アナウンサーNewsこむ

『旧中山道⇒1日中山道』だけじゃない!女子アナ爆笑の読み間違い

アナウンサーと言えば「言葉のプロフェッショナル」と誰もがイメージしているはずです。

人間誰しも失敗することはありますが、それは女子アナも例外ではありません。

つい最近もフジテレビ・内田嶺衣奈アナの読み間違いがネットを賑わせていました。

『最近の女子アナは・・・』という年配者の愚痴が聞こえてきそうな間違いですが、実は最近の女子アナに限った話ではありませんでした。

過去を遡っても、比較的多くの女子アナが読み間違いを行っています。

最も有名な読み間違いが最初に取り上げる「旧中山道」でしょう。

「旧中山道」⇒『いちにちじゅうやまみち』

女子アナの読み間違いで最も有名なものです。

旧中山道(道路の名称)を、何を間違ったのか「1日中山道」と見間違い、そのまま『いちにちじゅうやまみち』と読んでしまったと言われています。

この読み間違いは長らく元フジテレビの有賀さつきアナが行ったものと認識されていましたが、実際には彼女の読み間違いではなかったことがわかりました。

具体的な人物名は不明ですが、N局女子アナ(NHKか日本テレビと推察される)の読み間違いだったそうです。

ではなぜ有賀さつきアナの間違いと勘違いされていたのでしょう?

有賀さつき「旧中山道」⇒『きゅうちゅうさんどう』

有賀さつきアナは、過去に出演した番組で「いちにちじゅうやまみち」の読み間違いを紹介した際、正しい読みを『きゅうちゅうさんどう』と発しました。

結局、有賀アナも読み間違いをしてしまったことが混同されて、長く伝説的な読み間違いとして定着していたようです。

以上、女子アナの読み間違いで最もメジャーなネタでした。

しかし、実はこれ以外にも女子アナの読み間違いは多数存在しています。

爆笑ネタや下ネタ、「女子アナとしてヤバいのでは?」というものまで様々です。

では、順にご紹介していきましょう。

漢字読み間違い系

『鍋奉行』⇒「なべぶぎょう / なべぼうこう」

HBC北海道放送の女子アナ・室谷香菜子アナが入社歴の浅い頃の読み間違いです。

当時担当していたラジオ番組「朝刊さくらい」の中で、鍋奉行(なべぶぎょう)を「なべぼうこう」と読み違えました。
読めなかった、というよりは「奉行」を「奉公」と見間違えたと言った方が正確なのかもしれません。

ちなみに室谷香菜子アナは、この数年後に『紅葉狩り』を「こうようがり」と読んでしまいました。

間違いに気づいたのはCMに入ってからだったようです。

『訃報』⇒「けいほう / とほう」

ニュース報道番組では、著名人が亡くなった場合に『訃報です』から入るのはよく耳にしているでしょう。

その為、アナウンサーでなくても多くの人が読める漢字なのですが、何故か女子アナにとっては鬼門になっているようです。

テレビ朝日の竹内由恵アナが「訃報」を『とほう』
フジテレビの内田嶺衣奈アナが「訃報」を『けいほう』

と、それぞれが担当した番組で読み違えています。

「席巻」「唐突」「拳銃」「脆弱」

どうやら女子アナにとって漢字2つの言葉は間違えるようです。

特に女子アナには帰国子女という経歴を持つ人材も多く、もしかしたら日常会話で使わないものが苦手・・・なのかもしれません。

NHK・青山祐子アナ「せきまき」

NHKアナウンサー・青山祐子

「席巻」は『せっけん』です。
中国の史書「戦国策」からの言葉のようで、領土を片っ端から攻め落とす・激しい勢いで自身の勢力範囲を広げるような意味を持っています。

「猛威を振るう」と言い換えると分かりやすいかもしれません。

NHKの青山祐子アナは、過去に「席巻」を『せきまき』と読み違えたそうです。

元TBS・雨宮塔子アナ「からとつ」

Amazon - パリ、この愛しい人たち

「唐突」は『とうとつ』と読みます。

突然・不意に、といった意味で用いられます。

現在はフリーアナウンサーとしてTBS「NEWS23」でキャスターを務める雨宮塔子アナが、かつて「唐突」を『からとつ』と読んでしまったと言われています。

元TBS・新井麻希アナ「きょじゅう」

『きょじゅう?』
一体なんのことかと思われるでしょう。

これは、元TBSアナウンサーで現在はフリーとして活動している新井麻希アナが「拳銃」を『きょじゅう』と読み違えたものです。

言わずもがな、正しい読みは『けんじゅう』です。

フジテレビ・秋元優里アナ「きじゃく」

「脆弱」は『ぜいじゃく』と読みますが、フジテレビの秋元優里アナが過去に『きじゃく』と読み違えたとか。

なんとなく『きじゃく』と読んでしまう気持ちは分からなくもありませんが。。。

「なぜ読めない!?」系

次にご紹介するのは、「何故そう読んだ?」「間違えにもほどがある!」といった読み間違いです。

元フジテレビ・中野美奈子「さとうさだ」

ひとつめは元フジテレビの中野美奈子アナ。

元フジテレビアナウンサー・中野美奈子

野球のニュースで使用される「左投左打」
これは通常『ひだりなげひだりうち』と読むのが一般的です。

これを彼女は『さとうさだ』と読んだのです。

もちろん「左投げ左打ち」と書けばこのような読み間違いはしなかったのでしょう。

しかし仮にも在京キー局に所属していたのですから、『ひだりなげひだりうち』だと気付いてほしかったというところでしょうか。

セントフォース・岡副麻希「きたきたにし」

この方は正確には局アナではなく、あくまで女子アナ系タレントなので読み間違えても仕方が無い・・・と言いたいところですが。

「北北西」を『きたきたにし』と読み間違えるのは社会人として流石にどうかと思っている人は多いでしょう。

「まごまさよし」って誰だ!?

さらに某女子アナはソフトバンクグループの社長「孫正義」を『まごまさよし』と読んだと言われています。

個人の特定はされていませんが、人名の間違いは流石に恥ずかしいですね。

「仕方ない?」系

以下は、地域に依存した読みが難しいものや単純な言い間違いのものです。

テレビ朝日・宇賀なつみ「おじかはんとう」

秋田県の西部にある「男鹿半島」

これは『おがはんとう』が正しい読みですが、テレ朝・宇賀なつみアナは『おじかはんとう』と間違えました。

地名などは特に独特の読み方が多いので厄介のようです。

TBS・高畑百合子「てんはにもつをあたえた」

「天は二物を与えず」

複数の突出した才能を持つ人に対して「天は彼に二物を与えたのでしょうか」といった使い方もされます。

「二物」は『にぶつ』であり「2個」を表すものです。

TBS高畑百合子アナは、何故か『にぶつ』ではなく『にもつ』と間違ってしまったようです。

だいぶ意味が異なってきます。

元NHK・神田愛花「綱と網」

「綱引き大会」を『あみひきたいかい』と誤読した神田愛花アナ。

これは『つなひきたいかい』です。

「綱」と「網」は漢字で表すとかなり似ているので、ある意味間違っても仕方がないと言えなくもありません。

最も、前後の文意で読めるはずなので、漁師選抜の網引き大会のニュースでもない限り間違えるのは稀だとは思いますが。

膳場貴子キャスターもちょっとした間違いを

Amazon - ニュースキャスター膳場貴子のスピリチュアル政治対話

TBSの夜の報道番組「NEWS23」に長年出演していた膳場貴子キャスター。

彼女ですら「終身制」を「終身刑」と読み間違えたことがあるようですね。

爆笑!下ネタ系

最後は放送に適さない下ネタ系の読み間違いです。

元フジテレビ・高島彩「だんこんのせだい」

「団塊の世代」とは1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)に生まれた人を指します。

ニュースでも世代を表す言葉として用いられますが、元フジテレビアナウンサーの高島彩アナは「団塊の世代」を『だんこんのせだい』と読み間違いました。

「だんこん」はもちろん男性器を指す言葉です。

ニュースでこれを読み違えたら現場が気まずそうですね。

フジ・佐々木恭子&元NHK久保純子、メジャー球団を「せ〇くす」と

日本人の野球選手がアメリカ・メジャーリーグで活躍するようになって久しいですが、情報番組やニュースで報じる機会も同時に増えました。

メジャーリーグには、「ボストン・レッドソックス」と「シカゴ・ホワイトソックス」という球団が存在します。

フジテレビ・佐々木恭子アナウンサー

Amazon - 人前で話すのが苦手な人が少しだけ楽に話せるようになる32のヒント

これらの球団名を読み上げる際に、フジテレビの佐々木恭子アナは「ボストンレッドソックス」を『ぼすとんれっどせっくす』
元NHKの久保純子アナは「シカゴホワイトソックス」を『しかごほわいとせっくす』とそれぞれ読み間違いました。

英語なら性別のことですが、日本語では性交の意味を持つ単語。

お茶の間が凍り付くこと必至と言えます。

元日テレ・永井美奈子&フジ梅津弥英子の、「せいかんたいいしょく」

元日本テレビアナウンサー・永井美奈子

最後は元日本テレビの永井美奈子アナとフジテレビ・梅津弥英子アナ。

「生体肝移植」という肝臓の移植手術を、こともあろうに『せいかんたいいしょく』と読みました。

漢字にすれば「性感帯移植」です。

最早何のことやらわかりませんね。

番外編「混乱系」

フジテレビ・斉藤舞子「憤怒」に混乱

2014年11月19日放送の「FNNスピーク」

キャスターを務めるフジテレビ・斉藤舞子アナが「憤怒」の読みで3秒間ほど沈黙する事態がおきました。

これは読み間違いを起こしたわけではありません。

放送では高倉健主演「君よ憤怒の河を渉れ」という映画を紹介した際の「憤怒」の読みが厄介だったことが原因で、おそらく斎藤アナの脳内は混乱したはずです。

というのも、一般的に「ふんぬ」と読むこの漢字ですが、映画の場合は「ふんど」が正しいそうです。
これだけならまだしも、原作の小説では「ふんぬ」と読むのが正しいため、人によっては混乱することも十分にあり得ます。

憤怒ふんぬ
君よ憤怒の河を渉れ(映画)きみよふんどのかわをわたれ
君よ憤怒の河を渉れ(原作)きみよふんぬのかわをわたれ

これは少々斉藤舞子アナが可哀そうでしたね。

以上、プロであるはずの女子アナの激しい読み間違い事例でした。

2017/11/02

-特集
-, ,

【おススメ!人気コンテンツ】
※[広告]の印があるものはスポンサードリンクです。