に存在するのが在京キー局です。人・モノ・金と豊富で地方局とは比べ物にならない規模を誇り、当然のことながらアナウンサーの数も豊富!

フリーアナウンサー

フリーアナウンサー一覧

テレビで番組進行を務めたりニュース・天気を伝えるのは何も局アナに限った話ではありません。アナウンサーには局に所属していないフリーが存在します。彼ら彼女らは元局アナであったり単に肩書をアナウンサーと称したりと様々です。そんな中から注目度の高いフリーアナウンサーをリストアップ!

NHK

NHKのアナウンサー一覧

日本の公共放送である「NHK」。国営放送とは違うのをご存じだろうか?アナウンサーは民放のように会社員ではないので、NHKアナは職員と呼ばれる。このように民放各社とはその存在が一線を画すしているのは「NIPPON HOUSOU KYOUKAI」こと「NHK」だ。

日本列島

地域&系列ごとに分類した全国のテレビ放送局リスト

日本のテレビ放送は、東京のキー局を中心に全国各地のローカル局がその系列に参加する放送ネットワーク構成が主流になっています。そのあり方も様々でプログラムに制限がある局や自由に差し替え可能な局など様々。またそれとは別に系列に属さない独立局も存在しています。それらを一覧にまとめ、公式サイトへのリンクも付けました。

日本列島

地方局のアナウンサー一覧

日本の放送局は日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビが中心となっている。これらを在京キー局と呼ぶが、地方にはそれぞれの放送局と系列を組む地方局が存在する。地方局には在京キー局ほどの力がないが、近年ではフリーとなるアナウンサーが地方局から出現するケースも目立つ。潜在的に多くの個性を抱えているかもしれない。

テレビ東京

テレビ東京のアナウンサー一覧

長らく人気も視聴率も無く、特徴と言えば子供向けアニメの取り扱いくらいだったテレビ東京。そんな過去を振り払ったかのように現在は独自の番組作りが評価され始めました。どんなに社会的な緊急ニュースが入っても、特番には切り替わらない姿勢もGOOD!綺麗どころの女子アナも揃ってきている、今注目の放送局です。

フジテレビ

フジテレビのアナウンサー一覧

かつては最も視聴率を稼いでいたフジテレビ。民放の中で最もゴールデンタイム・プライムタイム・全日の視聴率が高く、まさに黄金時代と呼べるものでした。2010年代からは、偏向報道疑惑や韓流推しなどの騒ぎによりインターネットを中心に反フジテレビの機運が高まり始めるとに視聴率低迷という大きな凋落をもたらす一因となったのです。

日本テレビ

日本テレビのアナウンサー一覧

男女問わず好感度の高いアナウンサーが揃っている日本テレビ。フジテレビに変わってバラエティ色の強いイメージが定着しています。しかし、重要な局面では枡太一アナと水卜麻美アナに頼り切っている印象が強く、このふたりが退社してしまったら大幅に戦力ダウンが否めないようです

TBS

TBSのアナウンサー一覧

テレビだけではなくラジオも好調なTBS。女子アナの退社フリーや熱愛・結婚など話題に事欠かない様子。近年では日本テレビに負けじと若い男性アナウンサーも前面に出し売り出し中となっています。個性派アナウンサーが揃っているニュース・ドラマ・バラエティにバランスの取れた在京キー局です。

テレビ朝日

テレビ朝日のアナウンサー一覧

TBSアナウンサーが「テレ朝のアナウンサーが自社内の雰囲気が良いと語っていた」と羨ましがる状態になっているらしいテレビ朝日。ドラマは安定した視聴率を稼ぎ、報道ステーションなど看板ニュース番組も同時間帯の他局を寄せ付けないのだから勢いが衰えないのも納得かもしれません。