アナウンサーNewsこむ【アレ誰を即解決

日本テレビ「今だから話します!平成最後にアスリート初告白SP」出演者&アナウンサー一覧

「今だから話します!平成最後にアスリート初告白SP」は日本テレビで放送されるアスリートをテーマとしたバラエティ特番である。
2019年2月11日に4時間特番として放送。

明石家さんま&くりぃむしちゅー上田晋也&元NHK・有働由美子アナが司会を務める平成最後という特別な年に放送される振り返りスポーツ特番。
平成の30年間を振り返り数々のスポーツ名場面と、その裏にある秘話・感動エピソード・本音・こぼれ話などを紹介していくという内容である。

放送内容
  • 初共演!上田&有働が日本のスポーツ虎の穴へ
  • さんま&水卜アナ×新体操・フェアリージャパン
  • 三浦知良が今だから話す“W杯落選”の本音
  • 錦織圭&紀平梨花が明かす“快挙のウラ側”
  • テレビ初公開!箱根駅伝・青学の秘密部屋
  • 長野五輪金 ジャンプ・原田雅彦 妻との秘話
  • 上田×桐生祥秀&山縣亮太
  • さんまが忘れられないシドニー五輪ソフト代表
  • ハリル監督が電撃解任…W杯前の舞台裏

この記事では「今だから話します!平成最後にアスリート初告白SP」の司会&番組進行アナウンサーからタレントゲスト、アスリートゲストまで出演者の情報を中心にまとめている。

PR動画

主な出演者

スペシャルMC

明石家さんま(あかしやさんま)

本人vol.11

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人

1955年7月1日生まれ、奈良県奈良市出身の63歳
身長172cm、血液型はB型

いわゆるお笑い界の大御所で、タモリ・ビートたけしと並んで「お笑いBIG3」と称される人物

フジテレビ系列では現在も「ホンマでっか!?TV」「さんまのお笑い向上委員会」にレギュラー出演
その他「さんまのまんま」「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」など年1回、または不定期特番に多数出演している

スポーツ観戦を趣味としており、サッカー(特にヨーロッパ)ファンであることは広く知られている
また、時間があればメジャーリーグNFL、NBA、アイスホッケー、テニス、ゴルフなど幅広いジャンルのスポーツ中継を観戦しているという

MC

上田晋也(うえだしんや)

くりぃむしちゅー語入門 (新潮文庫)

ナチュラルエイト所属のお笑いコンビ「「くりぃむしちゅー」のツッコミ担当

1970年5月7日生まれ、熊本県熊本市出身の48歳、身長172cm
早稲田大学教育学部 中退

日本テレビ「おしゃれイズム」やTBS「サタデージャーナル」、テレビ朝日「ミラクル9」など様々な番組で司会を務めており、現在では司会者のイメージの方が強い

スポーツニュース番組「Going!Sports&News」のメインキャスターを務めており、またその姉妹番組である「上田晋也の日本メダル話」といった冠スポーツ番組を持つことから日本テレビのスポーツ番組とは何かと縁がある

有働由美子(うどうゆみこ)

ウドウロク (新潮文庫)

ナチュラルエイト所属のフリーアナウンサー・ジャーナリストで、元NHK女子アナ

1969年(昭和44年)3月22日生まれ、大阪府出身の49歳
神戸女学院大学文学部総合文化学科 卒

「あさイチ」「紅白歌合戦」など人気の番組を歴任し、2018年3月にNHKを退職

フリー転身後は日本テレビ「news zero」でメインキャスターを務めるなど、日本テレビ系列の番組に出演が目立つ

進行アナウンサー

水卜麻美(みうらあさみ)

日本テレビアナウンサー・水卜麻美
出典:http://www.ntv.co.jp/

日本テレビの女子アナ
2010年入社

1987年4月10日生まれ、千葉県市川市出身の31歳
身長158cm、血液型はAB型
慶應義塾大学文学部英米文学専攻 卒

人気No.1の女子アナで情報番組やバラエティ番組を中心に担当

スポーツ中継とはあまり縁がないが、スポーツをテーマとしたバラエティ番組では進行を務めることもある
また彼女自身は東京マラソン2012に出場し5時間24分14秒で完走した経験を持つ

ゲスト

小島瑠璃子(こじまるりこ)

小島瑠璃子 2019年 カレンダー 壁掛け B2 CL-202

ホリプロ所属のタレント

1993年12月23日生まれ、千葉県市原市出身の25歳
身長157cm、スリーサイズは81-57-85cm、血液型はO型

バラエティや情報番組を中心に出演
また、教養型のバラエティにもバラエティアイドル要員で多数出演している

かつてはTBSでスポーツニュース「S☆1」のキャスターを担当
ラグビーや野球、女子サッカー、マラソン、クロスカントリーなど各種スポーツでキャスターやスペシャルサポーター、ナビゲーターを務めるなどスポーツ関連の出演が多い

関根勤(せきねつとむ)

全肯定!  関根流・ポジティブ人生相談

浅井企画所属のコメディアン

1953年(昭和28年)8月21日生まれ、東京都港区出身の65歳
身長168cm、血液型はA型、日本大学法学部 卒
娘はタレント・関根麻里

芸能界でも屈指の格闘技ファンであり、かつては格闘技中継や情報番組でキャスターを務めていた

土屋太鳳(つちやたお)

土屋太鳳1stフォトブック「DOCUMENT」 (TOKYO NEWS MOOK)

ソニー・ミュージックアーティスツ所属の女優

1995年2月3日生まれ、東京都出身の24歳
日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻 卒
身長153cm、血液型はO型

高校時代は創作ダンス部に所属し、芸能活動の傍らで全国大会に出場した実績を持つ
2018年にはTBSドラマ「チア☆ダン」の主人公・藤谷わかば 役を演じた

2016年にTBSオールスター感謝祭の「赤坂5丁目ミニマラソン」で女子1位、総合8位となりゴール直後に立ち上がれないほどの全力疾走をしたことが話題となるなど体育会系の女優である

ハリセンボン


よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ

メンバーは

  • ツッコミ担当の近藤春菜(1983年2月23日生まれ、東京都狛江市出身の35歳)
  • ボケ担当の箕輪はるか(1980年1月1日生まれ、東京都府中市出身の39歳)

コンビでテレビ出演することも多く、TBS「モニタリング」、日本テレビ「志村どうぶつ園」「ヒルナンデス」「幸せ!ボンビーガール」、テレビ東京「にちようチャップリン」など多数の番組が挙げられる

「ハリセンボン」自体はスポーツと縁遠いが、番組ジャンルに関わらず盛り上げ役として出演することも多い

松嶋尚美(まつしまなほみ)

松嶋尚美のジュマ&ララdiary (美人開花シリーズ)

ステッカー所属のお笑いタレント
元・お笑いコンビ「オセロ」のボケ担当

1971年12月2日生まれ、大阪府東大阪市出身の47歳
身長158cm、血液型はA型
夫はロックバンド「MARSAS SOUND MACHINE」のボーカルであるヒサダトシヒロ、2008年に結婚

2013年に「オセロ」を解散し、現在はソロで活動する

やせ型でヘビースモーカー
すぽーつとの縁はないが、バラエティ番組にはパネラーとして出演することが多い

アスリートゲスト

荒川静香(あらかわしずか)

ワールド・フィギュアスケート 70

プロスケーター、元・女子フィギュアスケート選手
トリノオリンピック金メダリスト

1981年12月29日生まれ、東京都品川区出身の37歳
身長166cm

世界大会での主な戦績は、2003年青森のアジア冬季大会、2004年ドルトムントの世界フィギュアスケート選手権、2006年トリノの冬季オリンピックで金メダルをそれぞれ獲得している
「レイバック・イナバウアー」と呼ばれる上体を後方に反らす演技を得意とし、トリノオリンピックで金メダルを獲得してからは荒川静香と共に技の知名度も一気に広まった

2006年に競技を引退しプロに転向した

2013年12月に一般男性と結婚
2014年11月に長女、2018年5月には長男を出産している

有森裕子(ありもりゆうこ)

「我が道」有森裕子

元・女子マラソン選手

1966年12月17日生まれ、岡山県岡山市出身の52歳
日本体育大学体育学部体育学科 卒

1992年バルセロナ五輪で銀、1996年アトランタ五輪で銅を獲得したメダリスト

マラソン初レースは1990年の大阪国際女子マラソンで、2時間32分51秒を記録、6位入賞
翌年の大阪国際女子マラソンでは2時間28分1秒の2位で日本最高記録を樹立している

2006年の東京マラソンで競技から引退したが、以降もマラソンレースにはゲストランナーとして出演している

宇津木妙子(うつぎたえこ)

「我が道」宇津木妙子

元ソフトボール選手で元日本代表監督
世界野球ソフトボール連盟理事(~2021年)

1953年4月6日生まれ、埼玉県比企郡中山村出身の65歳
身長158cm

中学からソフトボールを始め、高校卒業後はユニチカ垂井に所属
ポジションは三塁手
現役引退後は日立高崎の監督として全日本総合選手権5回優勝、日本リーグ3回優勝を果たした

また日本代表監督となってからはシドニーオリンピックで銀メダル、アテネオリンピックで銅メダルを獲得した

高山樹里(たかやまじゅり)


女子ソフトボール選手、兼ボブスレー&スケルトン選手
豊田自動織機所属

1976年10月21日生まれ、神奈川県横須賀市出身の42歳
身長162cm

ソフトボールではアトランタ、シドニー、アテネの各オリンピックにピッチャーとして出場した
現在は引退はしていないものの豊田自動織機のソフトボール部を退部、同社所属のままボブスレーやスケルトンといったウィンタースポーツ競技に注力している

田本博子(たもとひろこ)

元・女子ソフトボール選手で、現在は中学教諭

1974年1月3日生まれ、熊本県出身の45歳
明徳商業高校 卒
身長148cm

高校卒業後に日立製作所に入社しソフトボール部に所属
シドニーオリンピックに出場し銀メダルに貢献した

2005年からコーチとして活動し北京オリンピックでも代表チームのコーチとして参加している
2008年に引退、2011年度から中学校で教師となった

岡崎朋美(おかざきともみ)

挑戦力。―人間「岡崎朋美」から何を学ぶのか

元スピードスケート選手
現役時代は名門である富士急行に在籍

1971年9月7日生まれ、北海道斜里郡清里町出身の47歳

長野オリンピック女子500mの銅メダリスト
トリノオリンピックでは日本選手団の主将を務めた

2014年に引退し、富士急行を退社
よしもとクリエイティブ・エージェンシーがマネジメントを行いタレント&アドバイザーとして活動している

プライベートでは2007年に結婚、2010年12月に長女を出産している

五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)

五郎丸歩カレンダー 激しく歩め ([実用品])

ヤマハ発動機ジュビロに所属するラグビー選手
ポジションはフルバック

1986年3月1日生まれ、福岡県福岡市出身の32歳
身長185cm
早稲田大学スポーツ科学部スポーツ文化学科 卒

幼少期からラグビーとサッカーを始め、U17日本代表や全国大学選手権優勝を経験

2005年から日本代表に選出、2008年からヤマハ発動機ジュビロで活躍
「ラグビーワールドカップ2015」における活躍で一躍知名度がアップしたラグビーブームの中心人物と言える

2016年にはヤマハ発動機所属のままオーストラリアのスーパーラグビーチーム「レッズ」に加入
その後、ヤマハ発動機を退社しRCトゥーロンに所属

2017年7月からヤマハ発動機とプロ契約し日本に復帰している

畠山健介(はたけやまけんすけ)


サントリーサンゴリアス所属のラグビー選手

1985年8月2日生まれ、宮城県気仙沼市出身の33歳
身長178cm
仙台育英高校 ⇒ 早稲田大学スポーツ科学部 卒

高校時代には3年連続で花園に出場、大学では全国大学選手権に優勝
U-19、U-23日本代表に選出されている

2011年からラグビーワールドカップの日本代表選手として出場
ブームを巻き起こした「ラグビーワールドカップ2015」でも選手として活躍した

佐々木則夫(ささきのりお)

なでしこ力 次へ

元サッカー選手、元サッカー日本女子代表監督

1958年5月24日生まれ、山形県尾花沢市出身の60歳
身長175cm

帝京高校から明治大学に進学し、卒業後は日本電信電話公社に入社
「大宮アルディージャ」の前身となるNTT関東サッカー部でプレー

33歳で現役を引退後は指導者として主に女子サッカーチームの監督を務めた
2011年FIFA女子W杯ドイツ大会の優勝監督であり、2011年度FIFA女子年間最優秀監督賞を受賞した人物である

2016年にリオデジャネイロオリンピックの出場権を逃したことで代表監督を退任
以降は十文字学園女子大学副学長、大宮アルディージャのトータルアドバイザーを務め2018年には日本サッカー協会理事に就任した

谷亮子(たにりょうこ)

谷亮子物語―夢かけるトップアスリート (スポーツノンフィクション)

柔道オリンピック金メダリストで元・参議院議員

1975年9月6日生まれ、福岡県出身の43歳
帝京大学文学部 卒、日本体育大学大学院 修了

1992年バルセロナ&1996年アトランタでは銀メダル、2000年シドニー&2004年アテネでは金メダル、2008年の北京では銅メダルを獲得
世界柔道選手権では1993年~2007年までに7度の金メダルを獲得している

2010年第22回参議院議員通常選挙に民主党から立候補したことで、柔道選手として事実上の現役引退となった

2016年、第24回参議院議員通常選挙には出馬せず政界からも身を引いて再び柔道家として活動
2018年1月には飛び昇段で6段となった

原晋(はらすすむ)

フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

青山学院大学陸上競技部の監督、コメンテーター、テレビタレント

1967年3月8日生まれ、広島県三原市糸崎町出身の51歳
中京大学 卒

第91回箱根駅伝で青山学院大学の史上初の往復路・総合優勝を果たした人物
現在も青学の監督を務める傍ら、TBS「ひるおび」、日本テレビ「シューイチ」「バンキシャ」、読売テレビ「ミヤネ屋」などワイドショー・情報番組へのコメンテーターとしても活躍

妻の原美穂は青学大町田寮の寮母である

原田雅彦(はらだまさひこ)

「我が道」原田雅彦

スキージャンプ指導者、雪印メグミルクスキー部監督
長野五輪スキージャンプ男子団体金メダリスト

1968年5月9日生まれ、北海道上川町出身の50歳
身長174cm、血液型はA型
東海大学付属第四高等学校 卒 ⇒ 雪印乳業入社(1987年)

1990年代~2006年3月の引退までに5度の冬季オリンピック出場を果たし、金銀銅それぞれメダルを獲得
ノルディックスキー世界選手権と合わせれば合計9個のメダルを獲得している

2015年10月から全日本スキー連盟理事に就任した

松田丈志(まつだたけし)

自分超え―弱さを強さに変える

元・競泳選手でオリンピック日本代表

1984年6月23日生まれ、宮崎県延岡市出身の34歳
身長184cm

2012年ロンドンオリンピックの400mメドレーリレーの銀メダルと2016年リオデジャネイロでは男子800mフリーリレーの銅メダルに貢献
2008年北京と2012ロンドンの男子200mバタフライでは銅メダルを獲得している

『(北島康介さんを)手ぶらで帰らせるわけにはいかないと思いました』という名言を誕生させた張本人

2016年9月に現役を引退した

松本薫(まつもとかおり)

夢をつなぐ

元・女子柔道選手
ベネシード所属

1987年9月11日生まれ、石川県金沢市出身の31歳
身長163cm

柔道スタイルや闘争心むき出しの表情からマスコミからは「野獣」というニックネームで呼ばれていた

2012年ロンドンオリンピック、2010年と2015年の世界選手権の金メダリスト

2016年11月に8年交際した料理人の恋人と結婚
2017年に7月に女児を出産した

2019年2月に現役を引退
「優先順位の一番が柔道より子どもになった」「闘争心もなくなってきて、競技者としては終わったと気付いた」ことを引退の理由として挙げている

引退後はベネシード社が東京富士大学の1Fにオープンするアイスクリーム店のスタッフとして勤務することも発表された

山中慎介(やまなかしんや)

ボクシングマガジン 2018年 04 月号 [雑誌]

元・プロボクサーで、元WBC世界バンタム級王
帝拳ボクシングジム所属

1982年10月11日生まれ、滋賀県湖南市出身の36歳
身長170cm、血液型はB型

2006年にプロデビュー

2011年にクリスチャン・エスキベルとWBC世界バンタム級王座決定戦を戦い王座獲得に成功
以降、12回の防衛に成功し2017年8月のルイス・ネリー戦で敗北、王座を奪還された

翌2018年3月にWBC世界バンタム級タイトルマッチでルイス・ネリーにリベンジするも2R TKOで敗北
これをもって現役を引退

プロでの成績は31戦27勝2敗2分19KOとなった

VTRゲスト

アスリート

タレント

蛭子能収(えびすよしかず)
笑われる勇気

漫画家・タレント
ファザーズコーポレーション所属

1947年10月21日生まれ、熊本県牛深市出身の71歳

テレビ東京「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」などでお馴染み

福島善成(ふくしまよしなり)
哀愁 - ガリットチュウ福島のモノマネ人生劇場 - (ヨシモトブックス)

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ「ガリットチュウ」のボケ担当

1977年10月6日生まれ、熊本県天草市出身の41歳
身長180cm、血液型はAB型
フライパンやパイナップルなどを潰せるほどの腕力の持ち主

様々な芸能人のモノマネで徐々に知名度を上げていった

みやぞん
みやぞん 日めくり with あらぽん ― まいにち、感謝してますぅ~ ― (ニューメディア)

浅井企画に所属するお笑いコンビ「ANZEN漫才」のボケ担当

1985年4月25日生まれ、東京都足立区出身の33歳
本名「宮園大耕(みやぞのだいごう)」

天然キャラで会話が噛み合わない、空気が読めない面白さ、そして天才的な身体能力で数々の高難易度チャレンジをクリアしたことから「世界の果てまでイッテQ」で大ブレークを果たした芸人である

制作局

日本テレビ

放送日時

2019年2月11日(月) 19:00~22:54

公式サイト / SNS

公式サイト
今だから話します~平成最後にアスリート初告白SP!~|日本テレビ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアナウンサーNews.comをフォローしよう!

2019/02/10 更新日

-テレビ番組
-, , , , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。