ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

テレビ・ラジオ・ネットに出ているタレント・アナウンサー・キャスター・気象予報士・コメンテーターを見て「あれは誰?」と思ったことはありますか?そんな疑問をスッキリと解消します!

NHK総合「潜れ!さかなクン」出演者&番組情報

「潜れ!さかなクン」はNHK総合で不定期に放送されている海洋探検バラエティ。

タレントで東京海洋大学客員准教授の”さかなクン”の冠番組。
NHKの潜水撮影チームとさかなクンがタッグを組み、海に潜って探検、海の世界がどうなっているのかを紹介していく。

第1弾は2018年3月30日に放送し、東京湾の海の中を探索した。
その後、8カ月ほどの期間を経て2019年1月5日に第2弾「世界遺産 長崎・五島の海へ」を放送。
以降は、概ね3か月に1回ほどのペースで最新シリーズを公開している。

番組は、さかなクンと進行役のNHK女子アナ、さらに3名ほどの芸能人ゲストと主に地質の専門家が出演者に名を連ねる。

最新放送は2021年5月4日「ギョギョギョ宮古島スペシャル」。
宮古島を舞台に人工魚礁やサメとの闘い伝統、伝統の潜り漁、宮古島の海を泳ぐ魚などを紹介していく。

主な出演者

レギュラー

さかなクン

さかなクンのあいうえお魚くいずかん 改訂版 (小学館ワンダーランドブックス)

魚類学者、タレント
東京海洋大学名誉博士、東京海洋大学客員准教授

1975年8月6日生まれ、東京都出身の1046歳
日本動物植物専門学院アニマルケアー科 卒
本名は「宮澤正之(みやざわまさゆき)」
囲碁棋士・宮沢吾朗を父に持つ

高校時代からテレビ東京「TVチャンピオン」に出場し「全国魚通選手権」などで活躍
専門学校卒業後は魚関連のアルバイトを転々としており、その時に書いた魚の絵をキッカケにイラストレーターとしての活動にも繋がっている

現在はテレビ番組にタレントとして出演する他、魚関連のイベント・講演、調査研究を行っている
2010年には絶滅種とされていたクニマスの再発見に大きく貢献したことが話題となった

「潜れ!さかなクン」はタイトル通り”さかなクン”の冠番組で、当然ながら第1弾から出演する

司会進行

首藤奈知子(しゅどうなちこ)

NHKの女子アナ
2003年入局

1979年12月3日生まれ、愛媛県松山市出身の41歳
日本女子大学家政学部被服学科 卒
既婚

初任地は松山放送局
その後、東京アナウンス室や日本語センターへの出向を経て現在は再び松山放送局に勤務している

東京時代には「おはよう日本」や「ブラタモリ」「クイズ 100人力」「週刊ニュース深読み」などでMCやキャスターを担当した人気女子アナである

「潜れ!さかなクン」の第1弾放送から番組の司会進行役として出演している
※第7弾(2021年5月4日)は愛媛放送局からのリモート出演

【2021年5月4日放送】ゲスト

藤井隆(ふじいたかし)

Amazon - ザ・ベスト・オブ藤井隆 AUDIO VISUAL<CD+DVD>

吉本興業所属のお笑い芸人

1972年3月10日生まれ、大阪府豊中市出身の49歳
身長173cm
大阪市立西商業高校 卒
妻はタレント・乙葉

サラリーマンを経て吉本興業のお笑い芸にとして1992年頃にデビュー
吉本新喜劇で演じたオカマキャラがブレイク、全国的な知名度を得ることとなる

2000年にはシングル「ナンダカンダ」で歌手デビュー、NHK紅白歌合戦にも出場
テレビ朝日「EST HIT TV」で演じたキャラクター「マシュー南」も人気を博するなど幅広く活動している

基本的にはお笑いだがドラマや映画に俳優として出演することもあり、ジャンルを問わない活躍を見せている

「潜れ!さかなクン」には、第2弾~第4弾と出演しており、第7弾で4度目の登場となる

公式サイト

ナレーター

奥田民義(おくだたみよし)

クレイジーボックス所属のナレーター

1956年1月26日生まれ、広島県広島市出身の65歳
青山学院大学文学部日本文学科 卒

バラエティ番組のナレーションを担当することが多く、NHK「あさイチ」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」、TBS「がっちりマンデー」、フジテレビ「超ド級!世界のありえない映像列伝」など挙げればキリがない

放送内容

第7弾(2021年5月4日)

番組名

潜れ!さかなクン「ギョギョギョ宮古島スペシャル」

概要

さかなクンがまだ見ぬ海の世界を探検する「潜れ!さかなクン」。第7弾となる今回の舞台は、沖縄の宮古島。透明度40Mとも言われる澄んだ海で、人工魚礁やダイナミックなサメとの闘い、伝統の潜り漁まで。海と共に生き、魚と知恵比べを続けてきた海人たちの世界を味わい尽くす、宮古島スペシャル。カラフルに色づくサンゴの森で泳ぐ、お魚もたっぷりご紹介!

参照:放送時の番組表より
出演者

【出演】さかなクン、藤井隆 【アナウンサー】首藤奈知子

第6弾(2020年8月19日)

番組名

潜れ!さかなクン「探検!沈没船スペシャル」

概要

さかなクンがまだ見ぬ海の世界を探検する「潜れ!さかなクン」。今回は西伊豆&沈没船特集をお送りする。西伊豆の海はちょうど恋の季節。多様な魚が暮らす沈没船でさかなクンが見たものとは!?そしてシラス漁で偶然とれたおもしろ稚魚たちに大興奮!夜の海で美しい浮遊生物の姿を堪能する。さらに海中探査機の第一人者が開発した水中ドローンも登場。戦後、長崎の沖に沈められた旧日本軍の幻の潜水艦へと向かう。

参照:放送時の番組表より
出演者

【出演】さかなクン / 浦環(東京大学生産技術研究所教授) 【アナウンサー】首藤奈知子 【ナレーション】奥田民義

第5弾(2020年5月6日)

番組名
潜れ!さかなクン「熊本・八代海~知られざる神秘の海へ~」
概要

さかなクンが、まだ見ぬ海の世界を探検する「潜れ!さかなクン」。今回の舞台は熊本県の西に位置する八代海。そこでは海底からの湧水がタツノオトシゴの楽園を作っていた!雄が卵を抱き“出産”するという不思議な光景が。そしてさかなクンは夜の海に初挑戦。光るサンゴの不思議な生態に触れる。さらに海上保安庁が発見した謎の海丘の頂上で出会ったいきものとは?さかなクンと海の冒険に出かけよう!

参照:放送時の番組表より
出演者
【出演】さかなクン / いつもここから 【アナウンサー】首藤奈知子 【ナレーション】森脇陸三

第4弾(2019年8月3日)

番組名
潜れ!さかなクン「~火の島 薩摩硫黄島の海へ~」
概要

さかなクンが、まだ見ぬ海の世界を探検する「潜れ!さかなクン」。今回は鹿児島県の火山島・薩摩硫黄島。海は流れ出る温泉成分で赤茶色に染まり、青い海水と混じる変色域はまるでオーロラのよう。「ブクブクと火山ガスが噴き出す海底温泉」「海中に突き刺さる絶壁」などの不思議な光景に、さかなクン大興奮!! エクストリームな海で、魚や生き物たちはどう生きているのか? 夏休み、さかなクンと海の冒険に出かけよう!

参照:放送時の番組表より
出演者
【出演】さかなクン(東京海洋大学客員准教授) / 石川さゆり / 藤井隆 / 足立梨花 【専門家】巽好幸(神戸大学教授海洋底探査センター長)【司会】首藤奈知子 【ナレーション】平野義和

第3弾(2019年5月6日)

番組名
潜れ!さかなクン「熱海 ロマンの海へ」
概要

さかなクンがまだ見ぬ海を潜りまくって探検する「潜れ!さかなクン」。舞台は温泉で大人気の熱海エリア。「かつて海水の温度が上がり、魚がみな死んでしまった」との伝説が残るこの海。潜ってみると海中には、まるで誰かが作り上げたかのような不思議な地形が…。さらに伊豆大島では海中ロッククライミングに挑戦!! 初島沖で見つけたのは、徳川のご紋の入った瓦!? ロマンあふれる熱海の海中散歩。お魚もたっぷりご紹介!

参照:放送時の番組表より
出演者
【出演】さかなクン / 藤井隆 / 安田美沙子 / 叶美香 【専門家】千葉達朗(地質学者・日本火山学会副会長)

第2弾(2019年1月5日)

番組名
潜れ!さかなクン「世界遺産 長崎・五島の海へ」
概要

舞台は世界遺産に認定された長崎・五島列島。潜伏キリシタンなど神秘的なイメージだが、海の中もロマンが一杯。50年近く前に沈んだ謎の巨大沈没船に潜り、大興奮のさかなクン。最新のマルチソナーで探ると、その正体が明らかに…!? さらに「海上にそそり立つ風力発電」の下はどうなっているのか、水中ロボットで調査。「数千匹のクロマグロが泳ぐ養殖場」から「巨大スリバチサンゴ」まで、さかなクンが五島の海を潜り尽くす!

参照:放送時の番組表より
出演者
【出演】さかなクン(東京海洋大学客員准教授) / 浦環(九州工業大学特別教授) / 渋谷正信 / 大原櫻子 / 新井美羽 / 藤井隆 【司会】首藤奈知子 【ナレーション】奥田民義

第1弾(2018年3月30日)

番組名
潜れ!さかなクン
概要

あるときは海底深く走るトンネルへ。またある時は深海に沈む船へ…。私たちがまだ見たことのない水中世界は一体どうなっているのか、さかなクンが潜りまくって探検する新感覚番組! NHKが誇る潜水撮影チームとタッグを組んで、さかなクンが魚になりきって海中を探検! 第1回は東京湾。水中工事や漁礁名人と一緒に、シンゴジラも現れたアクアライン下、山下公園の海、館山の魚の高層マンションなどぶらり散歩します!

参照:放送時の番組表より
出演者
【出演】さかなクン / 荒俣宏 【ゲスト】コカドケンタロウ / 新井美羽 【アナウンサー】首藤奈知子 【ナレーション】奥田民義

過去の主な出演者

専門家

千葉達朗

地質学者
日本火山学会副会長

宮城県石巻出身
日本大学文理学部 卒、日本大学大学院 修了

「赤色立体地図」の発明者で、過去にはNHK「ブラタモリ」にも出演している

巽好幸(たつみよしゆき)

地球科学者
神戸大学教授 海洋底探査センター長

1954年生まれ、大阪府出身
身長193cm
京都大学理学部 卒、東京大学大学院理学系研究科 修了

京都大学総合人間学部や東京大学海洋研究所の教授、海洋研究開発機構プログラムディレクターなどを経て現職

マグマ学を専門としており、身長193cmの巨漢&スキンヘッドが特徴というインパクトある外見の持ち主
2010年には世界から注目されるマグマ学者として「情熱大陸」でも取り上げられた

浦環(うらたまき)

東京大学生産技術研究所 教授
元九州工業大学社会ロボット具現化センター長・特別教授
一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会 代表理事

海中工学の研究者で、長年にわたり自立型の海中ロボット開発に携わる

2017年以降、「伊58呂50特定プロジェクト」 「大洋丸探索プロジェクト」 とった沈没船探査プロジェクトを成功に導いた実績を持つ

Twitterアカウント

放送日時

放送日放送時間サブタイトル放送局
2021年5月4日(火)19:30~20:15ギョギョギョ宮古島スペシャルNHK総合
2020年8月19日(水)19:30~20:42探検!沈没船スペシャル
2020年5月6日(水)19:30~20:43熊本・八代海~知られざる神秘の海へ~
2019年8月3日(土)火の島 薩摩硫黄島の海へ
2019年5月6日(月)19:30~20:45熱海 ロマンの海へ
2019年1月5日(土)19:30~20:45世界遺産 長崎・五島の海へ
2018年3月30日(金)19:30~20:43-

公式サイト / SNS

公式サイト
潜れ!さかなクン - NHK

2019/07/28 更新日

-テレビ番組情報, 教養バラエティ・ドキュメンタリー
-, , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。