アナウンサーNewsこむ【最強の出演者情報サイト】

「 NHK教養・バラエティ番組 」 一覧

野生動物のイメージ

NHK「鑑定!どうぶつ不動産」出演者&番組情報

「鑑定!どうぶつ不動産」はNHK BSプレミアムの動物バラエティ番組。野生動物の住処をテーマに、彼らの暮らしや生態を動物カメラマンたちが手作りカメラで撮影した動画で紹介していく。同番組の特徴は、野生動物の住処を人間の不動産価値に置き換えて査定する点である。そこから人間の本来あるべき生き方や将来の暮らし方などにも視野を広げていくと共に視聴者が感情移入しやすい番組作りが心掛けられている。2018年12月30日に年末の特番としてNHK BSプレミアムで放送。2020年1月3日には第2弾、さらに1月13日にはNHK総合で第1弾を放送するに至っている注目の番組である。この記事では「鑑定!どうぶつ不動産」の出演者&番組情報を中心に掲載する。

新春・正月のイメージ

NHK「新春生放送!東西笑いの殿堂2020」出演芸人一覧

「新春生放送!東西笑いの殿堂」はNHK総合で毎年1月3日に生放送される演芸特番。1994年から初笑い東西寄席」として開始。2017年からは「新春生放送!東西笑いの殿堂」として番組名がリニューアルされた。番組名のとおり、東西の漫才師や落語家など様々なジャンルの芸人が出演する演芸番組である。東京・大阪にある4つの寄席・演芸場から中継をつなぎ、各芸人のネタを生放送する。出演は主に「吉本興業」「落語協会」「落語芸術協会」「松竹芸能」に所属する芸人となる。この記事では、最新の放送は2020年1月3日放送「新春生放送!東西笑いの殿堂2020」の出演芸人の情報をまとめたものである。

新春・正月のイメージ

NHK「2020年新春!ニッポン“にぎわい”リレー」MC&ゲスト出演者一覧

「2020年新春!ニッポン“にぎわい”リレー」はNHK総合が2020年1月1日に放送する新春特番。全国6か所からお正月の模様を生中継で紹介していく内容である。番組で中継を結ぶ箇所は以下の6つ。【北海道岩見沢】【山形・肘折温泉】【大宮・氷川神社】【鳥取・砂の美術館】【香川県多度津港】【国立競技場】番組の司会は三宅裕司、ベッキー、NHK阿部渉アナ。その他、多数のスタジオゲストと中継リポーターが出演する。番組は2部構成となっており、第1部が9:05~11:54。その後、ニュースや気象情報を挟んで12:15~13:00まで第2部を放送。この記事では「2020年新春!ニッポン“にぎわい”リレー」の出演者情報を中心にまとめた。

懐中時計・時間のイメージ

NHK「ドキュメント72時間」ナレーター&年末スペシャル出演者一覧

「ドキュメント72時間」はNHK総合で放送されているドキュメンタリー。毎回、とある場所に定点観測用のカメラを仕掛け72時間(3日間)の取材を実施。そこから見えてくる居合わせた人々の人間模様を紹介していく。2005年12月28日にパイロット版を放送。2006年10月からレギュラー番組としてスタート、約半年の放送を終え第1シリーズが終了した。2013年4月に番組が復活。レギュラー放送の第2シリーズが金曜日の夜にスタートして以降、現在まで放送が継続している。番組はナレーションベースで進行第1シリーズからのナレーターである女優・吹石一恵や鈴木杏を中心に様々な俳優が担当する。また年末には特番が放送され、1年の振り返りや座談会の様相を呈しておりレギュラー放送とは異なったスタイルの特別編となっている。この記事では「ドキュメント72時間」の主要なナレーターや特番の出演MCなどの情報を掲載する。

孤独・ひとりのイメージ

NHK総合「さよなら!アローン会」出演者情報

「さよなら!アローン会」はNHKが不定期に放送するバラエティ番組である。「アローン会」とは、吉本興業に所属する”独身芸人”のみで構成されたプライベートなグループで、今田耕司や岡村隆史らがメンバーとして参加。そもそも公式なグループではないが、彼らの出演するメディアでたびたび「アローン会」の名前が飛び出していたことからファンの間ではその存在が認識されていたようである。その「アローン会」をテーマとした番組がNHK総合の「さよなら!アローン会」である。2019年5月4日に第1弾を放送。「アローン会」のメンバーが、結婚や人生について語るトークバラエティとして好評だったことから第2弾の放送に至っている。第1弾ではメインとなる出演者は4人だったが、第2弾では徳井義実が離脱したため3人となった。この記事では「さよなら!アローン会」の出演者情報を中心に掲載する。

ロボット・機械・近未来のイメージ

NHK「高専ロボコン2019」地方&全国大会 各放送の出演者情報

「高専ロボコン」は正式名称を「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」と呼ぶ。これは1988年から始まった全国の高等専門学生をターゲットとしたロボット製作の競技会である。NHKと全国高等専門学校連合会が主催を務める。10代に「自らの頭で考え、自らの手でロボットを作る」ことで発想の柔軟性や物づくりの大切さを知ってもらうことがイベントの大きな趣旨となっている。最新のコンテストは「高専ロボコン2019」。テーマは「らん♪ RUN Laundry」で「洗濯物干し」が競技の課題となっている。テレビ中継は例年通りNHKが地方大会から放送。全国大会も放送が予定されている。この記事では「高専ロボコン」のテレビ中継における司会や実況、解説、ゲストなど各出演者の情報を掲載する。

昭和のイメージ画像

NHK「ミラクルトラベル 熱狂の1964東京へ」MC・ゲスト&ナレーション出演者情報

「ミラクルトラベル 熱狂の1964東京へ」はNHKのバラエティ番組。2020年の東京オリンピック(第32回夏季オリンピック)開催を控え、1964年の東京オリンピック(第18回夏季オリンピック)を振り返る特番である。2000枚以上の懐かしい写真から当時の東京の街並みを現代の技術で再現。当時の熱狂を体感するタイムトラベルような番組となっている。過去の東京の街並みやオリンピックの盛り上がりだけでなく、その時代を駆け抜けたスーパースターの人生哲学、当時の日本に影響を与えた美食なども取り上げる。番組MCは爆笑問題の田中裕二と歌舞伎俳優・中村勘九郎。その他、様々な世代のタレントがゲストとして登場する。この記事では「ミラクルトラベル 熱狂の1964東京へ」の主な出演者情報をまとめた。

コントのイメージ画像

NHK「コントの日」出演者&番組情報

「コントの日」はNHKが放送するバラエティ特番。毎年、何かしらのテーマが設定され、そのテーマに沿った数々のコントが披露される。2018年に第1弾を放送。番組内では「日本コント協会」を発足、ビートたけしが会長に就任。同協会の協会員となるお笑い芸人を中心とした出演者が新作コントを演じている。2019年には第2弾の制作が決定、昨年同様に11月放送となった。最新放送となる2019年11月4日の「コントの日」では昨年より出演ゲストが大幅に増加。人気お笑い芸人だけでなく、足立梨花や倉科カナ、小手伸也、鈴木杏樹、林遣都といったタレント・俳優も登場するとあって注目を集める。この記事ではNHK「コントの日」の主な出演者と番組情報について掲載する。

漫才・ネタ番組のイメージ

「令和元年度 NHK新人お笑い大賞」司会・審査員&若手お笑い芸人 出演者情報

「NHK新人お笑い大賞」はNHK主催の若手演芸コンクールのお笑い部門。落語部門である「NHK新人落語大賞」と合わせて「NHK新人演芸大賞」と総称される。結成10年未満の若手漫才コンビが出場するコンクール。元々は「NHK新人漫才コンクール」「NHK新人落語コンクール」と別々のコンクールとして開催されていたものを統合、名称を変更したものが現在の「NHK新人演芸大賞」となっている。会場は隔年で異なっており、偶数年はNHK渋谷の「みんなの広場ふれあいホール」、奇数年は「NHK大阪ホール」を使用。審査員は西川きよし、渡辺正行、久本雅美といった常連メンバーを含め6~7名ほどで行われる。テレビでは「NHK新人お笑い大賞」と「NHK新人演芸大賞」それぞれ別々に放送する。この記事では2019年度「NHK新人お笑い大賞」のテレビ放送における出演者情報を中心にまとめた。

グルメのイメージ

NHK「お取り寄せ不可!? 列島縦断・宝メシグランプリ2019」MC&プレゼンター出演者情報

「お取り寄せ不可!? 列島縦断・宝メシグランプリ」はNHKのグルメバラエティ。日本各地に隠された知られざる絶品グルメや季節限定の料理を「宝メシ」と称して、全国各地にリポーターを派遣。探し出した「宝メシ」を生放送のスタジオで再現して「グランプリ」を決定するという内容である。2018年に第1弾を放送、好評につき2019年にも第2弾が制作された。NHKの特番でも大規模の部類となり、「宝メシグランプリ」の審査員は100名。一流の料理人や評論家、グルメリポーターなどが勢揃いするという民放各局では実現が難しいレベルとなっている。番組MCはかつて「あさイチ!」の司会を務めたV6の井ノ原快彦&NHKの人気女子アナ・杉浦友紀アナ。さらに「宝メシ」をプレゼンするのは人気タレントとNHKの若手を中心とした全国各地のアナウンサー陣である。この記事では2019年10月14日放送「お取り寄せ不可!? 列島縦断・宝メシグランプリ2019」の出演者情報を中心にまとめた。

ロボット・機械・近未来のイメージ

NHK「ABUロボコン」MC・実況アナ・ナレーター出演者情報

「NHKロボコン」はNHK&NHKエンタープライズが主催するロボット競技コンテスト。1988年に「アイデア対決・独創コンテスト」が創設され、1990年以降に複数の大会が開催されるようになった。現在は以下の3つの大会が開催されている。「高専ロボコン・・・高等専門学校の学生を対象とした大会、各学校別のチーム戦」「ABUロボコン・・・ABU(アジア太平洋放送連合)が主催する大学生を対象とした大会、各大学別のチーム戦」「IDCロボコン・・・世界各国の大学生を対象とした大会、国別対抗で各学校の混合チームが出場」。「ABUロボコン」は上記の通り、アジア太平洋放送連合が主催するロボットコンテスト。2002年から毎年行われており、日本代表は「NHK大学ロボコン」を勝ち抜いた大学チームがその座を射止める。NHKでは総合テレビでその模様が放送されている。この記事では、「ABUロボコン」の番組に関するMC・リポーター・解説・実況・ナレーターなど出演者の情報をまとめたものである。なお、出演者は開催年によって大きく異なるケースが大半を占めている。

陸上・マラソン・駅伝中継の出演者情報

NHK「徹底大予想!マラソングランドチャンピオンシップ女子」司会&ゲスト出演者情報

「徹底大予想!マラソングランドチャンピオンシップ女子」はNHKのスポーツバラエティ。2019年9月15日(日)に東京で開催される「マラソングランドチャンピオンシップ」の事前特番である。「マラソングランドチャンピオンシップ」は2020年の東京オリンピックと同じコースで行われ、さらに大会の上位2名がオリンピック代表に内定するという重要な意味を持つ。テレビ・ラジオ放送は女子マラソンをNHK、男子マラソンをTBSが担当。NHKでは前日となる9月14日に「徹底大予想!マラソングランドチャンピオンシップ女子」と題して当日のレース展開や選手の心理を大胆予想。さらにレースを100倍楽しむ方法などを紹介していく。番組の司会はNHK・杉浦友紀アナ、ゲストには元マラソン選手やお笑い芸人を中心に多数出演する。この記事ではNHK「徹底大予想!マラソングランドチャンピオンシップ女子」の主な出演者情報をまとめた。

NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」ナレーション&番組情報

NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」ナレーション&番組情報

「SWITCHインタビュー」は2013年4月6日から開始されたNHK Eテレのトーク番組。2つの異なる分野で活躍するそれぞれの達人が出会って語り合うという対談形式の番組で、一方の達人がインタビュアーを務め、もう一方の達人がゲストとしてインタビューを受ける形で進行していく。特徴的なのは、番組の前半と後半でインタビュアーとゲストの役割りが入れ替わる「スイッチ」方式が採用されている点。通常、交わることのない達人ふたりの仕事に対する方法論や価値観などクロスインタビューで浮き彫りにしていく。番組ナレーションは、女優・平岩紙と俳優・六角精児が担当。テーマ曲は椎名林檎と作詞家・渡辺あやが手掛ける。以下、「SWITCHインタビュー」に関する番組情報をまとめた。

NHK「フランケンシュタインの誘惑」シリーズ出演者情報

NHK「フランケンシュタインの誘惑」シリーズ出演者情報

「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」と「「サイエンススペシャル フランケンシュタインの誘惑E+」はNHK BSプレミアム、及びNHK Eテレのサイエンスドキュメンタリー番組。科学の歴史に埋もれた”事件”にスポットを当て、科学の魔性的な側面からその本質に迫るスリリングなコンセプトを有している。2015年にNHK BSプレミアムで特番として放送したのを皮切りに、2016年度からはレギュラー番組化。毎月最終週の月1放送が行われていた。2019年度には、NHK Eテレで「サイエンススペシャル フランケンシュタインの誘惑E+」としてレギュラー放送を開始。こちらは過去にBSプレミアムなどで放送された内容を紹介している。番組はナレーションベースの進行パートやゲストを招いたトークパートに分かれているが、基本的に出演者は番組進行とテーマに沿った専門家という最小構成である。この記事では「フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿」及び「「サイエンススペシャル フランケンシュタインの誘惑E+」の出演者情報を中心にまとめた。

NHK「深海プロジェクト」シリーズ出演ナレーター&番組情報まとめ

NHK「深海プロジェクト」シリーズ出演ナレーター&番組情報まとめ

「深海プロジェクト」はNHKの深海生物ドキュメンタリー番組の総称。地球上の95%を占めるという海でも未調査エリアの多い「深海」を舞台に、そこに生息する「伝説の巨大生物」に迫り、撮影を行うという番組シリーズである。これまでに「ワイルドライフスペシャル」や「ザ・プレミアム」「NHKスペシャル」などで数々の番組を放送。特に2013年に放送した「NHKスペシャル シリーズ 深海の巨大生物」では海洋生物学者・窪寺恒己の「ダイオウイカ」撮影を取り上げた内容が菊池寛賞を受賞しており、番組の質の高さが示された形となった。この記事では「深海プロジェクト」で放送されてきた番組の出演者や放送内容などの情報をまとめた。