アナウンサーNewsこむ【アレ誰を即解決

テレビ朝日「朝まで生テレビ!」司会者&アナウンサー&出演パネリスト一覧

「朝まで生テレビ」はテレビ朝日系列で毎月1回、最終金曜日の深夜から明け方にかけて行われる生放送の討論番組である。

第1回は1987年4月、「激論! 中曽根政治の功罪」をテーマにジャーナリストや政治家、作家など著名人をパネラーとして迎え放送された。
以降、現在まで月1回放送が行われており、出演パネリストは1000人を超えたと言われている。

番組は1度の放送に3つほどの討論テーマを設定して進行。
激論は繰り広げらえるが、基本的に制限時間が来ると強引にテーマが切り替わるため、必ずしも討論が深まるとは限らず、視聴する側も消化不良気味になることが多い。

この記事では「朝まで生テレビ」の番組司会者や進行担当アナウンサー、そして討論テーマに沿って激論を繰り広げる最新のパネリスト(ゲスト)情報をまとめたものである。

レギュラー出演者

司会

田原総一朗(たはらそういちろう)

日本を揺るがせた怪物たち

ジャーナリスト

1934年4月15日生まれ、滋賀県彦根市出身の84歳
早稲田大学第一文学部史学科 卒

元・東京12チャンネル(現在のテレビ東京)のテレビディレクターで、当時は過激なドキュメンタリー撮影を行っていたことが知られている
(現在では絶対に放送できないレベル)

既に高齢だが現役のフリージャーナリストとしてテレビ朝日「朝まで生テレビ」やBS朝日「激論!クロスファイア」といった討論型の報道番組の司会を務めている

番組進行

渡辺宜嗣(わたなべのりつぐ)

報道「フットワーク」主義―「ハイ、こちら現場の渡辺です」

元・テレビ朝日のアナウンサー
1954年12月19日生まれ、愛知県名古屋市西区出身の64歳
明治大学商学部 卒

2014年12月いっぱいで定年退職によりテレビ朝日を退社
ただし、それ以降もテレビ朝日専属キャスターとして「スーパーJチャンネル」などレギュラー出演していた番組は継続している

「朝まで生テレビ」1987年4月の初期から番組の司会進行を担当している

討論には参加せず、番組のオープニングと視聴者やSNSのメッセージ代読、エンディングなどに登場するが、稀に彼が田原総一朗やパネリストに質問・コメントすることもある

村上祐子(むらかみゆうこ)

テレビ朝日の元アナウンサー・村上祐子

テレビ朝日の政治部記者で、同局の元アナウンサー
2001年入社

1978年11月16日生まれ、福岡県福岡市出身の40歳
日本女子大学文学部 卒
血液型はA型
既婚、夫はテレビ朝日の元アナウンサーで現在は法務部所属の弁護士である西脇亨輔

2011年9月から「朝まで生テレビ」の番組進行を担当

2015年7月に報道局政治部に異動、アナウンサー職を離れたが「朝まで生テレビ」には引き続き出演を行っている

放送内容とゲストパネリスト

2018年12月31日放送「激論! 平成の総括と“新時代”」

放送時間

2018年12月31日 24:30~29:50(2019/1/1 0:30~5:50)

パネリスト

齋藤健自民党・衆議院議員、前農林水産大臣
長妻昭立憲民主党・衆議院議員、党政務調査会長
福島みずほ社民党・参議院議員、党副党首
猪瀬直樹作家、元東京都知事
落合陽一ピクシーダストテクノロジーズCEO、筑波大学学長補佐・准教授
金子勝立教大学大学院特任教授、慶応大学名誉教授
瀬口清之キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、元日銀北京事務所長
中林美恵子早稲田大学教授、元米連邦議会上院予算委員会補佐官
古市憲寿作家、社会学者
三浦瑠麗国際政治学者、東京大学政策ビジョン研究センター講師
藻谷浩介日本総研主席研究員、地域エコノミスト
森本敏拓殖大学総長、元防衛大臣

主な出演パネリスト一覧

猪瀬直樹(いのせなおき)

平成の重大事件 日本はどこで失敗したのか (朝日新書)

作家、元・東京都知事

1946年11月20日生まれ、長野県下水内郡飯山町出身の72歳
信州大学人文学部経済学科 卒 ⇒ 明治大学大学院政治経済学研究科政治学専攻博士前期課程
代表的な著書は「ミカドの肖像」

2007年から石原慎太郎の下で東京都の副知事を務めており、2012年から東京都知事に選ばれたものの「徳洲会からの資金提供問題」で1年ほどで辞任した

「朝まで生テレビ」には1987年の第9回放送に初出演
以降、不定期だが年2回ほどのペースで登場していたが、2016年11月4日放送を最後に姿を見せなくなっていた

落合陽一(おちあいよういち)

これからの世界をつくる仲間たちへ

メディアアーティスト
筑波大学学長補佐、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社代表取締役社長

1987年9月16日生まれ、東京都港区六本木出身の31歳
筑波大学情報学群情報メディア創成学類 卒 ⇒ 東京大学大学院学際情報学府博士課程 修了

国際ジャーナリスト&作家であるの落合信彦を父に持つ

インターネットを中心にメディア出演をするほか、フジテレビ「報道プライムサンデー」など地上波でもコメンテーターとして報道番組に出演することがある

「朝まで生テレビ」への出演回数は少なく2018年1月1日に初めて登場
年1回程度のペースで出演している

金子勝(かねこまさる)

資本主義の克服 「共有論」で社会を変える (集英社新書)

経済学者
慶應義塾大学経済学部名誉教授、立教大学大学院特任教授

1952年6月25日生まれ、東京都出身の66歳
東京大学経済学部 卒、東京大学大学院経済学研究科 中退

専門は制度経済学、財政学、地方財政論など

辛口なコメントをすることが多いマルクス経済学者としてTBS「サンデーモーニング」など報道番組にコメンテーターとして出演することが多い

「朝まで生テレビ」には2000年1月2日に初登場、定期的に出演
しかし2007年6月30日を最後に姿を見かけなくなっていた

齋藤健(さいとうけん)


政治家、自民党所属の衆議院議員
元・農林水産大臣

1959年6月14日生まれ、東京都新宿区出身の59歳
東京大学経済学部 卒

通商産業省、大臣秘書官、埼玉県副知事などを経て2009年第45回衆議院議員総選挙で比例代表制により初当選を果たす

2017年8月3日~2018年10月2日まで安倍内閣で農林水産大臣を務めた

瀬口清之(せぐちきよゆき)


キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹

1959年生まれ

1982年に東京大学経済学部を卒業し日本銀行に入行
在中国日本国大使館経済部書記官、米国ランド研究所International Visiting Fellow、北京事務所長を歴任し2009年3月に日銀を退職

2009年4月から現職
中国経済や日米中関係などを研究分野とする

「朝まで生テレビ」には2014年6月28日「激論! ド~する?! ド~なる?!日中関係」で初登場
以降、年1~2回ペースで出演している

長妻昭(ながつまあきら)


政治家、立憲民主党の衆議院議員

1960年6月14日生まれ、東京都練馬区出身の58歳
慶應義塾大学法学部法律学科 卒

大学卒業後はNECの営業、日経ビジネスの記者などを経て2000年第42回衆議院議員総選挙で民主党から出馬、初当選を果たした

2009年~2010年、民主党政権時代の鳩山内閣・菅内閣で厚生労働大臣を務めている

中林美恵子(なかばやしみえこ)

グローバル人材になれる女性のシンプルな習慣

アメリカ合衆国連邦議会の上院予算委員会補佐官だった女性

1960年9月24日生まれ、埼玉県深谷市出身の58歳
大阪大学大学院国際公共政策研究科 修了

現在は早稲田大学教授、テレビコメンテーターとしても活躍している

経歴的にアメリカ関連のニュースや討論テーマになるとコメンテーターやパネリストとして番組に出演する機会が増える人物である

「朝まで生テレビ」には現在のようなコメンテーター需要が起きる以前の1997年頃から不定期に出演していた

福島みずほ(ふくしまみずほ)

福島みずほの日本再生 生きにくいぞニッポン!!

政治家、社会民主党所属の参議院議員
第二東京弁護士会に登録された弁護士

1955年12月24日生まれ、宮崎県延岡市出身の63歳
東京大学法学部 卒

1998年、第18回参議院議員通常選挙に初出馬、初当選

2009年、連立を組んだ鳩山内閣では内閣府特命担当大臣として「消費者及び食品安全担当」「少子化対策担当」「男女共同参画担当」を歴任した

古市憲寿(ふるいちのりとし)

だから日本はズレている (新潮新書 566)

社会学者

1985年1月14日生まれ、東京都出身の34歳
慶應義塾大学環境情報学部 ⇒ 東京大学大学院で若者とコミュニティに関して研究

フジテレビ「ワイドナショー」「どくダネ!」、日本テレビ「バンキシャ」などにコメンテーターとして出演

空気を読まずに発言することが多く、彼のコメントはネットニュース経由で炎上することが多い

「朝まで生テレビ」には2015年11月7日放送を最後に出演が見られなくなっていたが2019年1月1日の新春放送で久々の登場となる

三浦瑠麗(みうらるり)

「トランプ時代」の新世界秩序(潮新書)

国際政治学者

1980年10月3日生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身の38歳
東京大学大学院法学政治学研究科博士課程 修了

テレビ朝日系「朝まで生テレビ」や各種ワイドショーにコメンテーターとして出演することが多い女性

2015年1月31日放送「激論! 「イスラム国」と日本外交」に初登場
2016年3月11日以降、全ての放送にパネリストとして出演しており、もはやレギュラーと化している

これは整ったルックスで男性視聴者人気の高い彼女を毎回起用することで一定の視聴率を確保するための施策とも考えられるが、一方で専門外のテーマでも積極的に発言することから近年ではインターネット上でコメントが叩かれることも多い

藻谷浩介(もたにこうすけ)

日本の大問題 現在をどう生きるか

日本総研主席研究員、地域エコノミスト

1964年6月18日生まれ、山口県周南市出身の54歳
東京大学法学部 卒

1988年に日本開発銀行へ入行
2000年頃から地域のまちづくりアドバイザーや委員会委員などを多数担うようになっている

マネー資本主義の対義語として「里山資本主義」という造語を生み出した人物としても知られる

森本敏(もりもとさとし)

オスプレイの謎。その真実

元・防衛大臣で拓殖大学第19代総長

1941年3月15日生まれ、東京都出身の78歳
防衛大学校本科 卒

航空自衛隊、外務省、野村総合研究所主席研究員、拓殖大学国際学部教授などを歴任
野田第2次改造内閣で防衛大臣として民間から入閣している

「朝まで生テレビ」には1997年4月26日「激論! ペルー事件の教訓とニッポン!」で初出演

近年は防衛大臣経験者ということで、軍事や外交、さらに政権と官僚がテーマの際にパネラーとして出演することが多い

公式サイト / SNS

公式サイト
朝まで生テレビ!|テレビ朝日
Twitter
@asamadetv
Twitterハッシュタグ
#朝生

放送日時

毎月最終金曜日の深夜1:25~4:25ごろ
及び、毎年大みそかの深夜(年明け早々)から未明にかけて特番放送を行う「あs

番組テーマ曲

オープニング・エンディング

Positive Force / Jeff Newmann And His Orchestar

パネリスト(ゲスト)登場シーン音楽

Droid / Hypnosis

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアナウンサーNews.comをフォローしよう!

2018/12/31

-テレビ番組
-, , , , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。