アナウンサーNewsこむ【アレ誰を即解決

テレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」出演MC・女子アナ&放送内容一覧

「激レアさんを連れてきた。」はテレビ朝日系列で放送されているバラエティ番組。

2016年10月9日から「アップデート大学」というタイトルで放送開始された。
「アップデート大学」としての番組は、世の中のアップデートされた物事を紹介する講義形式の内容だったが2017年9月28日で終了。

2017年10月2日からはタイトルや内容を大幅リニューアルし「激レアさんを連れてきた。」として新たにスタートした。
リニューアルと言うよりは別番組になったと考えても問題はないレベルである。

「激レアさんを連れてきた。」は文字通り、なかなか体験できないレアな経験をした人をゲストに招いて実体験を紹介していくものである。

2019年3月までは月曜深夜の「ネオバラエティ」枠で放送されていたが、2019年4月13日より放送時間を前倒し。
土曜日の22:10~23:10の放送枠に昇格している。

この記事では「激レアさんを連れてきた。」の出演者やゲスト、そして番組の中核となる「激レアな体験をしたゲスト」から特に注目の人物をピックアップして情報をまとめている。

目次

主な出演者

研究員(MC)

若林正恭(わかばやしまさやす)

ご本、出しときますね?

ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビ「オードリー」のツッコミ担当

1978年9月20日生まれ、東京都中央区出身の40歳
東洋大学文学部国文学科 卒
身長169cm、血液型はO型

コンビでのバラエティ出演だけでなく、ピンでMCを務めることも多い

「激レアさんを連れてきた。」にリニューアルされた2017年10月2日から研究員として番組にレギュラー出演している

研究助手(進行)

弘中綾香(ひろなかあやか)

テレビ朝日アナウンサー・弘中綾香
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/

テレビ朝日の女子アナ
2013年入社

1991年2月12日生まれ、神奈川県出身の28歳
慶應義塾大学法学部政治学科 卒

元「ミュージックステーション」の女性司会者
番組卒業後は「激レアさんを連れてきた」「関ジャム 完全燃SHOW」などバラエティ番組を中心に出演している

「激レアさんを連れてきた。」にリニューアルされる前の「アップデート大学」2017年4月13日放送からレギュラー出演している

リポーター

山本雪乃(やまもとゆきの)

テレビ朝日アナウンサー・山本雪乃
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/

テレビ朝日の女子アナ
2014年入社

1991年12月22日生まれ、岡山県出身の27歳
早稲田大学文学部 卒
身長164cm

「激レアさんを連れてきた」に番組リポーターとして出演することがある

ナレーション

ルシファー吉岡(るしふぁーよしおか)

マセキ芸能社所属のお笑い芸人

1979年10月13日生まれ、島根県出身の39歳
東京電機大学大学院理工学研究科 修了
身長172cm、血液型はO型

本名は「吉岡大輔(よしおか だいすけ)」

2016年~2018年のR-1グランプリでは決勝に進出している

窪田等(くぼたひとし)

シグマ・セブン所属の声優・ナレーター

1951年3月27日生まれ、山梨県出身の68歳
身長168cm

様々な番組にナレーターとして出演している「日本で最も忙しいナレーター」のひとりである

代表的な番組はTBS系「情熱大陸」「世界ふしぎ発見」、テレビ朝日系「報道ステーション」、日本テレビ系「超問クイズ」などが挙げられる

アンミカ

アン ミカの幸せの選択力~愛・幸・運に恵まれた人生を手に入れる~

TENCARAT所属のモデル

1972年3月25日生まれの47歳
韓国生まれ、大阪育ち。
身長171cm、スリーサイズは88-65-93cm

バラエティ番組への出演は多いがナレーションを務めるケースは稀と言える

よく出演するゲスト

「アップデート大学」と「激レアさんを連れてきた。」では出演するゲストの傾向がかなり異なっている。

前者は山崎弘也やカンニング竹山、バイきんぐ小峠英二など芸人ゲストと若手女性タレントの組み合わせが中心、後者はゲストのジャンル幅が広くなり芸人や女性タレントに加えて俳優・女優・アーティストなども登場するようになった。

ここでは「激レアさんを連れてきた。」で出演回数の多いゲストを中心にまとめている。

堀田茜(ほったあかね)

堀田茜 2018年 カレンダー 壁掛け B2

オスカープロモーション所属のファッションモデル
ファッション誌「CanCam」の専属モデル

1992年10月26日生まれ、東京都出身の26歳
立教大学文学部 卒
身長160cm、スリーサイズは78-56-79cm

近年は、テレビ朝日「しくじり先生」や日本テレビ「世界の果てまでイッテQ」などバラエティ番組への出演が増えている

「アップデート大学」時代の2017年2月16日、第19回目の放送に1度出演
その後「激レアさんを連れてきた。」となってからは、2017年11月20日(#8)、2018年2月19日(#20)、2018年8月13日(#45)、2018年11月26日(#59)

カズレーザー

#6 キャラがメガ盛りの最新型漫才コンビ

サンミュージック所属のお笑いコンビ「メイプル超合金」のボケ担当

1984年7月4日生まれ、埼玉県加須市出身の34歳
身長180cm、血液型はO型
同志社大学商学部 卒

高学歴芸人のひとりとしてクイズ番組に出演することが多く、テレビ朝日「ミラクル9」「Qさま!!」などにはレギュラー出演

「アップデート大学」時代から何度か出演しており、「激レアさん」になってからも2018年3月26日(#25)、2018年6月18日(#37)、2018年10月29日の特番放送に出演している

横澤夏子(よこさわなつこ)

追い込み婚のすべて (JJムック)

よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑い芸人

1990年7月20日生まれ、新潟県糸魚川市出身の28歳
身長172cm、血液型はA型

「激レアさんを連れてきた。」からゲスト出演しており、2018/3/19(#24)、2018/4/9(#27)、2018/9/3(#48)に登場している

関根勤(せきねつとむ)

全肯定!  関根流・ポジティブ人生相談

浅井企画所属のコメディアン

1953年(昭和28年)8月21日生まれ、東京都港区出身の65歳
身長168cm、血液型はA型、日本大学法学部 卒
娘はタレント・関根麻里

「激レアさんを連れてきた。」からゲスト出演
2018/4/23(#29)、2018/6/25(#38)、2018/10/29の特番放送に登場している

若槻千夏(わかつきちなつ)

うそつきちなつ

プラチナムプロダクション所属のタレント

1984年5月28日生まれ、埼玉県比企郡吉見町出身の34歳
身長160cm、血液型はA型

17歳の時に渋谷でスカウトされグラビアアイドルとしてデビュー
バラエティアイドルとして2006年頃まで様々なテレビ番組で活躍

以降は徐々にクリエイターとしての路線変更を行い、自身のブランドをプロデュース
2015年頃からテレビなどメディア出演を本格的に再開した

「激レアさん」には2018/3/12(#23)、2018/7/1の特番、2018/9/17(#50)の放送にゲストとして出演している

池田美優(いけだみゆう)

MICHOPA MANIA(みちょぱ まにあ)

PANORAMA所属のファッションモデル

1998年10月30日生まれ、静岡県浜松市出身の20歳
身長166cm、血液型はA型

愛称「みちょぱ」

ティーン向け雑誌「Popteen」の読者モデル出身
「関西コレクション」や「東京ガールズコレクション」などにも出演
2017年頃からテレビ出演が増加しておりバラエティ需要の高い人気タレントとなっている

「激レアさんを連れてきた」には2017/12/11(#11)、2018/6/25(#38)、2018/12/3(#60)の放送回にゲスト出演している

濱口優(はまぐちまさる)

濱口女子大学 ~軽トラとテントと鈴木~ スペシャルセレクション [DVD]

松竹芸能に所属するお笑いコンビ「よゐこ」ツッコミ担当

1972年1月29日生まれ、大阪府大阪市此花区出身の47歳
身長168cm、血液型はA型
妻はタレント・南明奈

「激レアさんを連れてきた」には2018/4/16(#28)、2018/7/1の特番放送、2018/9/10(#49)の各放送回にゲスト出演している

注目の激レアさん

ここでは番組の要といえる各放送で取り上げた「激レアさん」の中から注目度の高い内容をピックアップする

岡野雅行(おかのまさゆき)


激レアエピソード
サッカー経験ゼロのヤンキー達を集めてサッカー部を作り強豪チームにするという『ROOKIES』ばりの体験をしたのに、その話をあまりしていない野人・岡野

元・サッカー日本代表選手
現・ガイナーレ鳥取代表取締役GM

1972年7月25日生まれ、神奈川県横浜市港北区出身の46歳
現役時代は浦和レッドやヴィッセル神戸、ガイナーレ鳥取などで活躍
日本代表選手としてワールドカップ初出場に貢献

松江日本大学高等学校(現・立正大学淞南高等学校)時代に1年生でキャプテン&監督としてサッカー部を創設した経験が「激レアさんを連れてきた」で取り上げられた

また、彼の激レアエピソードはその後ドラマ化され、「激アツ!! ヤンキーサッカー部」として2018年9月21日と9月28日にテレビ放送されている

松本救助(まつもときゅうじょ)

激レアエピソード
自分の漫画にテキトーに出したキャラクターのせいでハンガリーの国賓になってしまった人

漫画家

「コミックCawaii!」で連載されていた「Bar:Mangalica」がキッカケでハンガリーの国賓になったエピソードが2017年11月6日に「激レアさんを連れてきた」で紹介された

同漫画はマンガリッツァ豚がマスターを務めるバーの話。
同時期にマンガリッツァ豚を騙った偽物が出回っていたことからハンガリーの食肉加工会社であるピック社が松本救助に協力を依頼

この縁で松本救助はハンガリーの国賓として招待されることとなった

中川学(なかがわまなぶ)

激レアエピソード
オトナのお店でくも膜下出血になって倒れたが、残る力の全てを倒れた場所を隠すことに注いだ人

漫画家

1976年生まれ、北海道中札内村出身
北海道教育大学卒

2005年、29歳の時にクモ膜下出血で倒れた経験があり、2014年にその体験を「くも漫。」というタイトルの漫画を連載
2017年にはお笑い芸人”脳みそ夫”主演で映画化された

そのクモ膜下出血で倒れた際のエピソード(大人のお店=風俗)が2017年11月20日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

寺尾新(てらおしん)

激レアエピソード
ボクシング界の伝説マニー・パッキャオと戦ったおかげで、フィリピンパブでめちゃめちゃモテている人

キックボクサー、元プロボクサー

1970年12月24日生まれ、東京都八王子市出身の48歳

キックボクシングでデビューしたが、1995年にプロボクサーに転向
1998年に当時のOPBF東洋太平洋フライ級王者だったマニー・パッキャオ(フィリピン出身のプロボクサー、後に史上2人目の6階級制覇を果たした)と後楽園ホールでノンタイトル戦を行った
試合結果は1R2分59秒でKO負けしている

1999年7月3日にボクシングを引退、その後プロレスや総合格闘技を経て2005年からキックボクシングに復帰

ボクサー時代にパッキャオと戦ったことに由来したエピソードが2017年12月18日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

吉田一郎(よしだいちろう)

激レアエピソード
伝説の無法地帯“九龍城”で、ただ「物件が安い」という理由で1人暮らししていた人

現・さいたま市議会議員

1963年11月3日生まれ、東京都北区出身の55歳
法政大学社会学部応用経済学科 卒、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学専攻修士課程 修了

学生時代から香港などに興味を持ち、大学在学中に香港中文大学に留学
日本語学校講師としてアルバイトをしつつ、生活していた拠点が九龍城砦(巨大なスラム街)だった

これは東京より家賃が高い香港で1件だけ異常に安い物件があったために本人が飛びついた結果「九龍城砦」だったということであり、彼が率先して「九龍城砦」を選んだわけではないという

このエピソードが2017年12月25日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

鷲見恵理子(すみえりこ)

激レアエピソード
有名なコンクールで優勝しヨーロッパの貴族たちの前で演奏を行っていた世界的バイオリニストだけど、居酒屋『鳥貴族』を貴族が集まるサロンと勘違いして面接を受けてしまい、そのままバイトして鶏肉を仕込んでいた人

ヴァイオリニスト

1975年9月17日生まれ、東京都目黒区出身の43歳
ジュリアード音楽院 卒

祖父はヴァイオリン指導者の鷲見三郎
3歳からヴァイオリンを始め、近年はミラノに居を構えイタリアを中心に音楽活動を行っている

24歳でイタリアに渡った彼女は現地の貴族たちと優雅にヴァイオリンを奏でる生活を送っていた時に家族の体調不良で一時日本に帰国
その際に自力で生きるための経験としてアルバイトを決心、求人を探していたところに飛び込んできた居酒屋「鳥貴族」を「貴族が集まるお店」と勘違いして面接を受け、そのまま仕込みのアルバイトに従事することとなった

このエピソードが2018年1月8日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

田中昌之(たなかまさゆき)

激レアエピソード
ミリオンヒットを生んだ自慢のハイトーンボイスを草野球中、サードベースの手前で失ってしまった人

ロックバンド「クリスタルキング」の元ボーカル

1951年6月30日生まれ、佐賀県伊万里市出身の67歳

1979年のデビュー曲「大都会」がミリオンヒットとなった

独特なハイトーンボイスが特徴だったが、1986年に草野球の試合で打球が喉を直撃。
この時のダメージで一時的に声を失うが回復、しかし以前のようなハイトーンボイスは完全に失われてしまった

その後、紆余曲折あってハスキーボイスを特徴としたアーティストとして再起している

このハイトーンボイスを失った草野球関連のエピソードが2018年1月15日の「激レアさんを連れてきた」で紹介された

川路智代(かわじともよ)

激レアエピソード
事情があって、3年間もドアが無い中身まる出しの家に住んでた人

漫画家

中学生の頃にギャンブル狂でDV癖の父親から逃避行、その逃げ込んだ先が風呂も台所も玄関すらない宴会場だった
虫や雨風も凌げない環境、次々と現れるオジサン軍団など厳しい生活環境の体験は2018年6月に「ほとんど路上生活」として漫画となった

このエピソードが2018年2月12日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

吹浦忠正(きうらただまさ)

激レアエピソード
東京オリンピックで、ただの大学生なのに国旗オタクだったがために、いきなり巨額の予算を託され96か国の公式国旗を作る仕事を任された人

旗章学者

1941年3月17日生まれ、秋田県秋田市出身の78歳
早稲田大学大学院 修了

国際赤十字バングラデシュ・ベトナム各駐在代表、日本赤十字中央女子短期大学助教授、埼玉県立大学教授、ユーラシア21研究所理事長、拓殖大学客員教授、難民を助ける会特別顧問、世界の国旗普及協会理事、日本国際フォーラム評議員などを歴任

第18回夏季オリンピック東京大会では組織委員会国旗担当の職員を務めていたが、その裏にあったエピソードが2018年2月26日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

スパイシーマック

激レアエピソード
医師として順風満帆な生活を送っていたが、突如、渡米しド素人からハリウッド映画監督になった人

1974年10月5日生まれ、福岡県出身

開業医の父親を持ち、自身も医学部を経て医者となったが2003年に渡米
アメリカで映画製作を開始、「Spicy Mac Project」が2009年度メキシコ国際映画祭パルムドール賞を受賞した

日本では「史上最高のパンツ一丁男」として2011年にDVD化されている

この一連のエピソードが2018年5月14日の「激レアさんを連れてきた」で紹介された

古賀義章(こが よしあき)

激レアエピソード
「インド」と「巨人の星」が好きすぎて執念で「インド版・巨人の星」を作り、ヒットさせちゃった人

日本とインドの合作アニメ「スーラジ ザ・ライジングスター」チーフプロデューサー

1964年8月26日生まれ、佐賀県出身の54歳
明治大学卒

1989年に講談社へ入社、2010年に国際事業局に異動
日本の作品「巨人の星」のリメイクアニメでインド版「スーラジ ザ・ライジングスター」の企画を実現させた

この一連のプロジェクトが2018年7月16日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

矢澤亜希子(やざわ あきこ)

激レアエピソード
余命一年と宣告されたけど、あることを極めるため単身アメリカのストリートで武者修行を行い、3億人の頂点に立った人

1980年11月19日生まれ、38歳
プロバックギャモンプレイヤー

大学時代に出会った「バックギャモン」というボードゲームのような競技で世界チャンピオンとなった女性

ガンにより余命1年を宣告されるほど重い症状だったにも関わらず、抗がん剤治療を続けなが競技を継続。
治療が終了した後にはアメリカへ武者修行を行い2014年8月に日本人女性として初の世界チャンピオンとなった

2018年8月には女性初の2度目の世界チャンピオンに輝いている

ガンから回復して5年が経過しており予後も快調と2018年7月23日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

塚本康浩(つかもと やすひろ)

激レアエピソード
人間界に背を向けてあらゆる鳥たちに人生を捧げた結果、ダチョウについて、200億円を生み出す世界初の大発見をした人

1968年生まれの獣医師、京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授
大阪府立大学農学部獣医学科 卒

1999年にダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」のダチョウ主治医に就任
ダチョウの研究を開始

ダチョウの卵から抽出した抗体でインフルエンザ予防マスクを始め様々な研究開発を行っている

彼の功績が2018年10月8日放送「激レアさんを連れてきた」で紹介された

鈴木弘子(すずき ひろこ)

激レアエピソード
身体能力が凄すぎるあまり、もうアスリートを引退したいのに54歳になってもやめさせてもらえない江戸っ子

1964年9月28日生まれ、東京都台東区浅草出身の54歳
身長173cm
共立女子短期大学卒

日本の女子社会人アメフトチーム「レディコング」を経て2000年に渡米
日本人女性初のプロアメフト選手となった

その後は「アリゾナカリエンテ」を始め様々なチームでプレー
2012年は「サンディエゴ・サージ」に在籍し全米制覇

2015年からは「パシフィックウォリアーズ」に選手兼コーチとして在籍
翌2016年にはオーナーに就任した

50歳を過ぎても現役のアメフト選手という経歴が2018年12月3日の「激レアさんを連れてきた」で紹介された

その他の激レアさんピックアップ

国内外のあらゆるサッカーチームの入団テストに落ちまくっているけど、どうしても日本代表入りを諦めない人丸山龍也
ムチャクチャな発言や分かりにくいボケまでだいたい訳しちゃう通訳者橋本美穂
口笛を極めすぎて、世界チャンピオンにまで登りつめちゃった人儀間太久実
めちゃくちゃ行き当たりばったりで、そばも1回しか食べたことがなかったのに超人気そばチェーン店を作った「富士そば」の創業者丹道夫
あらゆる困難を、全てとんちで解決して誰もが知るあの「ニトリ」の創業者になった人似鳥昭雄
一世を風靡した昭和のスター“美人登山家・今井通子”と一般人として前代未聞の駆け落ちをして、壮大すぎる結婚式を挙げた夫婦高橋和之
アメリカの高校に留学したら、生徒がガチのマフィアやギャングばかりでとんでもない抗争に巻き込まれちゃった人加藤ジェームズ
ハートの強さだけを武器に好きな女の子を海外まで追いかけていたら、偶然が転がって上海と台北で超有名な芸人になった人ねんど大介
ただ流されるままに生きた結果、ホームレスにまで流されてしまったが最終的に男だらけのバーテン界で世界一になったギャル富田晶子

全ての激レアさんを見る

バックナンバー|激レアさんを連れてきた。|テレビ朝日

放送局

テレビ朝日系列全国ネット

放送期間

アップデート大学

2016年10月9日 ~ 2017年9月28日

激レアさんを連れてきた。

2017年10月2日 ~

放送時間

土曜日 22:10 ~ 23:10

公式サイト / SNS

公式サイト
激レアさんを連れてきた。|テレビ朝日
Twitter
@geki_rare

動画配信

テレ朝動画

激レアさんを連れてきた。 |テレ朝キャッチアップ|テレ朝動画|放送終了後に無料見逃し配信中!

Tver

激レアさんを連れてきた。の検索結果 | 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

オープニングテーマ

NANIMONO (feat. 米津玄師) -TeddyLoid remix- / 中田ヤスタカ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアナウンサーNews.comをフォローしよう!

2019/01/06 更新日

-テレビ番組
-, , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。