ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

テレビ・ラジオ・ネットに出ているタレント・アナウンサー・キャスター・気象予報士・コメンテーターを見て「あれは誰?」と思ったことはありますか?そんな疑問をスッキリと解消します!

アニメ映画「この世界の片隅に」出演声優キャスト・あらすじ&作品情報

「この世界の片隅に」は、こうの史代の漫画、及びそれを原作にマルチメディア展開されている作品群である。
ここでは2016年と2019年に映画化されたアニメーション作品について掲載する。

劇場アニメ「この世界の片隅に」は、片渕須直の監督・脚本で2016年11月12日に公開された作品。

戦時下が舞台となっているが、反戦の強いメッセージ性よりも、主人公のすずが困難な時代背景の中でも懸命に生きていく姿を描くことで、従来の反戦をテーマとした作品とは異なる立ち位置で評されることが多い。

反響や評価はとても大きく、「第40回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞」を始め国内外の映画コンテストにおいて挙げればキリがないほど多数の賞を受賞している。

この世界の片隅に

また、2019年には「この世界の片隅に」でカットされたシーンや新たなシーンを大幅に追加した長尺バージョン「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が公開された。

テレビでは、2019年8月3日と2020年8月9日(共に8月6日・原爆の日 前後)にNHK総合で地上波放送が行われている。

PR動画



原作

こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

ストーリー

「この世界の片隅に」あらすじ

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」あらすじ

広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。 昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。

「この世界の片隅に」と「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の違い

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、「この世界の片隅に」でカットされた絵コンテや新規カット、約40分相当を追加した「この世界の片隅に」の長尺バージョン。

ストーリーの格子に差異はなく、「この世界の片隅に」では描かれなかった「すずとリンの交流を描いた昭和19年秋、昭和20年冬~春のエピソード」「昭和20年9月の枕崎台風のシーン」などの季節のエピソードが追加されている。

このため、特に「すず・周作・リン」の関連性や複雑に動く想いが描写され、それぞれの人間性が浮き彫りとなったことから「この世界の片隅に」とはテーマが若干異なる「別作品」とも言える作品となった。

主要キャスト

キャスト一覧

声の出演役名役の説明など
のんほうじょう すず
北條すず
主人公 / 周作の妻
ほそや よしまさ
細谷佳正
ほうじょう しゅうさく
北條周作
すずの夫
おみ みのり
尾身美詞
くろむら けいこ
黒村径子
周作の姉
いなば なつき
稲葉菜月
くろむら はるみ
黒村晴美
径子の娘
うしやま しげる
牛山茂
ほうじょう えんたろう
北條円太郎
周作の父
しんたに まゆみ
新谷真弓
ほうじょう さん
北條サン
周作の母
おの だいすけ
小野大輔
みずはら てつ
水原哲
すずの幼馴染
いわい ななせ
岩井七世
しろき りん
白木リン
遊廓「二葉館」遊女
はん めぐみ
潘めぐみ
うらの すみ
浦野すみ
すずの妹
こやま つよし
小山剛志
うらの じゅうろう
浦野十郎
すずの父
つだ ますみ
津田真澄
うらの きせの
浦野キセノ
すずの母
きょうだ ひさこ
京田尚子
もりた いと
森田イト
すずの祖母
しぶや てんがい
澁谷天外
駅の警官
「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」追加キャスト
はなざわ かな
花澤香菜
テル遊廓「二葉館」遊女

「この世界の片隅に」出演キャスト

のん

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版
主人公 / 周作の妻
北條すず(ほうじょう すず)
旧姓:浦野(うらの)。絵を描くことが好きでな女性。広島で海苔梳きの家業を手伝っていたが幼少に一度だけ会った周作との縁談により18歳で北條家に嫁ぎ、呉での生活を始める。幼少期に座敷わらしやばけもんといった存在と出会う不思議な体験をしている。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」では白木リンとのエピソードが追加されており、周作とリンの関係に気付くもそっと胸の内にしまうなど大人びた内面が協調されている
プロフィール
生年月日:1993年7月13日(27歳)
出身地:兵庫県神崎郡神河町出身
身長:166cm | 血液型:A型
旧芸名:能年玲奈(のうねんれな)
代表作
【ドラマ】
■TBS「サマーレスキュー~天空の診療所~」鈴木真子 役
■日本テレビ「高校生レストラン」宮沢真帆 役
■NHK連続テレビ小説「あまちゃん」天野アキ 役
【映画】
■「ホットロード」宮市和希 役
■「海月姫」倉下月海 役
■「星屑の町」愛 役(「のん」名義)

細谷佳正(ほそや よしまさ)

細谷佳正のちょっと聞いてって~♪♪♪ (CDジャーナルムック)
すずの夫
北條周作(ほうじょう しゅうさく)
海軍軍法会議所の録事(書記官)として働く生真面目な性格の青年。幼少にすずと出会っており、後に彼女を探し出して結婚を申し込んだ。呉で新生活を送るすずに優しく接する。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」では白木リンとの関係に妻・すずが気付くなどカットされたエピソードが追加されている
プロフィール
生年月日:1982年2月10日(38歳)
出身地:広島県尾道市出身
身長:175cm | 血液型:B型
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「ちはやふる」綿谷新 役
■「キングダム」王賁 役
■「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オルガ・イツカ 役
■「僕のヒーローアカデミア」常闇踏陰 役
【吹き替え担当俳優】
■アンセル・エルゴート
■テイラー・ロートナー

尾身美詞(おみ みのり)


周作の姉
黒村径子(くろむら けいこ)
時計屋に嫁いでいたが夫の病死後に北條家に娘・晴美と共に戻った。息子・久夫を嫁ぎ先の跡継ぎとして残してきている。自由奔放で活動的な性格をしており、すずとは対照的にテキパキと働く
プロフィール
生年月日:1984年5月30日(36歳)
出身地:東京都出身
身長:154cm | 血液型:O型
母親は元キャンディーズ・藤村美樹
代表作
【舞台】
■「切り子たちの秋」佐久間直子 役
■「フォーカード」小野真理子 役
■「見よ、飛行機の高くとべるを」大槻マツ 役
【洋画吹き替え】
■「クリミナル・マインド 国際捜査班」メイ・ジャーヴィス(演:アニー・ファンケ)役
【アニメ】
■「この世界の片隅に」黒村径子 役
■「無限の住人-IMMORTAL-」たんぽぽ 役

稲葉菜月(いなば なつき)


径子の娘
黒村晴美(くろむら はるみ)
母と共に北條家に住む周作の姪。兄から教わったため軍艦に詳しい。すずに懐いており、絵をかいたり船を見たりして過ごしている
プロフィール
生年月日:2005年6月1日(15歳)
代表作
【ドラマ/映画】
■ドラマ「たぶらかし」桐嶋美響(幼少期)役
■映画「八日目の蝉」仁川美紀 役
【邦画アニメ】
■「思い出のマーニー」7歳の久子 役
■「この世界の片隅に」黒村晴美 役
【海外アニメ】
■「アナと雪の女王」幼いアナ 役
■「アラジン」リアン 役

牛山茂(うしやま しげる)


周作の父
北條円太郎(ほうじょう えんたろう)
海軍の呉工廠に技師として務める。温厚でのんびりとした性格
プロフィール
生年月日:1952年1月25日(68歳)
出身地:長野県出身
身長:173cm
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「こちら葛飾区亀有公園前派出所」日暮熟睡男(初代)役
■「この世界の片隅に」北條円太郎 役
■「ULTRAMAN」エド 役
【吹き替え担当俳優】
■ウィリアム・フィクナー
■デヴィッド・ストラザーン
■ブライアン・クランストン

新谷真弓(しんたに まゆみ)


周作の母
北條サン(ほうじょう さん)
足を痛めており普段は安静に過ごしている。長男の嫁であるすずにも優しく接しており夫同様に温和な性格で描かれている
プロフィール
生年月日:1975年11月6日(44歳)
出身地:広島県出身
身長:156cm | 血液型:B型
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「彼氏彼女の事情」芝姫つばさ 役
■「キルラキル」蛇崩乃音 役
■「地球少女アルジュナ」シンディ・クライン 役
■「フリクリ」ハルハラ・ハル子 役
■「黒執事 Book of Circus」ウェンディ 役
■「ザ・キング・オブ・ファイターズ2002」アンヘル 役

小野大輔(おの だいすけ)

「STARGAZER」 (通常盤)
すずの幼馴染
水原哲(みずはら てつ)
小学校時代のすずの幼馴染でガキ大将。後に海軍に入隊、重巡洋艦「青葉」の乗員となる。すずとは互いに恋心を意識していた仲だが、結局結ばれることはなかった
プロフィール
生年月日:1978年5月4日(42歳)
出身地:高知県高岡郡佐川町出身
身長:175cm | 血液型:O型
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「涼宮ハルヒの憂鬱」古泉一樹 役
■「進撃の巨人」エルヴィン・スミス 役
■「ジョジョの奇妙な冒険」空条承太郎 役
■「おそ松さん」松野十四松 役
■「宇宙戦艦ヤマト2199」古代進 役
■「デュラララ!!」平和島静雄 役

岩井七世(いわい ななせ)

遊廓「二葉館」遊女
白木リン(しろき りん)
買い物帰りに遊郭に迷い込んだすずを助け親しくなった女性。すずと同じく広島市の出身で悩むすずに『この世界にそうそう居場所はなくなりゃせんよ』と声をかける。映画のエンドロールで、実は幼少期にすずと出会っていた原作短編「大潮の頃」のエピソードが描写されている。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」ではリンとの交流シーンが追加されており、リンと周作の関わりにすずが気付くなど深い人間関係のエピソードが追加されたことでキャラクターの重要性が増している
プロフィール
生年月日:1989年4月23日(31歳)
出身地:神奈川県出身
身長:167cm | 血液型:A型
代表作
【ドラマ】
■テレビ朝日「Sh15uya シブヤフィフティーン」ナミ 役
■テレビ静岡「からくり侍 セッシャー1 第二章」沙矢香 役
【映画】
■「あいのこころ」長谷川あい 役
■「傷だらけの悪魔」墨田葉子 役
■「浄霊探偵」白木枇杷子 役
【アニメ映画】
■「この世界の片隅に」白木リン 役

潘めぐみ(はん めぐみ)


すずの妹
浦野すみ(うらの すみ)
すずと1歳年下、しっかり者の美人。女子挺身隊として陸軍の工場に動員されている。ほのかに想い合う仲の美男子将校がいる
プロフィール
生年月日:1989年6月3日(31歳)
出身地:東京都出身
身長:155cm | 血液型:O型
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「HUNTER×HUNTER」ゴン=フリークス 役
■「ハピネスチャージプリキュア!」白雪ひめ(キュアプリンセス)役
■「俺物語!!」大和凛子 役
■「フルーツバスケット」草摩紅葉 役
■「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」アルテイシア・ソム・ダイクン(セイラ・マス)役
【吹き替え担当女優】
■クロエ・グレース・モレッツ

小山剛志(こやま つよし)


すずの父
浦野十郎(うらの じゅうろう)
かつて海苔の養殖業を営んでいたが埋め立てで廃業。その後は埋め立て地に建設された工場に勤めている
プロフィール
生年月日:1967年10月4日(52歳)
出身地:愛知県出身
身長:180cm | 血液型:A型
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「うたわれるもの」クロウ 役
■「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません」ギュンター 役
■「ゼロから始める魔法の書」傭兵 役
■「ノクターンブギ」影山狩宇 役
■「BLAZBLUE」シシガミ=バング 役
【洋画吹き替え】
■「FBI: 特別捜査班」ジュバル・バレンタイン(演:ジェレミー・シスト)役

津田真澄(つだ ますみ)


すずの母
浦野キセノ(うらの きせの)
プロフィール
生年月日:1963年9月11日(57歳)
出身地:山口県出身
身長:164cm | 血液型:O型
代表作
【テレビアニメ】
■名探偵コナン
■GTO
【アニメ映画】
■「この世界の片隅に」浦野キセノ 役
【洋画吹き替え】
■「エネミー・オブ・アメリカ」カーラ・ディーン(演:レジーナ・キング)役
■「Ray/レイ」マージー・ヘンドリックス(演:レジーナ・キング)役
■「バンブルビー」サリー・ワトソン(演:パメラ・アドロン)役

京田尚子(きょうだ ひさこ)

すずの祖母
森田イト(もりた いと)
広島県西部の古江から草津に嫁いだすずの祖母。すずの叔父一家と海苔梳き業を営む
プロフィール
生年月日:1935年2月22日
出身地:東京都出身
身長:144cm | 血液型:O型
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「ポパイ」オリーブ 役
■「幽☆遊☆白書」幻海 役
■「グランブルーファンタジー」ロジーヌ 役
【吹き替え担当女優】
■アンジェラ・ランズベリー
■ベティ・ホワイト
■リンダ・ハント
公式サイト

澁谷天外(しぶや てんがい)


駅の警官
駅で手荷物検査をする警察の経済課員 ※特別出演
プロフィール
生年月日:1954年12月1日(65歳)
出身地:大阪府出身
身長:173cm | 血液型:O型
代表作
【ドラマ】
■NHK大河ドラマ「炎立つ」清原武衡 役
■NHK連続テレビ小説「まんぷく」熊倉源三郎 役
■NHK連続テレビ小説「スカーレット」城崎剛造 役
【映画】
■「秋深き」寺田倫太郎 役
■「青木ヶ原」紙問屋の番頭 役
■「この世界の片隅に」駅の警官 役 ※特別出演

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」追加キャスト

花澤香菜(はなざわ かな)

花澤香菜写真集「How to go?」 (B.L.T.MOOK)
遊廓「二葉館」遊女
テル
リンと同じ遊郭で働く九州出身の女性。客の若い水兵に巻き込まれ川に飛び込み風邪をこじらせる
プロフィール
生年月日:1989年2月25日(31歳)
出身地:東京都出身
身長:158cm | 血液型:AB型
代表作
【アニメ/ゲーム】
■「To LOVEる -とらぶる-」結城美柑 役
■「化物語」千石撫子 役
■「FAIRY TAIL」ゼーラ 役
■「はたらく細胞」赤血球 役
■「五等分の花嫁」中野一花 役
【洋画吹き替え】
■「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」カサンドラ・ケイン(演:エラ・ジェイ・バスコ)役

サブキャスト

声の出演役名役の説明など
大森夏向うらの よういち
浦野要一
「鬼(おに)いちゃん」と呼ばれる腕白なすずの兄。陸軍の軍人だったが出征先のニューギニアで戦死したと知らせが届く
めぐろ みな
目黒未奈
マリナすずの叔母。母・イトと(広島の)草津で同居し夫と主に海苔梳き業を営む
いけだ ゆいね
池田優音
ちづこ
千鶴子
マリナの娘、すずの従妹
みやけ けんた
三宅健太
ばけもん幼少期に広島の街中ですずと周作をさらおうとした存在。その正体はハッキリと描写されていないが、すずの兄・要一と解釈も可能な要素が劇中に含まれる
とちの ゆきとも
栩野幸知
憲兵軍艦をスケッチしていたすずを「間諜行為(スパイ)」と叱責、スケッチブックを押収する
おぎの さおり
荻野沙織(「A応P」メンバー※当時)

行進する女学生たち
※キャストの5名は出演当時、全員アイドルグループ「A応P」に在籍
さくらな りさ
桜奈里彩(「A応P」メンバー※当時)
ともえ けい
巴奎依(「A応P」メンバー※当時)
ひろせ ゆうき
広瀬ゆうき(「A応P」メンバー※当時)
みずき あおい
水希蒼(「A応P」メンバー※当時)
やぎ なお
八木菜緒(文化放送アナウンサー※当時)

女性アナウンサー
原爆投下日の朝にラジオで情報を伝えていた女性アナウンサー
ささき のぞむ
佐々木望

小林の伯父
周作の父・円太郎の姉夫妻で、周作にとっては伯父&伯母にあたる。すずと周作の仲人を務めた。空襲で自宅を焼失して以降は北條家に同居する
しおた ともこ
塩田朋子

小林の伯母
せた ひろみ
瀬田ひろ美

知多さん
北條家と同じ隣保班(隣組)のご近所さんたち
たちばなことね
刈谷さん
せみ きくよ
世弥きくよ

堂本さん

映画情報

この世界の片隅に

公開日2016年11月12日
上映時間129分
配給東京テアトル
製作費2.5億円
興行収入27億円

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

公開日2019年12月20日
上映時間168分
配給東京テアトル

スタッフ

担当名前
原作こうの史代
監督・脚本片渕須直
音楽コトリンゴ
企画丸山正雄
監督補・画面構成浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督松原秀典
美術監督林孝輔
色彩設計坂本いづみ
動画検査大島明子
撮影監督熊澤祐哉
編集木村佳史子
音響効果柴崎憲治
録音調整小原吉男
プロデューサー真木太郎
後援呉市広島市
後援《「この世界の(さらにいくつもの)片隅」追加》日本赤十字社
助成文化庁文化芸術振興費補助金
法務桶田大介
配給東京テアトル
アニメーション制作MAPPA
製作統括ジェンコ
製作《この世界の片隅に》「この世界の片隅に」製作委員会
製作《この世界の(さらにいくつもの)片隅》2019「この世界の片隅に」製作委員会

テーマソング

主題歌

みぎてのうた / コトリンゴ

オープニングテーマ

悲しくてやりきれない / コトリンゴ

エンディングテーマ

たんぽぽ / コトリンゴ

挿入歌

隣組 / コトリンゴ

映像・音楽CD

Amazon Prime Video

Blu-ray / DVD

サウンドトラック

書籍

公式サイト / SNS

公式サイト
この世界の片隅に【映画】
公式サイト
この世界の(さらにいくつもの)片隅に【映画】
Twitter
@konosekai_movie
Facebook
@konosekai.movie

2020/08/07 更新日

-映画出演キャスト&あらすじ情報
-, , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。