アナウンサーNewsこむ

下手・嫌い!?酷評される女子アナまとめ【フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京編】

女子アナの中には、『この人、下手すぎ』『技術がない』『ムカつく』『嫌い』と酷評を受ける方々も多数存在します。

テレビ局は入社1年目の10月あたりから積極的に若手女子アナを起用するため、視聴者にも目に見えた実力不足が露呈仕舞うケースも増えているようです。

もちろん、一概に実力不足から酷評されているだけではありません。

テレビ局勤務で高給取り、煌びやかな世界で生きる選ばれた人間という先入観から『とにかく女子アナが嫌い』というイメージ先行で叩いていることも多いのでしょう。

どちらにしろ、『もっと実力をつけてから担当しろ』という声が多いのは事実です。

今回はテレビ朝日、テレビ東京、そして何かと目立つフジテレビで酷評が見受けられる女子アナをピックアップしました。

テレビ朝日

お堅いイメージのテレビ朝日でしたが、女子アナの全面投入には力が入っています。

宇賀なつみアナなどは、入社当日に報道ステーションの天気に起用されたこともあり、1年目女子アナの起用法には賛否が起きていました。

弘中綾香

ミュージックステーションのアシスタント歴代でも噛みまくりで最もひどいと酷評されています。

上達が見られず、カンペ読んでいるだけのイメージが定着しているようです。

ただ居るだけ感が強く、努力していないとまで言われますが、実際に彼女の努力がどれほどなのかは当然わかりません。

ここまで叩かれると少々可哀そうな気もします。

竹内由恵

滑舌が悪い、ニュースが頭に入ってこない、声質が報道向きではないとスキル面での批判が強く見られます。

知名度もありテレビ朝日の看板、経験も積み始め割と重要な局面でも起用されるだけに、反感も多いようです。

宇賀なつみ

報道ステーションを経てテレビ朝日の顔となった宇賀なつみアナ。

喋るという能力に批判はないようですが、ニュース内容で表情が変わるため、特に暗いニュースでは顔が怖いという意見も。

もっと淡々とニュースを読んでほしいようです。

批判的な意見はあるものの、他の女子アナに比べると叩かれてる印象は少ないです。

テレビ東京

在京キー局では最弱のテレビ東京。

フジテレビの凋落はテレビ番組の在り方が問われる中、独自のコンテンツが評価されてジワジワと人気を獲得しています。

他局よりは女子アナの数も少な目ですが、近年はルックスが目立つアナウンサーも登場しています。

紺野あさ美

元モー娘。の紺野あさ美アナ。

声が聞き取りにくい、声が安定していないと辛辣な意見が見られます。

彼女の場合、元芸能人ということで最初から一定数の批判は存在していたり、週刊誌のゴシップになりやすいことから嫌われやすい存在であることは否めません。

それらの声を覆すには圧倒的なアナウンス技術を習得して周囲を黙らせるようなアナウンサーとしての活躍が必要になるかもしれません。

フジテレビ

フジテレビは局自体が叩かれる対象となっているため、自然と女子アナにも批判的な眼差しが集まりやすくなっています。

「下手だ」「嫌いだ」と多くの女子アナの名前が挙がります。

今回は在籍している女子アナのみをピックアップしていますが、元フジテレビ女子アナの名前も頻繁に見かけます。

三田友梨佳

フィギュアスケートのインタビューが芳しくなかったためか、とにかく下手な印象を持たれているようです。

また、日本語が下手というアナウンサーにはとても辛辣な批判も飛び出しています。

内田嶺衣奈

彼女の声が好きではないという意見もありますが、何より「訃報」を「けいほう」と読み違えてしまったのがインパクト大だった模様。

アナウンサーとしての能力に疑問を呈する意見が見られます。

戸部洋子

フジテレビ・戸部洋子アナ

戸部洋子アナの声・しゃべり方が聞き取りにくいという批判が多く見られます。

独特の鼻に掛かった声は、「風邪か?」と思わせることから、そもそもアナウンサーに向かないのではと手厳しい声が聞かれます。

三上真奈

彼女の声がダメ、という意見が見られます。

声を聞くと頭痛がするというレベルの批判は、発する方も聞く方も可哀そうなものです。

中村仁美

フジテレビ・中村仁美アナ

さまぁ~ず大竹を夫に持つ中村仁美アナ。

彼女もキンキンと鼻に掛かったような声質に批判が集まりやすいようです。

また、話し方が受け付けないという視聴者もおり、「~まぁす」「~でぇす」という語尾がダメなのだとか。

女子アナはどうあるべき?

特に若手の女子アナは批判の対象になりやすいものです。

アナウンサーという本来であれば一歩引いた存在が全面に出るという在り方に異を唱える意見は、視聴者のみならず同業者にも見られるものです。

当サイトでは、アナウンサーをコンテンツの中心にしていることからも分かる通り、現在のタレント化した女子アナの在り方は基本的に肯定しています。

ネットが普及した現在では、一般企業の社員ですら自社PRの動画や番組に出演することが求められることもあるのです。

アナウンサーにだけ、旧来の狭苦しい在り方を押し付けるべきではないでしょう。

ただし、アナウンサーとしてのスキルを最低限クリアしていることが必須。

今の放送局はネット普及の煽りで苦戦を強いられています。

女子アナ人気に依存して、スキルがままならない状態で全面に出すことは避けるべきでしょう。

それこそが、女子アナ批判の根底にある否定的感情のきっかけでは?

今回はテレビ朝日・フジテレビ・テレビ東京に関して取り上げましたが、日本テレビとTBSについては別の記事で取り上げます。

2016/11/26

-特集
-, , ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。