ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!

テレビ・ラジオ・ネットに出ているタレント・アナウンサー・キャスター・気象予報士・コメンテーターを見て「あれは誰?」と思ったことはありますか?そんな疑問をスッキリと解消します!

クロスカントリー日本選手権2021 | 出場選手・結果一覧&放送情報【RKB】

「日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競争」は福岡県福岡市にある「海の中道海浜公園」で行われる陸上競技会である。

1987年に「福岡国際クロスカントリー大会」として第1回が開催され、毎年2月~3月頃に行われている。
2016年からは「日本陸上競技選手権大会のクロスカントリ-競技」として開催されるようになった。

また「世界クロスカントリー選手権大会」の日本代表選手選考会も兼ねた大会となっている。

そもそもクロスカントリ-とは一般的な長距離走とは異なり、整備されていない野山で長距離走を行う競技である。
シニアとU20(ジュニア)の大会が開催され、シニア男性が12km、シニア女子とU20男子が8km、U20女子が6kmを走り、タイムを競う。

テレビ中継はRKB毎日放送が制作しTBS系列で全国ネット(開催当時のに収録、夕方に録画放送)される。

最新の大会は2021年2月27日「第104回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走」。

大会情報

大会名

第104回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走
第36回U20日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走

スタート日時

2021年2月27日(土)
【U20男子(8km)】13:50~
【U20女子(6km)】14:30~
【シニア女子(8km)】15:00~
【シニア男性(10km)】15:40~

コース

国営海の中道海浜公園クロスカントリーコース
福岡市東区西戸崎18-25

主催・共催など

【主催】日本陸上競技連盟 / 福岡市 / 株式会社TBSテレビ / RKB毎日放送株式会社 / 国営海の中道海浜公園
【共催】日本実業団陸上競技連合 / 日本学生陸上競技連合
【後援】福岡県 / 福岡県教育委員会 / 福岡市教育委員会 / 福岡県スポーツ協会 / 福岡市スポーツ協会 / 朝日新聞社 / 九州旅客鉄道株式会社 / 西日本鉄道株式会社
【主管】福岡陸上競技協会
【運営協力】九州学生陸上競技連盟
【特別協賛】ビー・シー・エー株式会社
【協賛】出光興産株式会社

出場選手・結果一覧

※大会の結果は放送終了後に追記

シニア男子

順位選手所属自己ベスト結果
1位三浦龍司(MiuraRyuji) / 京都順天堂大学29:10
2位松枝博輝(MatsuedaHiroki) / 千葉富士通29:10
3位今井篤弥(ImaiAtsuya) / 福岡トヨタ自動車九州29:16
4位田村和希(TamuraKazuki) / 兵庫住友電工29:17
5位鈴木塁人(SuzukiTakato) / 京都SGホールディングスグループ29:18
6位田村友佑(TamuraYusuke) / 福岡黒崎播磨29:20
7位藤本珠輝(FujimotoTamaki) / 兵庫日本体育大学29:21
8位川瀬翔矢(KawaseShoya) / 三重皇學館大学29:24
9位武藤健太(MutoKenta) / 東京JR東日本29:24
10位島貫温太(ShimanukiAtsuto) / 東京GMOインターネットグループ29:27

シニア女子

順位選手所属自己ベスト結果
1位萩谷楓(HagitaniKaede) / 大阪エディオン25:54
2位酒井美玖(SakaiMiku) / 福岡北九州市立高校26:20
3位和田有菜(WadaYuna) / 長野名城大学26:21
4位田中希実(TanakaNozomi) / 兵庫豊田自動織機TC26:22
5位川口桃佳(KawaguchiMomoka) / 愛知豊田自動織機26:35
6位鷲見梓沙(SumiAzusa) / 千葉ユニバーサルエンターテインメント26:58
7位山ノ内みなみ(YamanouchiMinami) / 鹿児島京セラ27:11
8位阿部有香里(AbeYukari) / 埼玉しまむら27:16
9位平井見季(HiraiMiki) / 熊本肥後銀行27:22
10位関谷夏希(SekiyaNatsuki) / 千葉大東文化大学27:23

実況中継の主な出演者

出演者

【スタジオ解説】
瀬古利彦(日本陸連 マラソン強化戦略プロジェクトリーダー)
増田明美(スポーツジャーナリスト)
原晋(青山学院大学陸上競技部 長距離ブロック監督)

【スタジオMC】
上村彩子(TBSアナウンサー)

【男女レース解説】
両角速(東海大学陸上競技部中長距離ブロック 中長距離・駅伝監督)

【レース実況】
宮脇憲一(RKBアナウンサー)

【インタビュー】
本田奈也花(RKBアナウンサー)

【U-20競技ネット配信実況】
井口謙(RKBアナウンサー)

スタジオゲスト

瀬古利彦(せことしひこ)

瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと (中経の文庫)

元マラソン選手
DeNAランニングクラブ エグゼクティブアドバイザー
日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダー

1956年7月15日生まれ、三重県桑名市出身の65歳
早稲田大学競走部 卒
身長170cm

現役時代はマラソン選手として「福岡国際マラソン」「ボストンマラソン」など様々な大会で優勝
ロサンゼルスオリンピック(14位)、ソウルオリンピック(9位)となどに出場
ボイコットのモスクワオリンピックも含めれば3大会で代表に選出されている

現役引退後は指導者としてヱスビー食品陸上部監督や早稲田大学競走部のコーチなどを歴任

また箱根駅伝やマラソン中継など解説者としてメディア出演も多いお馴染みの人物である

2019年6月にDeNAランニングクラブの総監督を退任、現在はエグゼクティブアドバイザーとなっている

増田明美(ますだあけみ)

#37 「マラソンの世界」「お守りの世界」

スポーツジャーナリスト
元・女子マラソン、及び元・陸上競技長距離走選手

1964年1月1日生まれ、千葉県いすみ市出身の57歳
法政大学経済学部 卒
身長150cm

アスリートとしてのキャリアは、陸上の長距離選手として1981年のアジア陸上競技選手権で3000m優勝

1982年からマラソン出場、大阪女子マラソンや北海道マラソンなどで好成績を収める

1984年のロサンゼルスオリンピックでは女子マラソン日本代表として出場したが途中棄権という結果に終わっている

引退後はスポーツジャーナリストやマラソン解説者として活動
出場選手の細やかな情報を調べ尽くして中継に差し込む解説手法で視聴者から好評を得ている

原晋(はらすすむ)

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

青山学院大学陸上競技部の監督、コメンテーター、テレビタレント

1967年3月8日生まれ、広島県三原市糸崎町出身の54歳
中京大学 卒

2015年の第91回箱根駅伝で青山学院大学初の往復路・総合優勝に導くと、以降2019年を除いて連覇
青学を常勝軍団に育て上げた人物として知られ、指導者・教育者としてもその手腕が評価されている

現在も青学の監督を務める傍ら、TBS「ひるおび」、日本テレビ「シューイチ」「バンキシャ」、読売テレビ「ミヤネ屋」などワイドショー・情報番組へのコメンテーターとしても活躍する

Twitterアカウント

レース解説

両角速(もろずみ はやし)

「人間力」で闘う 佐久長聖高校駅伝部強さの理由

元・陸上選手
東海大学陸上競技部中長距離・駅伝監督

1966年7月5日生まれ、長野県茅野市出身の55歳
東海大学体育学部 卒

東海大では箱根駅伝に出場
大学卒業後は日産自動車やダイエーで活躍したがオリンピック出場は果たせず、1995年以降は指導者となり佐久長聖高校を陸上長距離の名門に育て上げた

2011年からは東海大学陸上競技部駅伝監督に就任
2019年には第95回箱根駅伝で東海大学を初の総合優勝に導いた

近年の「クロスカントリー日本選手権」中継における競技解説を担当している

レース実況

宮脇憲一(みやわきけんいち)

RKB毎日放送の男性アナウンサー
2008年入社

1984年10月16日生まれ、三重県四日市市出身の37歳
早稲田大学 卒
血液型はO型

入社後はバラエティ番組を始めエンタメ系を中心に担当することが多かったが、現在は野球や陸上などスポーツ実況&リポートが中心となっている

また2018年4月からは「サンデーウォッチ」のメインキャスターにも就任しており、スポーツに加えて情報番組でも活躍する

近年の「クロスカントリー日本選手権」中継におけるメイン実況を担当しているアナウンサーである

インタビュー

本田奈也花(ほんだななか)


RKBの女子アナ

1998年2月15日生まれ、長崎県長崎市出身の23歳
青山学院大学経済学部経済学科 卒

2020年4月にRKB毎日放送にアナウンサーとして入社
フジテレビの第34期アナトレ出身で学生時代に「BSフジNEWS」で学生キャスターを務めていた

2歳から16歳までクラシックバレエを習っており体が柔らかいという特技を持つ
その他、趣味・特技は踊ること、バイオリン、ピアノ、お笑い、舞台鑑賞など

放送局

RKB毎日放送制作、TBS系全国28局ネット

放送日時

2021年2月27日(土) 15:30 ~ 17:00

公式サイト / SNS

公式サイト
クロスカントリー日本選手権|RKB毎日放送
Webサイト
クロカン日本選手権2021_TOP
Webサイト
第104回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走/第36回U20日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations

2021/02/26 更新日

-未分類
-, , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。